起業に向いてる人ってどんな人?

起業に向いてる人ってどんな人?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー⇒プロフィールです^^

「起業に向いてる人って、どんな人なんだろう?」

今回は、そんな疑問にお答えします。

僕は現在、起業して4年目です。

いままで、さまざまなタイプの起業家にお会いしましたが、「こういう人は起業家や経営者に向いているな」というのが、だんだんわかるようになってきました。

これから起業したいと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

また、記事の後半で、起業家適性を診断する無料テストもご紹介しますので、お楽しみに!

起業に向いてる人の3タイプ

僕の経験上、起業に向いている人は、次の3タイプのどれかに当てはまることが多いです。

起業に向いてる人の3タイプ

  1. 何かをコツコツ継続して成し遂げたことがある人
  2. 論理的に物事を考えられる人
  3. 自己肯定感が強い人

 

①:何かをコツコツ継続して成し遂げたことがある人

起業に向いている人①:何かをコツコツ継続して成し遂げたことがある人

音楽をやっていた人は、起業に向いていることが多い

起業に向いてる人の1タイプ目は、「何かをコツコツ継続して成し遂げたことがある人」です。

部活で全国大会に出たことがある人や、子供のころからずっと音楽をやっていて、コンクールに出たことがある人などが、このタイプに当てはまります。

なぜ「何かをコツコツ継続して成し遂げたことがある人」が起業に向いているかというと、目標達成に向けて、地味な作業をコツコツ継続するのに慣れているからです。

たとえば、僕のビジネスの師匠で、年商6億円の会社を経営している加藤将太さんは、高専時代に、テニスで全国8位になりました。

加藤さんがテニスを始めたのは高専からですが、朝から晩までテニスの練習漬けの生活を送った結果、全国8位になれたのだそうです。

また、僕は大学時代に、バンドでギターを弾いていました。

最初は素人でしたが、毎日コツコツ練習したり、4年間のライブで300曲以上を演奏したりした結果、プロからスカウトされるほどの腕前になりました。

僕は、そのときの「成功体験」があったから、起業してまったく稼げなかった時期も、「コツコツ作業を継続すれば成功するはず」という確信を持つことができた気がします。

なお、僕が起業して稼げなかった時代の話は、次の記事でくわしく紹介しています。

ずーみーのプロフィールと理念

ずーみーのプロフィールと理念

2017-05-13

 

②:論理的に物事を考えられる人

起業に向いてる人の2タイプ目は、「論理的に物事を考えられる人」です。

なぜ「論理的に物事を考えられる人」が起業に向いているかというと、起業で成功するためには、事業の改善点を論理的に見つけ出し、それを論理的に修正していく力が欠かせないからです。

このタイプには、理系の人が多いです。

たとえば、さっき登場した加藤将太さんは、京都大学の工学部を出ている、バリバリの理系です。

また、僕も、早稲田大学の理工学部を出ている、バリバリの理系です。

なお、「論理的に考えるのが苦手だ!」という人は、次の記事を読んでみてください。

論理思考力の鍛え方を解説しています。

ビジネスに欠かせない論理思考力を鍛える簡単な方法とは?

ビジネスに欠かせない論理思考力を鍛える簡単な方法とは?

2017-09-05

 

③:自己肯定感が強い人

起業に向いてる人の3タイプ目は、「自己肯定感が強い人」です。

自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れたり、自分の価値を認めて存在を肯定する感覚のことです。

なぜ「自己肯定感が強い人」が起業に向いているかというと、起業は逆境の連続だからです。

起業を野球にたとえると、20回打席に立って、19回三振するけど、1回だけヒットを打てるのが、起業です。

けれども、「自己肯定感が弱い人」は、1回三振しただけで、「自分はダメだ」とか「自分は起業に向いていない」と考えて、すぐに挫折する傾向があります。

そのため、起業で成功できません。

一方、「自己肯定感が強い人」は、何回三振しても、「いつかなんとかなるだろう」という根拠のない自信を持つことができ、ヒットを打つまであきらめません。

だから、起業で成功しやすいのです。

では、どうすればあなたも、自己肯定感の強い人間になれるのでしょうか?

実は、自己肯定感の強さは、幼児教育と深く関係しています。

5歳までに、親から深く愛されたり、認められたりした経験が、自己肯定感を育てる上で、とても大事な要素になるそうです。

でも、そういう経験がない人も、自己肯定感を高めることは可能です。

たとえば、自己啓発系の読書をすると、自己肯定感の高まるきっかけになる場合があります。

僕が、自己肯定感の弱い人に、いつもおすすめするのは、犬飼ターボの『オレンジレッスン』と、斎藤一人の『地球が天国になる話』です。

自己肯定感が弱いという自覚がある人は、ぜひ一度読んでみてください。

 

起業家適性を無料で診断する方法とは?

ここまでは、「起業に向いてる人の3タイプ」についてお話ししてきました。

最後に、あなたの起業家適性を簡単に診断できる、ウェブテストをご紹介します。

そのウェブテストの名前は、『起業センス診断テスト』です。

起業センス診断テストでは、あなたが約90個の質問に直感で答えていくと、次の3つの数値がわかります。

起業センス診断テストでわかる数値

  1. 起業センス(=ビジネスの偏差値)
  2. リーダーシップ(=組織内アウトプット力、出世力、上司力)
  3. メンタルヘルス(=精神の健康状態)

次の表を見てください。

この表にあるように、サラリーマンの起業センスの平均値は41です。

そして、あなたが安心して起業成功するためには、起業センスが55以上必要です。

ちなみに、僕が初めて起業センスを測ったときの数値は、53でした。

「あともう少し勉強すれば、起業安心レベルだ!」と思ったことを覚えています。

その後、僕の起業センスは、66まで上がりました。(上位0.016%)

また、僕のリーダーシップは76(Sゾーン上位)、メンタルヘルスは53(Bゾーン下位)です。

あなたも、現在の自分の起業センスやリーダーシップ、メンタルヘルスの数値がどれくらいか、気になりませんか?

では、どうすれば、起業センス診断テストを受けられるのでしょうか?

実は、起業センス診断テストは、本来1回につき5400円かかる、企業の社内研修などで使われるウェブテストです。

けれども、期間限定で、誰でも無料で受けられる裏技があります。

その裏技とは、『次世代起業家育成セミナー・特別編』というセミナー映像を無料で視聴して、感想文を送信することです。

セミナー映像を見た感想を、1つにつき1行以上、順番に9回送信すると、お礼として、あなたも起業センス診断テストを、1回だけ無料で受けられます。

『次世代起業家育成セミナー・特別編』を視聴して、起業センス診断テストを無料で受けたい人は、以下のキャンペーンに、メールアドレスをご登録ください。

折り返し、セミナー映像のURLが、メールで送られてきます。

セミナー映像自体も、とてもおもしろく、勉強になるので、非常におすすめですよ^^

なお、キャンペーンのくわしい内容については、次の記事をお読みください。

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

加藤将太の次世代起業家育成セミナーを徹底レビュー!【無料】

2017-08-04

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

2 件のコメント

  • 私は現在、お試し0円登録しているものです。
    ずーみーさんのブログは加藤さんのセミナーとともに、とても分かりやすく、おもしろくてためになります。
    私は小さいころから30年以上ピアノを習っているのですが、「音楽をやっていた人は起業で成功しやすい」なんて
    聞いたこと一度もなかったので、この記事を見て「ウソや~ん?」と思いながらも少し嬉しくて、コメントさせていただきました。
    確かに地道~な作業、反復練習ハンパないです。。
    でもこれは自分の好きなことだからこそできるのであって、これがそのまま成功に結び付く…かどうかは自分次第だとは思いますが、とにかくこれを励みに頑張りたいと思います(あ、”頑張らずに”頑張りますW)
    時期が来ればオンラインサロン参加を検討しております。
    そのときはどうぞよろしくお願いします。

    • あきさん、こんにちは!
      ピアノを習っていたんですね。
      地味な反復練習は、起業(特に情報発信)の作業と通じるものがあります。
      これからも、頑張らずに頑張ってください^^
      また、オンラインサロンでもお待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA