会社行きたくない人が起業に向いている3つの理由とは?

会社行きたくない

(※この記事は2017年12月2日に更新されました) 

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

「嗚呼、会社行きたくない。。。」

かつては僕も毎日そんなことを考えていた社畜でした。

でも、起業した今となってみては、「そういう人って、実はすごく起業に向いてるんじゃない?」と思います。

今回は、その3つの理由をお話ししましょう!

理由1:嫌な人間関係から解放される

嫌な人間関係から解放される

会社に行きたくない人は起業に向いている。

あなたは、サラリーマンが会社に行きたくない理由のベスト1を知っているだろうか?

その答えは、ズバリ「人間関係」である。

実に40%以上もの会社員が人間関係を会社に行きたくない理由に挙げているのだ。

そういえば、僕の周りの起業家たちが起業したきっかけの第一位も、「会社の人間関係から逃げたかったから」だった。

そう。実は、あなたが起業すれば、あなたは永遠に嫌な人間関係から解放されるのである。

では、なぜ起業すれば嫌な人間関係から解放されるのだろう?

起業するということは、あなたが社長になるということだ。

社長になればあなたがトップなのだから、当然パワハラ上司なんて存在しない。

また、誰を雇うかや、誰と取引するかは完全にあなたの裁量次第である。

つまり、起業すれば人間関係を自由に選択できるのだ。

一方、サラリーマンの場合、組織の論理で働くので、自分で上司や取引先を選ぶことができない。完全に運次第だ。

さらに、もし仮にあなたが転職したとしても、サラリーマンであるという条件は変わらない。

つまり、転職先でもまた嫌な上司や取引相手に当たるかもしれないのだ。

僕はつねづね会社勤めとはギャンブルだと思っている。

サラリーマンである限り、自分の人生を自分でコントロールすることはできない。

もしあなたが人間関係を理由に会社を辞めたいなら、今すぐ起業を検討すべきだと僕は思う。

 

理由2:長時間労働や残業から解放される

長時間労働

会社に行きたくない人が起業に向いている二番目の理由は、起業すれば長時間労働や残業から解放されるということだ。

サラリーマンが会社に行きたくない理由のベスト2は長時間労働や残業」である。

25%以上の会社員が働きすぎを会社に行きたくない理由に挙げている。

では、なぜ会社勤めよりも起業した方が長時間労働がなくなるのか?

そもそも、今のあなたが長時間労働で苦しんでいる最大の原因をお教えしよう。

その原因とは、あなたの会社のビジネスモデルが間違っているからなのだ。

ビジネスモデルが正しければ、社員の長時間労働に頼らなくても楽に収益を上げることは可能だ。

そして、あなたの会社のビジネスモデルを改善するためには、まずは社長の頭を叩き直さなければならない。

でも、そんなの無理な話だ^^;

そんなことをするよりも効率のいい方法がある。

実は、あなたが起業して自分で儲かるビジネスモデルを作った方が、100倍早いし簡単なのだ。

長時間労働や残業から解放されたければ、自分で起業して成功しよう!(その方法は後述する)

 

理由3:思い立ったが吉日

思い立ったが吉日

会社に行きたくない人が起業に向いている三番目の理由は、思い立ったが吉日ということだ。

なぜなら、人間は基本的に行動できない生き物だからである。

動物の本能として、ヒトは新しいことを拒む習性がある。

だから、あなたがいくら会社に行きたくなくても、惰性でサラリーマンを続けてしまうのは、動物の本能として仕方がないことなのだ。

「思い立ったが吉日」とは、「〜したい」と思った日こそがそれを始めるべき最良の日だという意味で主に使われるが、「〜したくない」と思った日も同じだ。

つまり、「会社に行きたくない」と思った時こそが新しいことを始めるチャンスなのである。

このチャンスを逃せば、次のチャンスは何年後になるかわからない。

このまま希望のないサラリーマン生活を続けるか、数年前に比べて格段にリスクが低くなった起業家の道を歩むか、今が人生の分かれ道だ。

また、僕の経験上、「〜したくない」という負のエネルギーはとても強力だ。

ぜひあなたもその強力なエネルギーを生かして、人生を変える第一歩を踏み出してほしい。

 

一体何から始めれば良いのか?

何から始めるのか?

ここまで、会社に行きたくない人が起業すべき3つの理由について解説してきた。

ところで、そうは言っても、あなたは一体何から始めるべきなのだろう?

まさか、いきなり起業するとか??

そんなバカな^^; 

いくら会社に行きたくないからといって、いきなり起業するのは愚策中の愚策である。

今の僕が考える一番のオススメは、次の記事を参考に、会社に勤めながら半年〜1年くらいかけてじっくり起業の勉強をすることだ。

 

ちゃんとした知識の裏付けがあれば、正しいビジネスモデルを作ることは簡単だ。

とはいえ、「自分は本当に起業に向いているのかな?起業の勉強をしたところで、向いてなかったら無駄だし・・・」と考える人も多いだろう。

そんな人のために「起業センス診断テスト」をご紹介したい。

 

起業センス診断テストとは?

起業センス診断テストは、無料キャンペーン中の「次世代起業家育成セミナー」という映像教材の特典として無料で受けられるウェブ試験だ。定価は5,400円。

どんなウェブ試験かというと、制限時間8秒の質問に直感で90個答えていくだけで、あなたの起業センスが具体的な数値となって表示される(全所要時間10分程度)。

たとえるなら、模試の偏差値を想像してほしい。

起業センスの社会人全体の平均値は「41」で、起業安心ラインが「55」「60」以上なら100%起業で成功すると言われている。

ちなみに、僕が最初に受けた時の起業センスは「53」だった。これは社会人の上位3.59%に相当するらしい。

その後、学習と実践を重ね、3か月前に受けた時は「65」まで上昇していた。これは社会人の上位0.023%(4000人に1人)に相当する。どういうアルゴリズムでこうなるのかわからないが、良い数値が出てとても嬉しかった。

「会社行きたくないし、起業にちょっと興味ある!」

という人は、ぜひいちど受けてみることをオススメする。

起業センス診断テストを受けてみたい人は、次の記事の中で詳しい受験方法をお話ししているのでチェックしてほしい。

期間限定の無料キャンペーンなのでお早めに^^


▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA