自己啓発で「稼ぐ人」「稼げない人」の違いとは?

自己啓発≠金
ずーみー
こんにちは、ずーみーです。今回のテーマは「自己啓発ばかりやってもお金を稼げない理由とは?」です。これを読めば、自己啓発の真の目的がわかり、年収をアップさせる具体的な道筋が見えるでしょう。

自己啓発で「稼ぐ人」「稼げない人」の違い

2年前に起業してから、自己啓発書を読むことが多くなった。例えば、7つの習慣、ジェームス・スキナー、アンソニー・ロビンズ、斎藤一人、神田昌典などだ。これらの書物が僕に与えた影響は計り知れない。

自己啓発は僕の脳みそから迷いを消し去り、行動を加速させてくれた。そのおかげで、僕は起業して半年後に目標だった月収50万を達成し、さらにその半年後に販売をシステム化して、自由な時間を手に入れることができた。今は、その自由な時間を生かして、さらに複数の収入源を構築している。

だが、一方で、真面目に自己啓発をやっているにも関わらず、【まったく稼げない】という人がたくさんいるのも事実である。中には、高額な自己啓発セミナーに何百万円も投資した挙句、「騙された」「詐欺だ」と悲嘆にくれる人もいる。

では、なぜ同じ自己啓発を学んでも、このような違いが生まれるのだろうか?

その答えは、自己啓発に対する「認識の違い」にある。すなわち、稼げない人たちは自己啓発の扱い方を根本的に間違っているのだ。

 

そもそも自己啓発とは?

そもそも自己啓発とは、お金を稼ぐための知識ではない。

自己啓発とは、の目を啓き(インプットできるようにし)、口から言葉を発する(アウトプットできるようにする)ための体系である。何らかの知識を得て、使えるようにすることこそが、自己啓発の目的なのだ。メタ知識と言い換えてもいいかもしれない。稼ぐための本質的な部分は別に存在するのだから、自己啓発だけ学んでもお金持ちになれないのは当然である。

もっとわかりやすく言おう。自己啓発とは、「知識と行動を支えるもの」という風に理解するとわかりやすい。例えば、あなたはこんな絵を見たことはないだろうか?

これはインドで古くから言い伝えられている世界観である。ヘビの上にカメが乗り、カメの上のゾウが世界を支えている。自己啓発とは、このヘビのような存在である。全ての土台になるのがヘビ=自己啓発なのだ。そして、稼ぐための知識や行動が、カメやゾウにあたる。

自己啓発ばかりやって稼げていない人は、頭の中にヘビしかいない状態なのだ。稼ぐためには、カメやゾウが必要だ。一刻も早く、ヘビオンリーの状態を抜け出さなくてはならない。

 

稼ぐための方程式とは?

では、今度はカメとゾウの話をしよう。

あなたが実際にお金を得るためには、ふたつのことが必要だ。すなわち、「稼ぐための知識」(カメ)と「稼ぐための行動」(ゾウ)の両方が必要である。

それを方程式になおすと、このようになる。

【稼ぐための方程式】

稼ぐ知識 × 稼ぐ行動 = お金

お金を得るためには、稼ぐ知識(マーケティングやビジネスモデルの理論と実例)を身につけ、実際に稼ぐ行動(集客、販売、提供)を起こさなければならない。

じゃあ、自己啓発には何の意味があるのかというと、知識の習得や行動を加速させるものが自己啓発なのである。ブースターのようなものだと考えてもらえばいい。

先ほどの方程式に付け足すとこうなる。

【稼ぐための方程式(自己啓発あり)】

稼ぐ知識 × 稼ぐ行動 × 自己啓発 = お金

この方程式の特徴は、全てが掛け算になっているということだ。つまり、自己啓発を使いこなすことができれば、収入を何倍にも増やせるということなのだ。

次のふたつの式を比べてみてほしい。

(例1:自己啓発なしの人)
稼ぐ知識 × 稼ぐ行動 = お金
10×10=100

 

(例2:自己啓発を使いこなす人)
稼ぐ知識 × 稼ぐ行動 × 自己啓発 = お金
10×10×10=1000

※自己啓発によりお金が10倍にブーストしている。

だが、注意すべきこともある。例えば、次のように稼ぐ知識や行動が0になってしまうと、たとえ自己啓発が100でも、お金は0になってしまう。

(例3:自己啓発を頑張っても稼げない人)

稼ぐ知識 × 稼ぐ行動 × 自己啓発 = お金
0×0×100=0

※知識と行動が0なので、いくら自己啓発を頑張ってもお金は0。知識と行動を1にすることができれば、1×1×100=100にすることができる。

自己啓発を頑張っても稼げない人は、自己啓発の知識はもう十分あるのだから、「稼ぐ知識」と「稼ぐ行動」にフォーカスすればいい。そうすれば、大きな結果を生むことができるだろう。

 

「稼ぐ知識」と「稼ぐ行動」はどちらが重要か?

さらにもう一つ。

「稼ぐ知識」と「稼ぐ行動」に優先順位をつけるとしたら、まずは「稼ぐ知識」に集中するほうがいい。なぜなら、知識がないまま行動を始めてしまうと、間違ったことをしてマイナスの結果を生む可能性があるからだ。

これに関して、僕には苦い経験がある。

2年前、僕は知識0で起業してしまったのだ。そのため、最初の数カ月を棒に振ってしまった。何をやってもうまくいかなかった。生まれたばかりの子供がいたのに、ほぼ無収入だった。「なぜ先に起業の勉強をしなかったんだろう」と稼げるようになってから大変後悔したものだ。

当時の僕をドラクエに例えるなら、攻略本を持たず、何の装備もない裸の勇者が、ひとりで中ボスダンジョンに突撃していくようなかんじだった。そんなへっぽこ勇者、瞬殺されて当たり前である。

こんな風にならないためにも、お金を得たいなら、まずは「稼ぐ知識」を身につけることが最優先事項なのだ。

知らないと大惨事!僕が起業初心者のころ失敗した3つの理由とは?

2017.08.10

 

まとめ

このように、自己啓発ばかりやってもお金を稼げない理由とは、自己啓発に対する認識が根本的に間違っているからである。自己啓発単体では決して稼げるようにはならない。稼ぐためには、「稼ぐ知識」と「稼ぐ行動」が必要だ。

そして、それらのうちどれかが0になってもいけない。稼げる金額は、知識・行動・自己啓発の掛け算だからである。

さらに、それらに優先順位をつけるなら、まずは「稼ぐ知識」にフォーカスするのが一番効率が良い。この記事を読んでいるのは、すでにある程度自己啓発を知っている人だろうと思う。そういう人は、迷わず「稼ぐ知識」にフォーカスしてほしい。そうすれば、間違いなく成功が加速するはずだ。

なお、具体的な「稼ぐ知識」を得る方法については、以下の記事で詳しく紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

起業初心者必見!失敗せず最短距離で起業成功するには?

2017.06.05
無料教材
自己啓発≠金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTブログ運営者

映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。