脱サラ起業に反対する家族を説得する2つの方法

脱サラ起業に反対する家族を説得する2つの方法
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

前回は、「ブログ記事が書けない!」という、副業アフィリエイター・Kさんの、メンタルブロックを取り除きました。

これでKさんは、どんどん記事を更新できると思ったのですが・・・

12月の忘年会シーズンに入り、営業職のKさんは、多忙を極めるようになりました。

そのため、Kさんは、なかなかブログを書く時間が取れず、更新も途絶えがちになりました。

そんなKさんから、ある日、「脱サラ起業を目指すために、営業職を離れようと思っています。」という相談のメールが来ました。

今回は、悩めるKさんの、赤裸々なコンサル記録をお見せします。

「脱サラ起業に向けて営業職をやめたい」というKさんの相談

Kさん
Kです。おはようございます。

昨日は接待があり、メール出来なくてすみません。。

今、仕事中の合間を見て、作りかけの記事をアップしました。

今回アップした記事は、まだメモ書きレベルで、ぜんぜん整理できておりませんが、ひとまず先行してアップしました。

この週末に整理して、形にしたいと思います。

さて、話は変わりますが、いま本業の仕事をどうしようか、色々と悩んでいるところです。。

いまの営業職から離れようかと、考えています。

今の営業には、強いストレスがかかるので、かなり負担を感じています。

社内で営業をサポートする部門があり、そこに異動希望を出した方が良いかなと、考えているところです。

そうなると、給料が下がり、さらに会社からの査定も下げられてしまうため、社内での立場は弱くなります。

やはり、営業として外に出て、仕事を受注する立場は、会社からの評価も高いので。

でも、起業して脱サラするという自分の目標を考えたら、いまの営業職は負担が大きいので、勇気を持って決断すべきでないかと、思ったり。。

色々とタイミングもあるので、簡単にはいかないのですが、そんなことを考えている、今日この頃です。

 

脱サラ起業に反対する家族を説得する2つの方法

ずーみー
Kさん、お疲れ様です!

作りかけの記事を読みました。

文章のレベルが着実に上がっていますね。

共感できる文章を書いていると思います。

この調子で頑張ってください!

さて、異動&脱サラの件です。

基本的に、僕はKさんの意見に賛成です。

いまのKさんの最大のネックは「時間のなさ」です。

それが少しでも解消されるなら、異動はありだと思います。

ただし、気になったのは、奥様のことです。

たしか、奥様は、脱サラ起業に反対しているのですよね。

その奥様に、Kさんが、「脱サラ起業に向けて異動したい。そのうえ給料は減る。」と言ったときに、果たして賛成してくれるかどうか・・・

ちなみに、僕だったら、妻を次のように説得します。

脱サラ起業に反対する家族を説得する2つの方法

  1. 時間をかけて少しずつ説得していく
  2. わかりやすい数値目標を掲げる

 

①:時間をかけてすこしずつ説得していく

いきなり妻に脱サラ起業の話をしても、「は?」と一蹴されてしまうでしょう。

そうならないように、僕なら、数ヵ月~半年以上かけて、妻に少しずつ脱サラ起業の魅力を刷り込み、説得していきます。

説得する内容には、「説得の価値観9」の要素を入れます。

今回の場合、夢・問題提起(仮想敵)・メリットが、特に重要です。

例)

  • :今よりもっとお金を稼げて、家族一緒にたくさん旅行出来る世界。
  • 問題提起(仮想敵):今は、会社に長時間こき使われ、仕事にやりがいも感じられない。
  • メリット:今よりお金を稼げる。家族一緒の時間が増える。社会的に認められる。

なお、説得の価値観9については、次の記事を参考にしてください。

セールストークのコツとは?9要素を使いこなして販売テクニックを磨こう!

2017-08-12

 

また、副業が軌道に乗り始めている状況を、家族にこまめに見せることも大切です。

たとえば、12月にアドセンスで2万円儲かったなら、そのうちの1万円で、奥様にプレゼントを買ってあげましょう。

とにかく、脱サラ起業に反対されないように、時間をかけてすこしずつ、奥様の信頼残高をためてください。

 

②:わかりやすい数値目標を掲げる

漠然と「いつか起業したいけど、とりあえず辛いから部署を異動したい」と言っても、奥様は不安になるだけです。

それよりも、「副業で利益〇万円出せるようになったら、部署を異動して、本格的に起業準備を始める」と言った方が、説得力があります。

このように、わかりやすい数値目標を掲げましょう。

たとえば、「副業月収10万円になったら異動」というのは、奥様も納得しやすい数値目標な気がします。

でも、副業月収10万円になるまでには、かなり時間がかかってしまうかもしれません。

Kさんが、もっと時間短縮したいなら、異動した場合としなかった場合を比較した、プレゼン資料を作るといいでしょう。

例)

  • 異動した場合:2日に1記事書ける⇒1年後にブログに300記事(副業月収15万円)⇒さらに1年後はブログに500記事(副業月収25万円)
  • 異動しなかった場合:週に1記事書ける⇒1年後にブログに150記事(副業月収7.5万円)⇒さらに1年後はブログに200記事(副業月収10万円)
    ※ただし、実際は外注に記事執筆を依頼するので、もう少し記事は増える。

実際に、僕は以前、このようなプレゼン資料を、手書きで15枚ほど作ったことがあります。

以上、ご参考になればさいわいです。

 

Kさんとの対話

さきほどのアドバイスから数日後、Kさんから、次のメールが来ました。

Kさん
色々と詳細なアドバイス、ありがとうございます。

私の家内は、部署異動して給料が下がる事に関しては、反対はありません。

時々、家内には、「営業職はもう限界かな。。」という話はしています。

私は今でも安定剤を飲んで、会社に通ってる状況で、家内も心配しています。

ですから、今の仕事の状況が良いとは、家内も思っていないです。

給料が多少下がったとしても、異動したほうが僕が気持ちよく仕事生活をおくれるのであれば、そのほうが良いと思う、とは言ってくれています。

今日もこの件で家内とは話をしましたが、異動するかどうかは、私の判断に任せてくれています。

ただし、今の会社を辞めずにいてくれるのであればいい、と言っています。

また、「転職は反対」とも、はっきり言われています。

今の私の会社は、給料面、処遇などが恵まれているため、今の会社にいることが大前提、というのが家内の考えです。

家内は、私がアフィリエイトを少しやっている、ということは認識しています。

私から詳しい内容は話しておりませんが。

家内からは、「アフィリエイトで起業」などと、あなたが言うのなら、あなたのお母さんに言ってでも反対する!!と言われています。

要は、起業して独立などありえない、というのが、今の家内の考え方です。

結婚前に家内と付き合っていた頃は、たまたまアフィリエイトで月10万円ぐらいの収入がありました。

「私の妹にも、アフィリエイトを教えてあげて欲しい」と家内から言われたこともあります。

そのため、今の私の副業で、もっと収入を増やして、それを家族サービスに使って、副収入の良さをアピールしよう、とは考えています。

それによって、信頼残高を増やしていけると思っているので、その方向で少しづつ、アピールしようと思っています。

今の営業職だと、残業が多く、接待の飲み会も多いため、記事作成の時間が取れない、という悩みもあります。

しかし、これまでもずっとそうでしたが、私の最大の敵は、「仕事のストレス」です。。。

これが襲ってくると、本業以外の時間に、ブログの記事更新をするエネルギーが、湧き出てこないことが多々あります。

そのため、ひとまず、もう少し自分の適性に合う部署に異動することが、必要なのかと、思っているところです。

私は以前、今異動したいと思っている、営業サポートの部署に、1年ほどいたことがありました。

残業はそこそこありますが、仕事のプレッシャー、という意味では、自分にとっては軽かったこともあり、ずっとここで仕事がしたい、という思いはありました、、

しかし、いろんな流れがあり、また営業職に戻されてしまい、今に至っております。。

今月末、たまたま部長と、さしで飲む機会があるので、そういう希望があるという話をしようか、考えているところです。

すみません。。記事の進捗を報告したかったのですが。

今、この悩みが強くあり、今日は作業が進められませんでした。。

今の会社の年収を超えるだけの、副業での収入があれば、家内を説得できるかと考えていましたが、、それは相当な時間がかかりそうなので。。

これも逃げかもしれませんが、まずは今の仕事(営業職)をどうにかすべき、と悩んでいる今日この頃でございます。

ブログ更新の報告ができず、すみません。。

またご意見などありましたら、お聞かせ下さい。

ずーみー
部署異動には奥様も賛成しているのですね。

それを踏まえた僕の意見は、次の2つです。

①:部署を異動してストレスを減らしましょう
②:副業で結果を出して、奥様に起業を認めてもらいましょう

 

①:部署を異動してストレスを減らしましょう

Kさんが学んでいる次世代起業家育成セミナーの上級コースにでてくる、人生フレームワークという概念があります。

人生フレームワークによると、「お金」「異性(家族)」「健康」を満たすと、人は幸せになれます。

Kさんの場合、「お金」「異性(家族)」は満たされているので、あとは「健康」です。

ストレスを減らして健康になれば、それだけで十分幸せな人生になるでしょう。

 

②:副業で結果を出して、奥様に起業を認めてもらいましょう

一般的に、女性が男性に求めるのは、「安定」と「夢」です。

奥様も同じではないでしょうか?

奥様にKさんの脱サラ起業を認めてもらうには、「安定」と「夢」を満たす必要があります。

Kさんのアフィリエイトでの起業に「安定」と「夢」はありますか?

Kさんが「安定」を手にするためには、記事執筆を軌道に乗せ、外注化までいく必要があります。

ただし、今の年収を超えるには、商品変更も要検討です。

「夢」とは、たとえば、家族と一緒にたくさん旅行したいだとか、社会貢献したいということです。

そういう熱い想いを語らないと、女性はついてきません。

とりあえず、部長さんとの飲み会がうまくいって、Kさんの異動が認められるといいですね!

Kさん
Kです。お世話になっております。

いま、会社帰りです。

ネットカフェで、1時間だけ、チューリップ祭りの記事を進めましたが、完成まで、まだもう少しです。。

1記事作るのに、いったい何日かかってるんだ、、と情けなくなります。。

 

人生のフレーワークですか、初めて聞きました。

おっしゃる通りで、僕は健康体とは言えないですね。。

心が苦しい時が多いです。。

 

安定と夢についても、とても納得です。

妻は、宝くじで7億円当たっても、会社だけは辞めないでね、と言うほど、しっかり安定を求めています。

夢はやっぱり、サラリーマンのストレスから解放されて、家族と一緒の時間を増やし、家族と一緒の時間をもっと楽しく過ごすこと。

これは、妻も共感してくれると思います。

それにしても、ずーみーさんは、こんなに的確に、人生へのアドバイスも出来るのですね。

すごいなと思いました。。

 

今度飲む営業部長は、すごくお世話になっている人で、僕のことを高く評価してくれているので、異動の話はとても言いづらいですが、、

脱サラに向けての1つのハードルだと思って、乗り越えないといけないですね。

飲み会は12/25なので、この結果は、またご連絡します。

 

ブログの記事追加を、早く軌道に乗せないといけないですね。。

なんだか、期待に応えられていなくて、申し訳ない気待ちですが、踏ん張りどころと思って、頑張ります。

 

まとめ

今回は、脱サラ起業に向けて部署を異動したいKさんへのアドバイスをご覧いただきました。

Kさん、なかなか苦しんでいますね。。。

この一連のやりとりの中で、僕は、Kさんの活動を軌道修正しなければいけないと感じました。

次回は、僕がKさんの活動を軌道修正し、いったんストップしていたブログ記事の外注化を開始するまでを、一気にお見せします。

次回もお楽しみに!

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA