コピーライティングの練習に「写経」は意味あるの?

写経

コンサル生Kさんとの対話

ブログアフィリエイトで起業して脱サラしたいコンサル生のKさん「写経」の話になった。

「写経」とは、コピーライティングの上達法としてよく紹介されるノウハウのひとつである。

以下はKさんとの対話。

ずーみー
資産化できるアフィリサイトを複数構築したいとのことですが、そのためにはKさん自身に「コピーライティング」のスキルが必要になってきます。

現在は外注ライターさんに頼っているそうですが、それだとアドセンス止まりですね。あまり大きな収益は望めません。

コピーライティングを磨く一番の近道は、成果を出しているブログ・メルマガ・セールスレターを写経することです。

写経する文字数の目安は、書きたい量の「10倍」です。僕は年収1~4億円の起業家たちが書いた文章を50万字以上写経したことがあります。

Kさん
50万字とはすごいですね。。

写経という方法は知ってはいましたが、本当に効果があるものなのかわからなかったこともあり、避けてしまっておりました。効果があるなら、私も写経をやってみたいと思います。

確認ですが、写経は基本的には手書きでやるものなのでしょうか?

ずーみー
写経はパソコン上でやります。

ひとつの画面に「写経したい文章」と「ワード(などの文字入力アプリ)」を開いて、左右にならべます。あとは、黙々と文章を書き写していくだけです。

Kさんはタッチタイピング(ブラインドタッチ)は得意ですか?

写経をやるなら、最低でも200WPM(1分間に200回キーを叩けるということ)以上ないときついです。

一度、「イータイピング」でタイピング速度を測ってみてください。僕は最初240WPMくらいでしたが、50万字写経した今は340WPMくらいです。

もし200WPM以下なら、挫折を避けるために、まずはタイピング練習から始めるのがオススメです。

Kさん
写経はパソコン上でやるんですね。

いま、教えていただいたサイトでタイピング速度を測ってみたところ、308WPMでした。

写経もいずれは必ず実行します!

 

「写経は本当に意味あるの?」について

このように、写経を人に勧めるときによく質問されるのが、「それって本当に意味あるんですか?」ということである。

たしかに「写経」ってなんだか胡散臭い。笑

もともとは仏教用語だし、ちょっと迷信じみているし、やるだけ時間の無駄な気がするのも無理はない。

ここで、「写経を〇万字やると年収が〇万円アップします!」という科学的根拠にもとづいた主張ができれば良いのだが、残念ながら、そうしたデータはこの世に存在しない。

ただ、50万字写経してみて僕が思ったのは、「写経ってすごく日本人向きの練習法だな」ということである。

 

写経は日本人に向いている

柔道の形

柔道の「形」 出典:講道館

子供のころから柔道を習っていた僕にとって、写経という練習法は「形(かた)」の稽古に近い。

「形」とは、「取り」と「受け」を決めて、あらかじめ決められた「技」をかける練習法だ。このときに使用する「技」は、実戦ではあまり使われない危険な技であることが多い。

柔道の形稽古では、普段あまり使わない身体運用の仕方を練習する。コピーライティングの写経では、普段あまり使わない言語運用の仕方を練習する。そうした点で両者はとてもよく似ている。

また、僕が尊敬している日本人の修行時代について書かれた本を読んでみても、彼らが形稽古や写経に相当する練習法を実践していた例を見つけることが多い。

たとえば、漫画の神様である手塚治虫は、修行時代にディズニーアニメを何千枚も模写した。鉄腕アトムの髪の毛がどの方向を向いても重ならずに2本立って見えるのは、ミッキーマウスの耳からヒントを得たそうである。

毎年ノーベル文学賞の筆頭候補にあげられる村上春樹は、自分が作家として大成できた理由を聞かれて「翻訳」と答えた。翻訳は「英語→日本語」、写経は「日本語→日本語」という違いはあるが、「文を書き写す」という点において両者は非常によく似ている。そして、村上春樹ほどたくさんの翻訳本を出している小説家は、日本には他にいない。

思想家の内田樹もそうだ。彼は自分が思想家として大成できた理由について「合気道の稽古とレヴィナスの翻訳を何十年も毎日続けたから」と答えている。合気道とは、実戦に近い乱取り稽古よりも、形式的な形稽古が主流な武道である。また、内田樹がレヴィナスの翻訳について語った文章に、こんな箇所がある。

レヴィナスはほんとうに難解な哲学者ですから、正直にいって、何を言っているのかぼく程度の頭ではさっぱりわかりません。それでも1日に10行、20行と毎日訳していると、なにかの弾みで「この次には、否定疑問文のセンテンスがきて、こんな動詞がきて、最後はこういうかたちで着地するんじゃないかな・・・」ということがぼんやり予測できることがある。テキストの内容を理解していないにもかかわらず、どういうふうにその文章が終わるのかがわかる。(『死と身体』P123)

コピーライティングの上達もこれに近いものがある。

写経していると、だんだんコピーライターの文体が自分の筆に乗り移ってくる。何万字も書き写しているうちに、次はこんな疑問文がきて、こんな具体例を出して、最後はこういうかたちで着地するんだろうな、というのが予測できるようになる。

そうなればこっちのものだ。一度コピーライティングの「型」を身につけてしまえば、それを実戦で引き出すことはたやすい。

 

初心者が写経をおこなう際の注意点

ただし、初心者が写経をおこなう際に注意してほしいことがある。

それは、「最低限の知識を身につけてから写経しよう」ということだ。

以前、大リーガーのダルビッシュ有がツイッターにこんなことを書いていた。

写経もこれと同じだ。

頭を使わない写経は、やった気になるだけで、普通に嘘をつく。

あなたがこれからコピーライティングの練習として写経をするなら、自分がいま書き写している文章について、「これにはどういう意味があるのか?」をある程度分析できるレベルになってからでないと、その効果は半減するだろう。

たとえば、僕はいつも写経するときに、10個くらいのフレームワークを念頭にいれて実行する。フレームワークの代表例は「説得の価値観9」「LF9」「ステップメールの6つの教育視点」などだ。

【説得の価値観9】

①興味性、②信念・目的・自己開示、③夢、④問題提起・恐怖、⑤ノウハウ、⑥メリット(LF9)、⑦限定性、⑧不信の払拭・Q&A、⑨後押し

【LF9】

①生存欲、②食欲、③性欲、④危機回避、⑤快適、⑥愛する人を守る、⑦愛されたい、⑧ライバルに勝つ、⑨社会で認められる

【ステップメールの6つの教育視点】

①信用、②目的、③問題点、④手段、⑤投資、⑥行動

最低でもこれらの3つは頭に入っていないと、写経をしてもただのタイピング練習になってしまう可能性が高い。その場合、タイピング速度は速くなるかもしれないが、コピーライティングは上達しない。

以上が、ずーみー流の写経法である。

ちなみに、「説得の価値観9」「LF9」についてはすでに解説した記事があるので、ぜひそちらも読んでほしい。

販売スキルを劇的に高めるコツ「説得の価値観9」とは?

2017.08.12

誰も知らないテレビ視聴率のカラクリ!人間が逆らえない10の欲望とは?

2017.06.27

 

追記

ブログで稼ぎたい全ての人に読んでもらいたい記事を書いた。10年間迷走して挫折しかけた副業アフィリエイターのストーリー。

アフィリエイトで10年間迷走して稼げなかったサラリーマンの話

2017.08.28
無料教材
写経

2 件のコメント

  • すごくいいタイミングで記事が読めてありがたいです。
    先ほども違う記事にコメントしたのですが、今から「写経」を始めるつもりでいます。

    このタイミングで、この記事に出会えたことは、とてもいいタイミングでした。

    とりあえずだいぽんさんのメルマガに登録して、メリーをダウンロードして、さて、今日はコメント記入して、明日7日から始めよう、って決めていたので。

    説得の価値観9ですか。
    ①興味性 ②信念・目的・自己開示  ③夢  ④問題提起・恐怖  ⑤ノウハウ  ⑥メリット(LF9)  ⑦限定性  ⑧不信の払拭・Q&A  ⑨後押し
    LF9
    ①生存欲 ②食欲 ③性欲 ④危機回避 ⑤快適 ⑥愛する人を守る ⑦愛されたい ⑧ライバルに勝つ ⑨社会で認められる
    これは、マズローですね?
    ステップメールの6つの教育支店
    ①信用  ②目的  ③問題点  ④手段  ⑤投資  ⑥行動

    なるほど!これは初めて知りました。そして、上のは、それこそ「写経」させていただきました。
    最近記憶力の低下が著しいのですが、念頭に置いて写経をしたいと思います。

    ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます!

      だいぽんさんの写経は、僕も20万字くらいはやった気がします。笑
      ひとつアドバイスするなら、だいぽんさんの文章を写経をすると一刻も早く自由になりたくなってしまうので気をつけてください。笑
      それから、かっしーさんがブログを書きたいのか、メルマガを書きたいのか、セールスレターを書きたいのかによっても、やるべきことは変わってきます。
      ブログを書きたいならブログを写経するべきだし、メルマガを書きたいならメルマガを写経してください。セールスレターを書きたいならセールスレターです。
      それぞれ自分が書きたい量の10倍が目安です。

      あと、ネットビジネス系以外の文章も写経することをオススメします。
      理由は、胡散臭い自由を謳うだけの文章しか書けなくなってしまうからです。
      ネットビジネスをやっている人たちの文章って、なんかみんな悪い意味で似ていると思いませんか?
      大して自由じゃないくせに「自由だ!」って書いてるブログやメルマガもたくさんありますし。。。

      例えば、群馬県前橋市のリーリエという髪質改善美容室の猪熊さんのメルマガはとても参考になりますよ。
      今もやってるのかな〜?
      昔はブログのLPから登録できたんですが。
      このメルマガは、だいぽんさんが猪熊さんのために一部書いているらしいです。
      あ、秘密ですよ。言っちゃったけど。笑
      ネットビジネスではない、普通のメルマガなのでとても参考になります。
      (登録するなら、猪熊さんの迷惑にならないようにやってください。美容室経営者向けのメルマガなので)

      もうひとつ、写経のコツですが、メルマガをやりたいなら、最低1通以上は丸暗記するメルマガを作ってください。
      誰かのメルマガの1通目がいいと思います。1通目が1番気合い入れて書いているはずなので。
      僕は昔、だいぽんさんが書いた猪熊さんのメルマガの1通目と2通目を丸暗記したことがあります。
      暗唱できるまで頑張りました。笑

      かっしーさんも頑張ってください!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTブログ運営者

    映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。