ほとんどの日本人が知らない〇〇を使って育児と仕事を両立する方法とは?

両立論

(※この記事は2017年11月16日に更新されました)

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

2年前、僕が起業を決意した一番の理由は、育児に参加したかったからです。

それまでの僕は社畜も同然でした。

いつも深夜に帰るので、起きてる子供の顔なんて見れるはずがありません。

夫婦の時間もほとんど取れませんでした。。。

「本当にこんな人生でいいんだろうか?もっと子供と一緒にいたい!」

そう思ったのが起業の動機です。

でも、最初のうちは育児と仕事の両立に苦労しました^^;

今回は、起業した僕がどうやって育児と仕事を両立したかをお話しします!

育児とは重労働である

2年前、起業して自宅で仕事をするようになった僕は、念願叶って育児にがっつり関わることができるようになった。

当時の我が子は10ヶ月。

ハイハイが上手になってきて、かわいい盛りである(๑╹ω╹๑ )

それまで全然触れ合うことができなかったので、僕は毎日いっしょに生活できることがうれしくて仕方なかった。

一方で、ちょっと計算違いだったことがある。

それは、育児が想像以上に重労働だったということだ。

どこの家庭も似ていると思うが、うちの子供は抱っこされるのが大好きだ。

お出かけの行き帰りの半分以上は抱っこである。(3歳になった今も)

子供といると、四六時中筋トレしているようなものだ。

僕がテレビの現場にいたころもかなりの重労働だったが、育児をするようになってから体重が6キロも減った。(育児ダイエット??笑)

そんな感じだったので、だんだん、育児しながら仕事をするのが辛いと思う機会も増えてきた。

「う〜ん、これはなんとかしないといけないな。。。」

そんな風に考えていた時に、僕はある成功した起業家から「システム化」という概念を教わった。

そのおかげで、僕は仕事を大幅に効率化することに成功し、思う存分育児をできるようになった。

それでは、ここからは「システム化」とは何かについてお話ししていこう!

 

「システム化」を使って超効率的に稼ぐには?

システム化(=仕組み化)の基本は、自分のビジネスを次の3つの流れで考えることだ。

システム化の基本

①:IT・ツールに任せられないか?
②:①がダメなら人に任せられないか?
③:②もダメなら自分でやる!

常にこの順番でビジネスを考える。

一番大事なのは、【自分でやるのは最終手段】だということだ。

ツールや他人でもできることは、できるだけそれらに任せる。

僕は、起業して自分のビジネスモデルを作る上で、「①:IT・ツールに任せる」という部分を徹底的に強化した。

たとえば、ステップメールという自動メール配信システムを使って、15万円以上する自分のサービスが勝手に売れていく仕組みを作った。

その結果、集客やセールスに割かれる時間が劇的に減り、自分にしかできないクリエイティブな仕事に時間を使えるようになった。

育児にも気兼ねなく関わることができるようになった^^

また、自分にしかできない仕事というのは、当然単価が高くなる。(僕の場合は日給5万円)

単価の高い仕事ばかりできる状態になったので、「次は起業ブログをやってみようかな?」などと、色々な手を打てるようになった。

 

最後に:サラリーマンが「システム化」を活用すると・・・

会議

以上が、僕が育児と仕事を両立できるようになった裏側である。

「システム化」という概念に出会ったおかげで、僕の人生はかなり有意義なものになった。

ところで、最近、僕は気づいたことがある。

それは、「サラリーマンがシステム化を活用すればすごい仕事捗るんじゃね?」ということだ。

日本人の労働生産性が先進国の水準に比べてかなり低い原因の一つは、「システム化」の概念がないからだ。

だってそもそも、学校の先生も親も「システム化が大事」なんて教えてくれない^^;

僕は偶然、起業の勉強をしたので「システム化」を知ることができたが、この概念が世の中にもっと広がればみんなハッピーになれるはずだと思っている。

ここで、あなたにひとつ朗報がある^^

実は最近、僕が「システム化」について学んだ1万円の教材が無料になった。

もし、あなたも興味があれば、次の記事で紹介している教材で学んでみてほしい。

自由な時間が増えて、あなたもきっとハッピーになれるはずだ。

加藤将太の無料起業セミナー『次世代起業家』を徹底レビュー

2017.08.04

▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA