ブログ起業セミナーをプレゼント!

情報商材の売り方とは?全く売れなかった恋愛商材のセールスレターを添削してみた

情報商材の売り方とは?全く売れなかった恋愛商材のセールスレターを添削してみた
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「情報商材を作ってみたものの、売り方がさっぱりわかりません。。。」

先日、僕がアフィリエイトを教えている40代会社員・Kさんから、そんなお悩みを聞きました。

Kさんは、アフィリエイトで10年間も稼げず迷走したという経歴を持つ大変面白い(?)方ですが、迷走中に、自分で情報商材を作ってみたこともあるそうです。

どういう情報商材かというと、「一度も彼女がいない男性が美人ホステスと付き合える方法」という、ちょっと怪しげな恋愛商材です。

しかし、この恋愛商材は、作ってみたものの全然売れなかったそうです。

今回は、Kさんの恋愛商材のセールスレターを添削して、なぜ売れなかったのかを分析しました。

インターネット上で商品を売りたい人には、必ず参考になる話だと思います!

全く売れなかった恋愛商材のセールスレターを添削してみた

そもそも、どうしてKさんは恋愛商材を作ったのでしょうか?

Kさんは、36歳までひとりも彼女がいない不遇の人生を送っていたそうです。

そんなある日、Kさんは、行きつけのスナックで出会った美人ホステスさんのハートを射止めることに成功しました。

そして1年後に、めでたくその美人ホステスさんとゴールインしたのです。

現在はお子さんもいるそうです。

そんなKさんでしたが、副業で始めたアフィリエイトでは、なかなか結果が出ず悩んでいました。

そこでKさんは考えました。

「自分が美人ホステスと結婚できた経験を恋愛商材にすれば売れるんじゃないか?」と。

ここからは、僕とKさんの実際の会話を通して、恋愛商材のセールスレターの添削の様子を見ていきましょう!

Kさん
私は、ある起業家が提唱していた「まずは自分の商品を持つこと」という考えのもとに、100ページに満たないレポートを作ったことがあります。

しかし、作ってみたものの、売り方がさっぱりわからない。。

販売ページを作るスキルもないので、とりあえず、誰でも登録できる販売用サイトで、無料に近い値段で登録したときは数本売れました。

しかし、少し値段をあげただけで全く売れませんでした。。

ずーみー
もしよかったら、どんなレポートを作ったのか見せてもらえませんか?

100ページはすごいですね!

Kさん
以前作成したレポート(PDF)を添付します。

家内が以前、スナックの店員をやっており、そこで知り合って結婚しました。

その経験から、このレポートを作成した次第です。

一応、私の運営するブログに、セールスレター的な記事を入れています。

この記事は1日1~3PV程度です。

http://latest-news-studio.com/post-2259/
(※この記事は現在非公開です。)

また、「ココナラ」にのみ2,000円で出品しています。

https://coconala.com/services/254210

もう少し売れてくれてもいいのに、と思いながらも、特に分析もしないまま放置状態となっております。。

ずーみー
PDFを読みました。

内容がとてもしっかりしていて驚きました。

そして、Kさんの人生にますます興味が湧きました。笑

さて、この商品が「売れない理由」を考察してみました。

 

①:記事タイトルはOK

「魅力的なタイトルの4要素」という型を使って、現在のセールスレターの記事タイトルを添削してみましょう。
 

現在:「一度も彼女がいない男性が美人ホステスと付き合える方法〜36年間彼女なしの僕がわずか半年で美人ホステスと付き合えた方法を教えます〜」

  • 興味性・・・◯(怪しいが、モテない人には刺さる)
  • 具体性・・・◯(36年間、半年などの数字を使っている)
  • 名が体性・・・◯(名が体を表している)
  • メリット・・・◯(愛されたい、社会で認められる、というLF9の要素)

 
4要素が全て入っているので、記事タイトルはOKです!

ちなみに、現在の記事タイトルを改善するとしたら、「結婚」まで入れるのがいいと思います。

改善例:「36歳まで1度も彼女なし・童貞だった男性が、美人ホステスと出会ってわずか半年で付き合い、1年後に結婚できた秘密の方法とは?」

 

②:写真がない

現在のセールスレターには、写真が全くありません。

そのせいで、Kさんが美人ホステスと結婚できたという話の信憑性に疑念が生まれています。

改善するなら、奥さんと付き合っていた頃の写真や結婚式の写真、子供が生まれて幸せな現在の写真などを使いましょう。

プライバシーが心配なら、目のところに黒線を入れれば大丈夫だと思います。

 

③:セールスレターが弱い

この記事は、セールスレターとしてはかなり弱いです。

売れるセールスレターには、PASONAの法則やAISASの法則など、いくつかの型があります。

今回は、初心者でも使いやすい「良いセールスレターの6要素」という型で、Kさんのセールスレターを添削してみましょう!
 

【良いセールスレターの6要素】

  • 物語・・・×(商材の中で語られているモテなかったけど結婚できたエピソードをレターでも語るべき)
  • 対比・・・△(「モテない自分」が仮想敵だが、上手に対比できていない)
  • 恐怖・・・△(結婚できなかった場合の話にリアリティが足りない。もっと詳しく語るべき)
  • 選択肢を限定しているか・・・△(「スナックに行け」と言っているが、スナックの魅力を伝えきれていない)
  • メリット・・・△(付き合える、結婚できるということはわかるが、写真がないので説得力がない)
  • 簡易性・・・×(スナックに行けば簡単に彼女ができる、という説得をするべき)

 

さらに、経営コンサルタントの加藤将太さんが提唱する「説得の価値観9」という型でも添削してみましょう。
 

【説得の価値観9】

  • 興味性・・・◯
  • 信念、目的、自己開示・・・×(これがないので怪しさ満点)
  • ・・・△(付き合えたあとの世界をレターでもっと語るべき。写真もまったく足りない)
  • 問題提起・・・△(結婚できなかった場合の話にリアリティが足りない。もっと詳しく語るべき)
  • ノウハウ・・・△(今回のノウハウは「スナックに行け」ということ。その魅力を伝えきれていない)
  • メリット・・・△(付き合える、結婚できるということはわかるが、写真がないので説得力がない)
  • 限定性・・・×(先着10名のみ、今だけ2000円などの言葉があれば、もう少し売れたかもしれない)
  • Q&A、不信の払拭・・・×(これがないので怪しさ満点)
  • 後押し・・・△(「最後に」という部分がありきたりすぎる)

 

どちらの型を使っても、要素が大きく欠けていることがお分かりでしょうか?

このように、Kさんがいくつかの「型」(フレームワーク)を持っていると、自分で自分を点検することができます。

Kさんが今まで10年間もアフィリエイトでうまくいかなかったのは、自分自身を点検できる「型」を全く持っていなかったからですよ。

 

④:オファーに保証がない

オファーに保証がないのも問題です。

たとえば、「PDFを読んでスナックに半年以上通ったのに彼女ができなかったら全額返金します」みたいな保証をつけましょう。

そうすれば、成約率はかなりアップするはずです。

ちなみに、全額返金保証をつけても、請求してくる人はほとんどいません。

たいていの場合、マニュアルを読んでも実行しなかったり、全額返金保証があったこと自体を忘れてしまうので。

 

⑤:ブログに信念がない

ブログに信念がないのも問題です。

Kさんのブログは雑記ブログなので、彼女が欲しいと悩んでいる読者は相当少ないです。

これが、「彼女が欲しいと悩んでいる人に向けた特化ブログ」だったら、100UU(ユニークユーザー)につき1個売れる可能性があるんですが・・・

 

⑥:PDFだと商品に価値を感じにくい

最後に、商品自体の話になりますが、PDFだと価値を感じにくいのも問題です。

たとえば、映像セミナーにすれば、顧客が価値を感じやすくなるので、売りやすくなりますし、単価も上げやすいですよ。

現在のPDFは2千円でも売れていませんが、映像セミナーなら1万円以上に設定しても売れるようになるはずです。

一番おすすめなのは、オンラインコミュニティ化することです。

コミュニティサイトを作って、そこにコンテンツ(コンサル映像やマニュアルなど)をどんどん追加していきましょう。

たとえば、僕がこの商品を作るなら、
 

  1. 無料でモニターを募って成果を出させる。
    (=実際に半年以内にホステスと付き合わせる)
  2. その実績を元に1〜2時間の映像セミナーを撮影する。
  3. コミュニティを商品にして、セールスレターを書き1万円で販売する。
  4. 実績が溜まってきたら10万円に値上げする。

 
こんな感じですかね。

Kさん
大変、ご丁寧に添削して頂き、ありがとうございます。

型(フレームワーク)をきちんと理解して、それを当てはめることで、これだけ具体的な欠点が見出せるのですね。

まず、型を身につける、そしてそれに基づき、点検、チェックをすることは極めて大事なことであり、強力なことなのだと実感しました。

また、「仮想敵」「名が体性」といった用語は初めて聞いたので、勉強になりました。

それにしても、私のこのレポートの内容が、やり方によっては、1万円、10万円にもなるポテンシャルがあるとは、、とても驚きでした。

 

情報商材の売り方とは?

情報商材の売り方とは?

今回の話をまとめると、初心者が情報商材を売るためには、まずはじめにいくつかの「型」を身につけましょう。

たとえば、「魅力的なタイトルの4要素」や「説得の価値観9」については、当ブログに詳しく解説した記事があります。

売れるブログタイトルの決め方とは?アフィリエイトの成約率をアップさせる4要素を解説!

売れるブログタイトルの決め方とは?アフィリエイトの成約率をアップさせる4要素を解説!

セールスの上手い人は何が違う?「説得の価値観9」を使いこなせばセールス力が劇的に上がる!

セールスの上手い人は何が違う?「説得の価値観9」を使いこなせばセールス力が劇的に上がる!

これらの型を暗記レベルで身につけて、日常的に使いこなしてください。

そうすれば、あなたのモノを売る力は、飛躍的にアップするはずです!

 

モノが売れるブログとは、信頼残高が貯まっているブログ

モノが売れるブログとは、信頼残高が貯まっているブログ

さらに、今回の話にもうひとつ付け加えるなら、モノが売れるブログとは、信頼残高が貯まっているブログです。

銀行にお金を貯めれば預金残高が増えるように、人からの信頼が貯まれば信頼残高が増えます。

色々な「型」を使いこなすのも大事ですが、初心者は特に、読者さんの信頼残高を貯めることにフォーカスしましょう。

販売の本質とは、「興味づけ」「信頼残高の上昇」です。

まずは読者さんを記事タイトルで興味づけし、価値ある記事をたくさん読んでもらって、あなたへの信頼残高をひたすら上昇させます。

そして、信頼残高がバケツから溢れるくらいに貯まったら、読者さんはあなたから自然とモノを買ってくれるようになります。

そういう意味で、Kさんが読者さんから恋愛商材を買ってもらえなかった一番の原因は、運営していたのが匿名のトレンドブログだったからです。

つまり、Kさんに対する読者さんの信頼残高が0だったのです!

「じゃあ、どうすれば読者さんの信頼残高が貯まっているかがわかるの?」

そんな風に思ったあなたは、とてもセンスがいいですね^^

信頼残高が貯まったブログかどうかを判断する指標は、「コメントがつくかどうか」です。

記事にたくさんコメントがつくブログは、読者さんの信頼残高が貯まっている証拠なので、モノを販売すれば売れる可能性が高いです。

だから、これからブログでモノを売りたい人は、コメントがつくような価値ある記事を書くように心がけてくださいね。

 

▼この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチッと押してくれると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

8 件のコメント

  • ずーみーさん、こんにちは!
    情報商材の売り方が良く分かりました。
    僕も、情報商材を扱ったことがありますので、とても為になりました。
    ありがとうございます。

  • 信頼残高を貯めるという今回のお話、とてもためになりました。
    ブログの勉強を始める前は、アクセス数をあげれば成約につながると思い込んでいました。
    この記事を読みながら、信頼残高が貯まっているかわかる指標は、Googleアナリティクスでわかるのかなと思っていましたが、『コメント』をもらえるかどうかなんですね。

    この記事を読んで、もっとブログ記事を書く事も大切ですが、読者さんが何に興味を持ち何に悩んでいるかを、もっと深く知っていく必要があると感じました。

  • このタイトルを見ても2000円の価値を認めないと思います。無料でも普通の人が関心を持つかどうか疑問です。PDFの一部しか公開されていないので全体が解かりません。この状態で可能性を考えました。
    ずーみー様の指導が有れば、ありふれた経験をもとに作成した商材を2000円で売れると思います。
    しかし無料で配布し、実績を作り、1万を経て10万に値上げしても売れるかどうか判断できません。

    私は高単価ブログを実現したくてここまで来ましたが、説明不足と理解力不足により将来に不安を感じています。
    今回の記事は、ありふれた経験が10万で売れるようになったのか、単なる可能性を説明したサンプルなのか判断できません。

  • フレームワークも持って、それを使いこなせば
    自分自身で改善できるのがすごいなと感じました。

    イマイチ上手くいかない事に当てはめていきます。

    信頼残高を貯めるという視点も身につけたいです。
    ブログ以外にも、自分の今の店仕事にもダイレクトに
    繋がっていることなので、相手が喜ぶことをやって、
    信頼残高を獲得していきたいです。

  • きちんとした型を持てば、売れなかったものも売れたりするんですね!信頼残高を上げるには、コメントしてもらえるくらいの記事を書く事が大切だとわかりました。なかなか自分では、どこが悪いのかわからなかったりしますが、基本の価値観9や、LF9に当てはめれば、どこが足りないのかわかり、情報価値を上げる事が出来るんだなと思いました。

    • 月森 有希乃さん、こんにちは!
      ブログ初心者の壁は、「読者からコメントをもらうこと」です。
      逆に、この壁を超えられれば、ブログで成功できる可能性は高いです。
      頑張ってください!

  • こんにちは!
    アドバイスに従い、ずーみーさんのここのブログは、(毎日にはなっていませんが)すべて読むようにしようと思っています。

    さて、非常に具体的で興味深い事例でしたね。
    今、加藤さんの(無料で見られる)セミナーを一通り見終わって、「写経」目的で(不謹慎ですが)登録した、だいぽんさんのメルマガを読み、動画も見て、だいぽんさんのセールスにひっかけられそうになり(笑)、インプットを繰り返しています。

    Kさんは、毎回登場する、「ネタ」みたいになっていますが、まさに他山の石ですね。
    全く笑えません。人の振り見て我が振り直せ、以外の何物でもないですね。

    自分はまだアウトプットのレベルに達していないので、発信をしていませんが、ポイントがスラスラ人に言えるようになるくらい徹底的にインプットすれば、恐らく、それを「売る」こともできるようになり、単価も上がり、ビジネスの成功確率もアップすると考えて、学んでいます。

    さて、いつもながら、遡りながらコメントをさせていただきますね(笑)

    • コメントありがとうございます!
      セールスに引っかからなくて良かったですね。笑

      人間には「人を動かす側」と「人に動かされる側」の2種類がいます。
      セールスに引っかかる人というのは、「人に動かされる側」の人間です。
      かっしーさんは「人を動かす側」を目指していると思うので、
      これからはだいぽんさんたちがどうやって人を動かしているのかに注目できるといいですね!

      僕は、普段から「人を動かす側」に注目しています。
      たとえば、運転免許更新の教官の話し方とか、テレビに出てるマジシャンとか、
      気をつけていると、いくらでも分析できる事例が見つかると思います。

      そして、そのための分析視点が、「説得の価値観9」だったり「LF9」だったりするわけです。
      ぜひこのブログでたくさん学んでください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です