Facebookで2万人集客したけど6万円しか稼げなかった話

facebook

(※この記事は2018年1月28日に更新されました)

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

あなたは、多くの人が起業して最初につまづくポイントを知っていますか?

それは「集客」です。

なぜいつまでたってもお客さんがこないんだろう?
お客さんさえくれば、素晴らしいサービスを提供できるのに・・・

そう考えている起業初心者が100人中98人くらいではないでしょうか。

でも、本当は集客より大切なものがあるのです!

今回はそんな僕の体験談をお話しします。

Facebookで2万人集客したけど売上6万円だった失敗事例^^;

僕が起業して家族向け映像サービスを立ち上げたばかりのころの話です。

僕は秋田県で撮影会を企画することになりました。

なぜ秋田を選んだのかというと、そこにラジオDJをしている友人Yさんがいたからです。

ちょっとした有名人の彼女が、集客で苦労している僕のために、SNSで宣伝に協力してくれることになったのでした。

僕が企画したのは、SNSで集めたご家族を秋田市内の公園で1時間撮影して、1カ月後にその家族オリジナルの短編ドキュメンタリー映画が完成するというサービスです。

参加費は1家族あたり3万円に設定しました。(僕的にはかなりの激安価格でした)

僕はホームページにサービス概要と申込フォームを設置し、Facebookで宣伝を開始しました。

そして、ラジオDJのYさんにも拡散をお願いしました。

ずーみー
LPできたから拡散よろしく〜!m(_ _)m
Yさん
OK!( ´ ▽ ` )

そういう軽いノリで始まったのですが、Yさんの集客力は僕の想像をはるかに超えていました。

YさんがFacebookに投稿した途端、すぐにたくさんの「いいね!」がつきはじめました。

そして、その数はなんと242件になったのです!

▼証拠画像▼

いいね!

facebookインサイト

す・・・すごい!!!Σ(・□・;)

有名人パワーおそるべしです。

他の投稿を合わせると、最終的に、撮影会の宣伝は21,174人にリーチし、実際にウェブサイトを訪れた人数は818人を記録しました。

僕は、「この調子でいけば撮影会は大盛況になるに違いない!」と期待しました。

ところが・・・

僕とYさんが頑張って1カ月ほど宣伝したにも関わらず、撮影会の1週間前になっても、僕の自慢のサービスはまったく売れませんでした。

Yさん
秋田県民はシャイなところがあるから出足が遅いのかも。

きっと大丈夫だって!

優しいYさんはそうフォローしてくれましたが、僕は焦りました。

なぜだろう、なにがいけないんだろう・・・

サービス内容は悪くないはずだ。

フェイスブックの反応を見る限り、みんなの共感も得ている。

でも成約しない。。。

そして、1週間後。

最終的に撮影会の申し込みがあったのは2組でした。

売上は6万円

でも、その2組はYさんのお友達だったのです。

優しいYさんが、僕に恥をかかせないために、お友達家族に頭を下げてくれたのでした。。。

つまり、実質的には成約0件だったのです!!!

 

「集客」や「提供」よりも大切なものとは?

集客はうまくいったのに、なぜ僕は自慢のサービスを売ることができなかったのでしょうか?

次の図のように、商売には「集客」⇒「販売」⇒「提供」という3段階があります。

 多くの起業初心者や個人事業主が失敗する理由は、彼らが「提供」のことしか考えないからです。

たとえば、ラーメン屋で起業したい人がいたとしましょう。

ラーメン屋で起業したい人が最初に考えがちなのは、「おいしいラーメンを自分で作れるようになろう!」ということです。

つまり、彼らにとって、「ラーメン屋で起業すること」は「おいしいラーメンを自分で提供できるようになること」とイコールなのです。

そこには、集客と販売の視点がごっそり抜け落ちています。

起業したての頃の僕も同じでした。

高品質な映像作品を提供することさえできれば起業で成功できると、僕は勘違いしていたのです。

そこには集客と販売の視点がまったくありませんでした。

だから、いつまでたっても売上は0のままでした。。。

ずーみー
高品質な映像を提供できる能力があっても、集客できなければ意味がない!

起業数ヶ月目にそう思った僕は、集客力がありそうなYさんに協力を依頼しました。

ところが、ご覧の通り、それでもうまくいきませんでした。

なぜかというと、「販売」がダメダメだったからです。

つまり、僕の書いたセールスレターがあまりにもお粗末すぎたのです!!!

いくら集客できても販売がダメなら、それは穴の開いたバケツに水を注ぐようなものです。

バケツにどれだけたくさん水を注いでも、穴から全部漏れ出てしまうでしょう。

そんな状態では、いくら集客しても無駄です。

だから、これから起業・副業を始める人は、必ず最初に「販売」を学んでください。

僕みたいに穴の開いたバケツを作らないために。

穴の空いたバケツ

穴の空いたバケツ ©️スタジオジブリ

 

セールスを学べば売上が60倍になる!

秋田での失敗から、集客よりも販売が大切だと学んだ僕は、セールスの勉強に力をいれるようになりました。

その結果どうなったかというと・・・

数ヶ月後には、僕は15万円の映像サービスをメルマガ登録した100人中3人の確率で成約させられるまでに成長したのです!

つまり、今回のように818人が僕のセールスレターを読んだら、360万円の売上になる計算です。

販売の知識がないと売上6万円(実質0円)。
販売の知識があれば売上360万円。

どうでしょう?

このように、「集客」や「提供」よりも圧倒的に大切なのは「販売」です。

僕と同じ失敗をしないために、あなたもぜひこのことを肝に銘じてくださいね!!!

 

▼起業成功方法については、こちらの記事もどうぞ▼


▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

4 件のコメント

  • ずーみーさんにもこのような時代がおありなんですね^^;
    本当に勉強の大切さがわかるエピソードでした。
    もちろん、「販売」の大切さも良くわかりました。

    • おたぬんさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      今回は、僕の暗黒時代の話ですねw
      壁にぶつかっても、くじけずに勉強したから、今があると思っています!

  • 販売、説得の大切さは、本当に実感しています。

    僕のブログの記事でも、ところどころアフィリリンクを貼ってますが、まぁ売れない、本当に売れない、、。

    何でかな?と思いましたが、商品を売るためには販売(説得)すること、という基本的なマインドが、全くなかったからですね。

    たくさんアクセスを集めて、アフィリリンクを貼っておけば、そうは言っても、何人かは買ってくれるだろう、と思いましたが、売れない売れない。。
    見事なまでに売れないもんですね。。^^;

    集客も大切ですし簡単ではありませんが、集客力より販売力、これはよく覚えておきます!

    • コメントありがとうございます!
      「たくさんアクセスを集めれば誰かが買ってくれるだろう」というのは大手の考え方です。
      テレビCMなんかはその典型ですよね。
      CMは一本流すのに何千万円もかかりますが、
      何百万〜何千万もの人々にリーチできるので成り立っています。
      一方で、ブログなどの小規模メディアで勝負するなら、
      テレビCMと同じことをやっても勝ち目はありません。
      ブログにはブログの戦い方があります。
      たとえば、テレビCMはどれくらいの人がCMの影響で購入したのか計測できませんが、
      ブログの場合はクリック率や購入率を計測できます。
      細かく計測→改善を繰り返すことで、収益を拡大できるのがブログの強みです。
      そういう意識を持って、販売能力を磨いていってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTブログ運営者

    映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。