起業家・経営者の6つのタイプとは?

起業家・経営者の6つのタイプとは?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

起業家・経営者には、大きくわけて6つのタイプがあります。

具体的には、商品開発タイプ(課金ポイント1個タイプ)、ビジネスモデルタイプ、組織マネジメントタイプ、オペレーションマネジメントタイプ(工場タイプ)、財テクタイプ、政治・保護産業タイプの6つです。

この理論のことを、「経営者6タイプ」といいます。

あなたが経営者6タイプを理解すれば、自分が勤めている会社や、世の中の企業の未来を、正確に予想できるようになります。

さらに、あなた自身が起業するときも、どういう戦略で起業すればうまくいくかが、正確にわかるようになるでしょう。

今回は、少し難しい理論の解説になりますが、最後まで頑張ってついてきてくださいね。

なお、「起業家・経営者に向いているのは、どういうタイプの人?」という情報をお探しの人は、次の記事をお読みください。

起業に向いてる人ってどんな人?

起業に向いてる人ってどんな人?

2019-06-09

経営者6タイプとは?

経営者6タイプを提唱しているのは、経営コンサルタントの加藤将太さんです。

(注:加藤さんは、物販開始後1年3ヶ月で月商4,583万円、情報発信開始後1ヶ月で5億4000万円というモンスター級の起業家)

加藤さんが世の中の企業を分析したところ、次の6タイプに分類できることがわかりました。

経営者6タイプ

  1. 商品開発タイプ(課金ポイント1個タイプ)
  2. ビジネスモデルタイプ
  3. 組織マネジメントタイプ
  4. オペレーションマネジメントタイプ(工場タイプ)
  5. 財テクタイプ
  6. 政治・保護産業タイプ

出典:次世代起業家育成セミナー

さらに、これを図解すると、次のようになります。

世の中の企業(経営者)を「トップダウン⇔ボトムアップ」「資本大⇔資本小」「サービス⇔インフラ」という3つの軸で考えると、スパッと切った断面の6角形の頂点に、それぞれ特徴的な企業があらわれます。

ここからは、6つのタイプを詳しく解説してきます。

 

①:商品開発タイプ(課金ポイント1個タイプ)

商品開発タイプは、スティーブ・ジョブズなどのカリスマ経営者が、トップダウンで商品開発をおこない、メインとなる課金ポイントだけに力を入れることで、とても効率の良い経営を実現するのが特徴です。

具体例は、Apple、Google、Facebookなどのアメリカのテック系企業です。

AppleはiPhone、GoogleはAdwords(広告手数料)、FacebookはFacebook広告が、それぞれメインの課金ポイントになっています。

ちなみに、僕も、課金ポイントを「スクール運営」だけに絞ってから、かなり効率よく経営できるようになりました。

 

②:ビジネスモデルタイプ

ビジネスモデルタイプは、「①誰かがヒット商品(ビジネスモデル)を作り」、「②それを繰り返せる」というのが大きな特徴です。

具体例は、DeNAやAPAホテル、キーエンス(センサー会社)です。

DeNAは、『怪盗ロワイヤル』(モバゲー)のヒットをきっかけに、様々なタイトルを開発し、ソーシャルゲームという一大ジャンルを確立しました。

APAホテルやキーエンスは、商品そのものよりも、知識(経営ノウハウやコンサルティング営業)に付加価値をつけることで、とても高い利益率を誇っています。

ビジネスモデルタイプは、資本力に頼らないので、起業初心者向きです。

たとえば、インターネットを使ったアフィリエイト事業は、ビジネスモデルタイプに分類され、とても起業初心者向けなので、当ブログで強く推奨しています。

月10万円以上稼ぐブログを作る方法とは?【要ブックマーク!】

月10万円以上稼ぐブログを作る方法とは?【要ブックマーク!】

2019-03-02

 

③:組織マネジメントタイプ

組織マネジメントタイプは、組織の力で成長していくのが特徴です。

具体例は、京セラやPanasonic、SHARPのような、高度経済成長期のボトムアップ企業です。

ボトムアップ企業は、判断が末端にある(=社長ではなく社員が判断をくだす)ので、不況に弱いのが特徴です。

そのため、ボトムアップ企業が多数を占める日本の家電産業は、いまや壊滅状態になってしまいました。

そこで、京セラやPanasonicは、時代遅れの組織マネジメントタイプから、ビジネスモデルタイプに近づくことで、苦しい状況を打開しようとしています。

ビジネスモデルタイプは小資本でも大丈夫なので、この選択は時代に合っています。

一方、SHARPは、オペレーションマネジメントタイプへ近づいて行ってしまいました。

1兆円以上かけて、三重県に液晶パネル工場を建設したのです。

これは正しい選択だったとはいえません。

なぜなら、オペレーションマネジメントタイプは、とにかくお金がかかるので、今の時代に合っていないからです。

結局、SHARPは、リーマン・ショック以降、液晶テレビの売り上げが落ち込み、赤字転落。

2016年に、債務超過で、台湾企業の鴻海に買収されてしまいました。

 

④:オペレーションマネジメントタイプ(工場タイプ)

オペレーションマネジメントタイプは、巨大な工場でオペレーションを効率化し、コスト削減するのが特徴です。

具体例は、TOYOTAやAmazon。

このタイプで起業するには、莫大な資本が必要になるため、初心者にはおすすめしません。

ところが、多くの人は「起業」と聞くと、「工場を作って商品を製造して・・・」と想像します。

起業に失敗する人のボタンのかけ違いは、こういうところから始まるのです。

 

⑤:財テクタイプ

金融会社や証券会社などが、財テクタイプです。

ホリエモンが経営していた旧ライブドアは、一般的にIT企業だと思われていますが、実は財テクタイプに分類されます。

なぜなら、旧ライブドアは、時価総額世界一・100兆円を目指して、精力的にM&A(企業の敵対的買収)を繰り返していたからです。

 

⑥:政治・保護産業タイプ

携帯電話会社や、交通・電力などのインフラ企業が、政治・保護産業タイプです。

携帯会社のソフトバンクは、携帯事業以外に投資事業も積極的に行なっているので、政治・保護産業タイプと財テクタイプの中間に位置付けられます。

 

重要な仮説:経営者は隣り合ったタイプへ移動する

さて、ここからが、この理論の一番おもしろいところです。

経営者6タイプを提唱する加藤将太さんは、ある重要な仮説を立てています。

その仮説とは・・・

経営者は、図の線上の隣り合ったタイプにしか、一度に移動できない。

出典:次世代起業家育成セミナー

・・・と言われてもよくわからないと思うので、具体例として、ソフトバンクの孫正義の人生を見ていきましょう。

 

経営者6タイプで見る孫正義の変遷

経営者6タイプで見る孫正義の変遷

日本一の富豪である孫正義。(2019年時点で資産230億ドル・・・って2兆円!?)

孫正義の人生を見てみると、先ほどの仮説(経営者は図の線上の隣り合ったタイプにしか一度に移動できない)がよくわかります。

孫正義の人生を図にすると、次のようになります。

孫正義は、カリフォルニア大学時代に、「Unison World」というソフトウェア会社(ビジネスモデルタイプ)を作り、経営者デビューしました。

その後、日本でソフトバンクを設立し、課金ポイント一個タイプ(ADSL事業)、政治・保護産業タイプ(携帯電話事業)、財テクタイプ(10兆円ファンド)と移動しました。

さらに、2016年に、ARMというイギリスの半導体会社を、3兆円で買収しました。

つまり、次はオペレーションマネジメントタイプを目指しているということです。

では、ここから何がいえるのか?

たとえば、あなたの勤める会社がビジネスモデルタイプだったとしたら、次は組織マネジメントタイプか商品開発タイプのどちらかに移動します。

いきなり財テクタイプに移るようなことはありえません。

このように、未来予測を可能にしてくれるのが、「経営者6タイプ」という理論の、大変おもしろいところなのです。

 

まとめ

経営者6タイプ

  1. 商品開発タイプ(課金ポイント1個タイプ)
  2. ビジネスモデルタイプ
  3. 組織マネジメントタイプ
  4. オペレーションマネジメントタイプ(工場タイプ)
  5. 財テクタイプ
  6. 政治・保護産業タイプ

※重要な仮説
⇒企業(経営者)は、隣り合ったタイプにしか、一度に移動できない。

出典:次世代起業家育成セミナー

あなたが「経営者6タイプ」を理解すれば、最新の経済ニュースを分析し放題になるので、毎日ニュースを見るのが楽しくなるでしょう。

たとえば、アマゾン(=工場タイプ)が銀行を始める(=財テクタイプへの移行)というニュースを見かけたときに、「あ、経営者6タイプだ!」と思えるようになったりします。

また、今回の話がおもしろかった人は、加藤将太さんの無料オンラインセミナーである「次世代起業家育成セミナー・特別編」をぜひ受講してみてください。

目からウロコの経営理論が満載ですよ^^

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

加藤将太の次世代起業家育成セミナーを徹底レビュー!【無料】

2017-08-04

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

8 件のコメント

  • 経営者6タイプ、こういう分析ができてしまう
    加藤先生って、凄いですね。
    成功や幸せになる為に必要な要素まで
    分析され、法則を作ってしまう、
    最近、加藤先生の偉大さをひしひしと
    感じています。

    • まりさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      経営者6タイプはすごいですよね。
      僕も初めて学んだとき、衝撃を受けました。
      まりさんが次世代起業家育成セミナーを学ぶと、
      これからもたくさん驚きがあると思います。
      ひきつづき、楽しみながら学習を頑張ってくださいね!

  • 経営者6タイプという概念を初めて知りました!
    どの企業もこのタイプのどれかなんですね。あと、となりのタイプに移動していくという仮説も、すごく面白かったです。経営者というのは、やはりすごいなと思いました。

    • 月森 有希乃さん、こんにちは!
      「経営者6タイプ」は面白いですよね。
      僕も、初めて学んだとき、衝撃を受けました。
      ひきつづき、学習をがんばってください!

  • こんばんは。
    経営者6タイプの概念図、難しそうですが、よく見ると面白いですね。
    世の中にある企業を分類分析しようとした時、
    この概念図のどこかに入ると思うと興味が湧きます。
    「次世代起業家育成セミナー・特別編」は
    何度もくり返して視聴しようと思います。記事ありがとうございます。

    • takafumiさん、こんにちは!
      経営者6タイプを使って世の中を見ると非常に面白いので、ぜひ使ってみてください。
      たとえば、ずーみーや加藤将太さんは、ビジネスモデルタイプと課金ポイント1個タイプの中間にいます。
      その理由を考えるだけで、かなりレベルアップできますよ。

  • こういうフレームワークもあるんですね。この型をしっかり理解すれば、かなりビジネスセンスが上がりそうですね。

    大企業の、今後の動きを予測出来るようになるなんて、すごい事です。

    そんな事が語れるようになれば、会社で一目置かれるようになりそうです。
    経済の動きにうとい自分にとっては、今回の話は、少し難易度が高かったです。

    しかし今後、起業した時に、事業の方向性を定める際の1つの指針となるよう、今回の記事は何度か繰り返し読んで、理解に努めたいと思います。

    • コメントありがとうございます!ちょっと難しすぎましたかね^^;
      そう思われるのも無理はありません。
      実は、この話は次世代起業家育成セミナーのMENSAシリーズ(定価50万)の内容です。
      IQが高くてビジネス上級者向けのセミナーなので、難しく感じるのは当たり前です。
      だから、これをすんなり理解できるようになれば、かなり起業センスは上がっているはずですよ!
      それから、小林さんが素晴らしいと思ったのは、「理解できなければ、繰り返し読もう」という考え方ができることです。
      そういう姿勢を続ければ、いつか必ず成功できると思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA