人生におけるミッションの見つけ方とは?【やりたいことが見つからない人必見!】

人生におけるミッションの見つけ方とは?【やりたいことが見つからない人必見!】
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「人生でやりたいことが見つからない・・・」

「将来、どんな仕事や職業を選べばいいだろう?」

あなたは、そんなお悩みを持っていませんか?

今回は、そんな悩みを持つ学生さんの質問にお答えしながら、高収入を得られる仕事の選び方と、人生におけるミッションの見つけ方を解説します。

お悩み:人生でやりたいことが見つからないです

いま、学生なのですが、自分が人生でやりたいことが、いまいちわかりません。

そこで、お金(収入)に重点をおくことにしました。

公務員に就職すると給料が良いと聞いたのですが、ネット上では馬鹿にされているイメージです。

でも、公務員以上に稼げる仕事がないなら、公務員でもいいかなと思います。

また、よく起業が一番とも聞きますが、成功すればなのでは?とも考えます。

どなたかご意見をお聞かせください。

 

高収入を得られる仕事の選び方とは?

こんにちは。

まずはじめに、仕事や職業の選び方についてお話しします。

お金(収入)に重点をおくというのは、とても良い視点ですね。

僕自身の話をすると、その視点がなかったために、20代のころは、とても苦労しました。

収入というのは、投資と同じで、どの分野に参入するかを決めた時点で、あなたの能力とは関係なく、ある程度結果が決まってきます。

たとえば、今は金融業界にお金が集まっているので、あなたが金融業界で働くと決めた時点で、ある程度の高収入が約束されます。

医者や公務員もそうですね。

一方、僕は早稲田大学を卒業しましたが、「テレビ助監督」という儲からない分野に身をおいてしまったため、20代のころは、低収入に我慢するしかありませんでした。

ですから、あなたが高収入を得たければ、高収入を得られる分野に参入するのが、基本戦略です。

たとえば、僕の現在の職業である「起業家」も、高収入を得られる分野のひとつです。

サラリーマンでは、年収1000万円以上稼ぐのはとてもむずかしいですが、起業家なら、比較的スムーズに年収1000万円をめざせます。

次の記事で、起業成功のための勉強法を解説していますので、ぜひ読んでみてください。

起業失敗率は95%!?多くの起業家が失敗する一番の理由とは?

起業失敗率は95%!?多くの起業家が失敗する一番の理由とは?

2019-03-11

 

人生におけるミッションの見つけ方とは?

次に、人生におけるミッションの見つけ方を解説します。

 

ミッションとは何か?

ミッションとは、人生の目的や使命のことです。

ミッションを見つけることは、人生の成功において、実は非常に重要です。

次の図を見てください。

これは、起業初心者が大学で習う、「戦略ピラミッド」というものです。

ピラミッドの一番上にミッションがありますよね。

このピラミッドは、ビジネスの成功に必要な要素の、重要度をあらわしています。

つまり、ミッションがいちばん重要だということです。

どんなビジネスでも、最初にミッションを決めて、戦略⇒戦術⇒実行とすすめば、おのずと成功します。

けれども、ほとんどの日本人は、「自分のミッションは何か?」なんて考えたことがありません。

さらに、ほとんどの日本人には、ミッションだけでなく、戦略も、戦術もありません。

彼らは、毎日何も考えずに、ひたすら「実行」をしているだけです。

そんな状態では、どんな分野でも(サラリーマンでも)、成功するのはむずかしいです。

ですから、あなたもかならず、就職や起業をする前に、「自分のミッションは何か?」を考えてくださいね。

なお、戦略ピラミッドについては、次の記事でくわしく解説しています。

人生には戦略が必要だ!「戦略ピラミッド」を使った人生戦略の立て方とは?

人生には戦略が必要だ!「戦略ピラミッド」を使った人生戦略の立て方とは?

2017-06-17

 

自分のミッションを見つける方法

それでは、いよいよ、あなたのミッション(使命・目的)を見つけてみましょう。

まず、手帳(もしくはノート)とペンを用意してください。

なぜ手帳がいいかというと、毎日持ち歩くためです。

手帳を持っていない人は、紙に書いたものを、財布などに入れて持ち歩きましょう。

次に、寝る前の30分くらいを使って、手帳の最後のページに、次の3つを、思いつく限り全て書き出してください。

なぜ寝る前がいいかというと、1日の中でいちばんリラックスしていて、本音がでてきやすい時間帯だからです。

手帳に書き出す項目

  1. 絶対に自分がやりたくないことは何か?
  2. 死ぬまでに経験したいことは何か?
  3. もし1ヶ月後に死ぬとしたら、それまでに必ずやりたいことは何か?

僕は、この3項目を書き出したノートを、いつも持ち歩いています。

そして、忘れたころに読み返します。

そうしているうちに、だんだん、自分のミッションが見えてきます。

なお、このワーク(作業)は、1年に1回くらい、定期的にやるのがおすすめです。

僕が最後にやったのは、ちょうど1年前くらいなので、そろそろやる時期です。

ぜひあなたも、今夜寝る前に、このワークをやってみてください。

きっと、人生のプラスになるはずです^^

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

6 件のコメント

  • はじめまして。
    ランキングから来ました。
    メモ帳を使ったワーク、おもしろそうですね。
    継続したら色々なことが見えてきそうな感じですね。
    とても参考になりました。

  • こんにちは、ランキングから来ました。
    今は色々な、情報が入って来ます。
    その分、自分のやりたい事の情報も多数入って来ますね。
    情報が入って来過ぎて迷ってしまう部分もあると思います。

    • こばみちさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      たしかに、情報過多な人は多いですね。
      情報の取捨選択や、リテラシーが必要な時代だと思います。
      また、そのためには、人間的な成熟も必要だと思います。

  • 引き続き、コメントさせていただきます。

    成功のためのポイントとして、目標設定がある、というのは確かですよね。そして、これがまた、自分にとって苦手というか、弱点であります。
    そもそも「何のために?」というのが、少なくとも今の仕事では自分の腹に落ちていません。だからこそ、起業を、と考えています。

    『地頭力』の本を読み込んでみたのですが、目標からの逆算で、俯瞰しながら、という思考回路を身につけていくことが、少なくともこれからの世の中では、確実にプラスになることが、かなり納得できてきました。

    そして、その目標が見つからないときの方法論として、ご紹介いただいた方法は、すごく有効だと思いました。ありがとうございます。

    追記です。
    稲門なんですね。

    • コメントありがとうございます!

      かっしーさんもぜひ一度やってみてください!
      ちなみに、この方法論は、加藤将太さんの次世代起業家育成セミナー(のプレミアムメンバーシップ)と、神田昌典さんの著書『非常識な成功法則』のいいとこどりで作っています。
      年商4~8億円の人たちが提唱する方法論ですから、たぶん効果あると思いますよ。

      あと、稲門です。笑
      結局、学歴は一切関係ないことをやってますが、、、(^^;

  • こばみち にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA