テレビ局のADは超激務!残業に関するブラックすぎる体験談

テレビ局のADは超激務!残業に関するブラックすぎる体験談
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

僕は、起業する以前、テレビ局でADとして働いていたことがあります。

テレビ業界は、表向きは華やかで魅力的に見えますが、裏側の労働実態は、かなり過酷です。

当時、激務すぎてほとんど家に帰れなかった僕は、そんな生活が嫌で嫌で、起業しました。

今回は、そんな僕がテレビ局AD時代に経験した、【残業に関するブラックすぎる体験談】をお話しします。

これからテレビ業界で働く予定の人は、ぜひ参考にしてくださいね。

僕は、起業する前のずいぶん長い間、テレビドラマのADとして働いていました。

有名な俳優さんや女優さんと仕事したかった僕にとって、毎日が本当に夢のようでした。

しかし一方で、「つらいな〜」と感じることも多い毎日でした。

一番つらかったのは、ADの仕事が忙しすぎたことです。

ADとは、「アシスタント・ディレクター」のことです。

助監督ともいいますが、要は「何でも屋」です。

たとえば、以下が、ドラマADの仕事の、ほんの一部です。

  • ドラマに出てくる新聞・雑誌・携帯画面・PC画面などの原稿作り
  • エキストラの手配と現場での仕切り
  • 俳優の衣装香盤の作成
  • 撮影スケジュールの作成と、俳優部への連絡
  • その他、各部署への諸連絡や、細かい雑用のすべて

このように、ドラマを盛り上げるために必要なことを全てやるのが、ADの仕事です。

だから、やり始めると際限がありません。

そのため、ADの仕事は、際限なく忙しくなってしまうのです。

また、日本のドラマのロケは、朝が早く、夜が遅いのが特徴です。

毎朝6時ごろに、新宿か渋谷の集合場所を出発し、終電までに新宿・渋谷に帰ってきます。

1日にロケ地を何箇所も回り、めまぐるしく撮影します。

そのため、帰ってくるころには、クタクタの疲労困憊で、その日の朝が、何日も前の出来事だったような錯覚に陥るほどです。

さらに、ADは、ロケが終わった後に、翌日のロケの準備をしなければなりません。

つまり、ADは、ほとんど家に帰れません。

もちろん、睡眠時間も、ほとんど取れません。

僕はよく、深夜のスタッフルームの椅子で、半分仕事をしながら、半分寝ていました。

連ドラが1本始まると、3ヶ月〜半年間は、そんなハードな生活が待っています。

 

某テレビ局で残業時間を過少申告させられたブラック体験談

某テレビ局で残業時間を過少申告させられた話

そんなAD時代の、ある日のこと。

僕は、新しく始まる連ドラに合流するため、某テレビ局へと出かけました。

到着すると、僕は、法律関係の職員から手渡された書類に、サインを求められました。

「今年から労務管理が厳しくなったので、この書類にサインしないと契約できない。」

そう言われた僕は、よくわからないまま、書類にサインをしました。

それからは、いつも通りの激務が始まりました。

けれども、ひとつだけ変わったことがありました。

それは、「残業時間の申告書」を、毎月提出しないといけなくなったことです。

僕は固定給の契約スタッフだったので、それを提出したからといって、残業代がもらえるわけではありません。

では、一体なんのために書類を提出したかいうと、「この人は過度な残業はしていませんよ」という、テレビ局のアリバイ作りのためだったのです。

当時はちょうど、テレビ局に対するお役所の監視が、厳しくなってきた時代でした。

だから、実際は200時間残業をしても、書類上は80時間で提出しなければならなかったのです。

これがいわゆる、「残業時間の過少申告」です。

僕は、残業時間を過少申告する書類を作るのが、苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。

本当は、毎朝5時から夜2時まで働いているのに、嘘の書類では、毎朝9時から夕方6時まで働いたと書かなくてはいけません。

撮影で忙しい中、嘘の書類を作成することの虚しさといったら(涙)

ある時、僕は、打ち込む数字を間違えて、残業時間をオーバーして書いたことがあります。

すると、すぐさまテレビ局の社員様に呼びつけられ、こう言われました。

「こんな書類を提出したら、みんなに迷惑がかかるだろ!」

いやいや、本当に迷惑してるのはこっちなんですけど・・・

それに、そういう社員に限って、契約スタッフが深夜遅くまで働いているのを尻目に、さっさと帰ったりするんですよね。

以上は、僕が起業する2015年以前の話なので、今は多少ましになっているかもしれません。

けれども、これからテレビ業界で働く予定の人は、こういうこともあると、覚悟しておいた方が良いと思います。

 

「残業するのは本人が悪い」は本当?

それからもうひとつ、僕は、AD時代の話で、腹が立っていることがあります。

それは、「残業するのは本人が悪い」という、局内の空気です。

仕事が遅いとか、要領が悪いとか、優先順位が間違っているとか。

さきほどのテレビ局の社員は、そういう言い方で、深夜まで残業する契約スタッフたちを、いつもバカにしていました。

でも、起業した今の僕なら、それは違うと断言できます。

どんな業界でも、従業員が深夜まで残業するのは、従業員本人が悪いのではありません。

そもそも、経営者の作ったビジネスモデルが、根本的に間違っているのです。

もしあなたが、残業が多すぎて自分を責めているなら、それは違います。

本当に責められるべきなのは、経営者です。

経営者がビジネスモデルを改めない限り、あなたの残業は、ちっとも解決することはありません。

でも、世の中は、「残業を減らすために社員をいかにこき使うか?」という話ばかりになっていて、なんだかなあと思います。

 

まとめ

以上が、僕のテレビ局AD時代の、残業に関するブラックすぎる体験談でした。

ちなみに、僕はその後、制作会社をクビになったのがきっかけで、起業しました。

起業してからは、テレビマン時代の反省をふまえて、労働しなくてもお金が入ってくるビジネスモデルを作りました。

そのため、過度な残業をすることは、一切ありません。

僕の経験上、「これからテレビ局で働きたい!」という人や、現在テレビ局で働いている人は、優秀な人が多いと思います。

そういう人は、テレビ局のような過酷な労働環境で死ぬほどこき使われるよりも、起業して悠々自適な生活を目指す方が、合っているかもしれません。

次の記事では、僕がテレビマンをやめて、どのように起業したかを語っています。

もしよかったら、あなたもぜひ参考にしてくださいね^^

ずーみーのプロフィールと理念

ずーみーのプロフィールと理念

2017-05-13

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA