サラリーマンというビジネスモデルが絶望的に儲かりにくい理由とは?

ビジネスモデル論

(※この記事は2018年4月17日に更新されました)

どうしてサラリーマンは儲からないのか?

ずーみー
こんにちは!

ブログ開始1年以内・月間PV数2.5万の弱小ブログで月収250万円稼いだ起業コンサルブロガーのずーみー(@zoomy_nonbiri)です^^

突然ですが、あなたは、どうしてサラリーマンが儲からないかを考えたことがありますか?

「そんなの、景気が悪いからだよ!」とか「社長が強欲だからだ!」という人がいるかもしれませんが(笑)、根本的な原因は、別のところにあります。

その根本的な原因とは、サラリーマンという「ビジネスモデル」です。

今回は、「本当に儲かるビジネスモデルとは何か?」を考えることによって、サラリーマンというビジネスモデルが絶望的に儲からない理由を解き明かしたいと思います!

 

儲かるビジネスモデルの4要素とは?

まずはじめに、本当に儲かるビジネスモデルの4要素をお教えしましょう。

その4要素とは、こちらです!

儲かるビジネスモデルの4要素

要素①:複製可能であること

要素②:資産になること

要素③:自社商品であること

要素④:場所を提供すること

実は、サラリーマンは、これらの4要素を全て満たさないから儲からないのです!

逆にいうと、これらの4要素を満たすビジネスモデルさえ組めれば、あなたも起業して大金持ちになることができますよ^^

それでは、儲かるビジネスモデルの4要素について、それぞれくわしく見ていきましょう。

 

要素①:複製可能であること

コピーできる?

儲かるビジネスモデルの第1の要素は、「複製可能」ということです。

つまり、「コピーできるか?」ってことです。

たとえば、Aという1万円の商品を、手作りで1日1個しか生産できない人と、工場で1日1万個作れる人なら、1日1万個作れる人の方が儲かるに決まっていますよね。

さらに、より厳密にいうと、「複製(コピー)」には次の2種類があります。

①:商品を販売・提供する「仕組み」を複製できるか?

②:「商品」自体を複製できるか?

★ポイント:①、②で使うのは情報?モノ?ヒト?
※複製難易度は(易しい)情報<モノ<ヒト(難しい)

 

①:商品を販売・提供する「仕組み」を複製できるか?

実は、僕(ずーみー)は、1ヶ月くらい寝ていても、自動で月収100万円以上が発生します。

その理由は、僕がウェブ上にブログメルマガという販売・提供の「仕組み」を作ったからです。

ウェブ上の仕組みは、ほとんどコスト0で無限に複製できるのが特長です。

世界の長者番付のほとんどをウェブ関係者が占めているのは、そういう理由からです。

次に難易度が低いのは、機械を使った販売・提供の仕組みです。

ジュースの自動販売機や、駅の切符券売機がこれにあたりますが、仕組みを複製したり維持管理するのにコストがかかります。

一番複製が難しいのは、ヒトを使った販売・提供の仕組みです。

ヒトを使った販売・提供の仕組みを作るためには、人を雇って教育しなければなりません。

けれども、教育にはとても時間やコストがかかる上に、退職されるリスクもあります。

人を雇うのはとても大変なので、起業初心者にはオススメしません。

 

②:「商品」自体を複製できるか?

商品が情報だった場合、複製はとても簡単です。

たとえば、映画DVDや音楽CD、雑誌・書籍類は情報商材の代表です。

もし、あなたが何かしらのノウハウを持っているなら、それをブログやYouTubeでコンテンツ化して、情報商材として複製コスト0で売り出すことも可能です。

一方、商品がモノだった場合、複製の難易度は一気に上がります。

お菓子などの製造業を想像してもらえばわかりやすいですが、モノを作るために、職人を雇ったり、工場を作ったりしなければなりません。

さらに、商品がヒトだった場合、複製は不可能です。

「商品がヒト」の代表例はタレント事務所ですが、同一人物を増やすことは、クローン技術でもない限りできませんよね。(そっくりさんなら用意できますけどw)

ちなみに、サラリーマンというのは、「自分(=ヒト)」が商品のビジネスモデルです。

実は、あなたは、会社に対して「自分」という商品を売り、その対価としてお金(=お給料)をもらっている経営者なのです。

けれど、給料を2倍にするために「自分」をもうひとり増やそうと思っても、無理ですよね?

つまり、サラリーマンが儲からないのは、自分をコピーして分身を増やせないからなのです!

コピーロボット

コピーロボットがあればいいのに…©️ドラえもん

 

要素②:資産になること

住宅

儲かるビジネスモデルの第2の要素は、「資産になること」です。

「資産」と言われてもピンとこないかもしれませんが、資産とは、簡単にいうと、勝手にお金を生み出し続けてくれるもののことです。

資産になるのは、①情報、②カネ、③モノ、④ヒトの4つです。

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

①:情報の資産化

情報の資産化は、比較的簡単です。

あなたも、価値あるブログやメルマガ、音楽、書籍などを作ることができれば、それらが資産となり、勝手にお金を稼いでくれるようになるでしょう。

ちなみに、今流行りのユーチューバーは、「動画(=情報)」が資産のビジネスモデルです。

 

②:カネの資産化

カネを資産化するのは結構大変です。

たとえば、銀行の利息だけで生活しようと思ったら、銀行に何億円も預けなければなりません。

株やFXの配当金だけで生きていくのも、同じことです。

つまり、元手を準備するのがとても大変なので、カネの資産化はレベルが高いのです。

 

③:モノの資産化

資産になるモノとは、価値ある金銀宝石類や、骨董品、絵画、土地、建物などです。

それらを手に入れること自体が難しいので、モノの資産化はレベルが高いです。

 

④:ヒトの資産化

ヒトの資産化とは、要するに、誰かを雇って働かせることです。

優秀な人をたくさん雇えば雇うほど、お金をたくさん生み出してくれるようになりますが、管理や教育にコストがかかります。

ヒトの資産化には、カネの資産化やモノの資産化とは、また違った難しさがあります。

ちなみに、サラリーマンにとっての資産は「自分(=ヒト)」と思われるかもしれませんが、自分は勝手にお金を稼いでくれないため、資産にはなりません。

つまり、サラリーマンというビジネスモデルには資産がないのです!

 

要素③:自社商品であること

自社商品

儲かるビジネスモデルの第3の要素は、「自社商品であること」です。

自社商品の反対は、他社商品です。

儲かるビジネスモデルにおいて、なぜ「自社商品であること」が大切かというと、自社商品の方が他社商品に比べて利益率が高いからです。

あなたの扱う商品が自社商品だった場合、あなたは利益を独占することができます。

一方、あなたの扱う商品が他社商品だった場合、あなたは利益の一部しかもらえないので、あまり儲かりません。

では、サラリーマンというビジネスモデルはどうかというと、社員は社長が所有する商品なので、「他社商品」ということになりますね。

つまり、あなたがサラリーマンでいる限りは、利益を会社と折半しないといけないので、あまり儲からないということです。

 

要素④:場所を提供すること

keiba

儲かるビジネスモデルの第4の要素は、「場所を提供すること」です。

場所を提供するとなぜ儲かるのかというと、自分に有利になるようにルールを決めたり、手数料を取ることができるからです。

そういう場所のことを「プラットフォーム」と呼びます。

典型的なのは、競馬やパチンコなどの胴元ビジネスです。

彼らは自分たちでルールを決められるので、絶対に赤字になることがありません。

Amazonやグーグルは、ウェブ上で場所を提供しています。

彼らは、交通整理料として一定の金額をユーザーから徴収しています。

一方、サラリーマンは、会社から場所を提供してもらうビジネスモデルです。

つまり、会社側が勝手にルールを設定してくるので、サラリーマンはあまり儲かりません。

 

まとめ:起業初心者にオススメのビジネスモデルとは?

いかがだったでしょうか?

ここで、儲かるビジネスモデルの4要素をおさらいしましょう。

儲かるビジネスモデルの4要素

要素①:複製可能であること

要素②:資産になること

要素③:自社商品であること

要素④:場所を提供すること

これまで見てきたように、サラリーマンというビジネスモデルは、悲しいことに4要素全てを満たしていません。

もし、あなたがたくさんお金を稼ぎたいなら、サラリーマンというビジネスモデルを卒業して、別のビジネスモデルに乗り換える必要があります。

それでは、具体的に一体どんなビジネスモデルを選べばいいのでしょうか?

僕が起業初心者におすすめしたいのは、ブログやメルマガを使った情報発信ビジネスです。

ブログ・メルマガは、複製可能で、資産になり、場所を提供しています。

さらに、アフィリエイトから始めれば初心者でも手を出しやすく、集客が軌道に乗ったところで商品開発に乗り出せば、自社商品という条件もクリアできます。

このブログでは、情報発信ビジネスで成功する方法をたくさん紹介しているので、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね!^^

 

▼情報発信ビジネスについては、こちらの記事もどうぞ▼

 


↓↓↓ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックしていただけるとうれしいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

2 件のコメント

  • 儲かるビジネスモデルの4つの条件、とても分かり易かったです。

    サラリーマンがなぜ金持ちになれないのか、具体的な説明で良くわかりました。

    私のような、自分の貯金もほとんど無い、家族持ちの父親にとって、ブログ、メルマガによる情報発信ビジネスは最高のビジネスモデルであり、人生を変えてくれる夢のあるビジネスであると、改めて実感できました。

    • コメントありがとうございます!

      ブログやメルマガを使った情報発信ビジネスはすでにレッドオーシャンだと言われますけど、全然そんなことはないですね。
      「稼ぐ系」だけを見たら確かにレッドオーシャンですけど、他のジャンルはまだまだ牧歌的なので、いくらでもマネタイズできそうです。
      また、「稼ぐ系」でもコピーライティングをしっかり身につけている人は稀なので、文章力さえつければ戦っていけると思います。
      頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTブログ運営者

    映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。