起業アイデアがない人でも成功するアイデアを思いつく2つの方法とは?

起業アイデアに困ったら?

(※この記事は2017年10月17日に更新されました) 

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

「いつか起業したいんだけど、アイデアが思い浮かばない・・・」

今回は、そんなお悩みを解決します!

ほとんどの起業初心者は、これからお話しする方法を知りません。

そのため、イマイチなアイデアで起業して、イバラの道を歩むことになってしまいます。

あなたがこの記事さえ読めば、そういう苦労を回避できます!

「起業はアイデア勝負!」は嘘。本当は・・・!?

たぶんこの記事を読んでいる人の9割以上は、こう思っているに違いない。

「起業はアイデア勝負!良いアイデアさえあれば勝てる!」

・・・でもね、違うのだよ。

起業初心者にアイデアなどいらない!

なぜなら、下手なアイデアをもとに起業しても99.9%が失敗するからだ!

ここで、僕自身の失敗談をお話ししよう。

僕は2年前に映像制作で起業したときに、「終活ビデオ」という斬新なアイデアを思いついた。

「終活」とは、シニア層が生前にお墓や遺言の準備をする活動のこと。ちょうどその頃、「終活」がテレビで流行っていたので、自分もそれに乗っかれば、ある程度集客できる気がしたのだ。

・・・だが、結果は散々だった。

「終活ビデオ」をいくら宣伝してもお客さんは集まらなかった。そのため、起業してから数ヶ月間はずっと赤字。僕は生まれたばかりの子供を抱えて途方にくれた。妻はヒステリーを起こして、「生活保護を受けようか?」と言い出す始末。

その後、僕はある成功した起業家に出会ったことがきっかけで、事業を立て直すことができた。さきほどの「起業初心者にアイデアなどいらない!」という言葉は、その起業家が言っていたことだ。

じゃあ、起業初心者はどうやってアイデアを見つければいいのだろうか?

その起業家によると、成功する起業アイデアを思いつく方法とは、次の2つである。

成功する起業アイデアを思いつく2つの方法

①:成功した起業家を模倣しろ!
②:過去の自分を客にしろ!

 

①:成功した起業家を模倣しろ!

釣り人

ひとつ目の方法は、成功した起業家のアイデアを徹底的にマネすることだ。

これを愚直に実行するだけで、あなたは起業の成功率を劇的に上げることができる。

あるアイデアで誰かが成功したということは、そこに市場があるということだ。市場がある場所に行けば、初心者でも比較的楽にビジネスで成功することができるのだ。

たとえば、釣りを想像してもらえばわかりやすい。

たくさん魚を釣る人は、釣りのスキルを持っているということもあるが、そもそも「魚がたくさんいる場所」に釣り糸を垂らしているのだ。

だから、あなたも同じ場所に釣り糸を垂らせば、魚を釣れる可能性はかなり高まるはずである。

一方、起業初心者というのは、「魚が釣れる場所を知らない人たち」のことを指す。

彼らは魚が釣れる場所を知らないので、見当違いの場所に釣り糸を垂らしてしまう。その結果、一匹も魚を釣ることができず、涙を飲むことになるのだ。

僕が失敗した「終活ビデオ」というビジネスモデルはまさにその典型だった。

僕はまったく魚がいない場所に釣り糸を垂らしてしまったのだ!

その結果、小魚すら釣ることができず、とても悔しい思いをしたのだった。

 

②:過去の自分を客にしろ!

過去の自分

ふたつ目の方法は、多くの人が見落としがちな視点だ。

それは、「過去の自分を客にする」ということである。

あなたは今までに非常に困った経験や、長い時間をかけて問題解決した経験はないだろうか?

そういう「過去の困った自分」を相手に商売を始めれば、成功する可能性は高い。

たとえば、ダイエットでも恋愛でも受験でもなんでもいい。あなたにもきっとそういう経験があるはずだ。

つまり、誰でも成功する起業アイデアを持っているということなのだ。

ちなみに、このブログの想定読者は、「起業のやり方がわからなくて困った2年前の自分」である。自分が悩んだことをベースに記事を書いていけばいいので(=商品開発)、とても楽だ。

このように、過去の自分を客にすると、お客さんの気持ちが手に取るようにわかるので、新しくリサーチをする必要がないという利点もある。

 

ある製薬会社の事例(by大前研一)

会議

「過去の自分を客にしろ!」と言ったが、まだ半信半疑の人もいるかもしれない。

ここで、経営コンサルタントの大前研一の著書『「0から1」の発想術』の中から、ある製薬会社の事例をご紹介しよう。

一般的に、新薬の開発には、10年以上の歳月と莫大な費用がかかる。

一方で、既存の薬を組み合わせたり錠剤の形を変更するだけの場合は、開発費がかからない上に、厚生労働省の認可も下りやすい。

そこに大前研一は目を付けた。

まず、大前氏は、製薬会社の社員全員に、1年間、自分の身体の異常、不満、不快感、現象を書き出すように依頼した。つまり、社員を「客」に見立てたのだ。これならリサーチ費用がかからない。

そのデータを集積してみると、意外なことがわかってきた。

実は、病名がつかないようなちょっとした不快感や不満が非常に多かったのである。頭痛や胃痛というカテゴリーに分類できない症状が大半だったのだ。

たとえば、「急に眠気に襲われる」「朝起きたら少しだけクラっときた」「便の通じが悪い」「お腹にガスがたまってオナラがたくさん出る(が、人前なので出せない)」など、病院に行くほどではないけれども不快感や不満が残る症状に対し、世の製薬会社は何の薬も用意できていなかった。

そうしたデータをもとに、この製薬会社は既存の薬を組み合わせて「一般用医薬品(大衆薬)」を発売した。その結果、開発費を大幅に削減しつつ、多くの利益を得ることができたそうだ。

このように、ビジネスチャンスはあなたが気付かないだけで、意外と目の前に転がっているものなのである。

 

まとめ

以上が、成功確率の高い起業アイデアの思いつき方である。

ひとつは、成功した起業家のアイデアを模倣するというやり方。もうひとつは、過去の自分を客にするというやり方だ。起業初心者は、まずはこのどちらかの方法を選べばいいだろう。

ただし、いくらアイデアがよくても、結局は「販売能力の有無」が起業の成功を左右する。

多くの起業家が失敗する最大の原因は、自分の商品を売る方法を知らないということだ。

このブログでは、販売能力の高め方についてあの手この手を使って解説しているので、ぜひ他の記事も読んでみてほしい。

起業初心者必見!失敗せず最短距離で起業成功するには?

2017.06.05
無料教材
起業アイデアに困ったら?

2 件のコメント

  • 成功した起業家のビジネスを「真似する」というのは、とても意外な視点でした。

    私のような初心者が、ビジネスで成功しようと考えた場合、誰もやっていない、ライバルがいない、自分にしか思い付かないアイデアが必要、と考えてしまいます。

    しかし、それではかなり成功への確率が低くなってしまう、ということなんですね。

    私の場合、ブログアフィリエイトで成功したいと思っています。
    今までは、他人のサイトを見てしまうと、どうしても真似してしまうので、あまり見過ぎないようにしよう、という意識がありました。

    しかし、じつは逆だったんですね。。

    これからは、グーグルで上位表示されている、明らかに稼いでいるいるサイトをよく見て、そのノウハウをどんどん自分のものにするつもりで、研究してみようと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTブログ運営者

    映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。