ブログ起業セミナーをプレゼント!

【GA4】平均エンゲージメント時間とは?滞在時間との違いや目安を解説!

平均エンゲージメント時間とは?

GoogleアナリティクスがUAからGA4に移行し、平均ページ滞在時間に代わって「平均エンゲージメント時間」という新たな指標が導入されました。

この平均エンゲージメント時間は、ブログやウェブコンテンツの成功を評価する上で重要な役割を果たします。

しかし、その意味や計測方法については、まだ多くの人が混乱しているかもしれません。

そこでこの記事では、初心者向けに次の5つを解説します。

あなたがこの記事を読むと、平均エンゲージメント時間の意味や計測方法を正しく理解し、数値を改善するコツを身につけることができます。

ブログの成功を目指す人は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ起業セミナーをプレゼント!

平均エンゲージメント時間とは?

平均エンゲージメント時間とは?

平均エンゲージメント時間とは、ウェブサイトやアプリのコンテンツを利用するユーザーが、そのコンテンツにアクティブに関与している平均時間のことを指します。

具体的には、ユーザーがコンテンツを閲覧したり、ページをスクロールしたり、リンクをクリックしたりするなどのアクションに費やされた時間が計測されます。

特徴的なのは、ページが前面に表示されている時間が計測の対象になることです。

つまり、ユーザーが別のタブやウィンドウを開いている間はカウントされず、実際にコンテンツに集中している時間が計算されます。

平均エンゲージメント時間を計測することによって、ユーザーがコンテンツにどれだけ興味や関心を持ち、価値を感じているかがわかります。

そのため、平均エンゲージメント時間は、ウェブサイトやアプリのパフォーマンスを評価し、コンテンツの魅力や効果を把握するための重要な指標となります。

また、平均エンゲージメント時間を計測し、その結果を分析することで、コンテンツの改善点を特定することができます。

平均エンゲージメント時間が長くなるようにコンテンツを改善することで、ブログの収益化やSEOにプラスの影響を与えることができます。

ずーみー

ブログの収益化を目指す人は、コンテンツの平均エンゲージメント時間を計測・分析し、改善していくようにしましょう!

 

平均エンゲージメント時間の計算式

GA4における平均エンゲージメント時間は、アクティブユーザーあたりのエンゲージメント時間の平均値です。

計算式は以下の通りです。

平均エンゲージメント時間の計算式

平均エンゲージメント時間 = 総エンゲージメント時間 / 総アクティブユーザー数

 

平均エンゲージメント時間と平均ページ滞在時間の違い

平均エンゲージメント時間と平均ページ滞在時間の違い

GoogleアナリティクスがUAからGA4に移行し、平均ページ滞在時間に代わって導入された指標が「平均エンゲージメント時間」です。

では、平均エンゲージメント時間と平均ページ滞在時間は、何が違うのでしょうか?

その違いは、ユーザーがコンテンツにアクティブに関与している時間だけを計測するかどうかにあります。

平均エンゲージメント時間は、ユーザーがコンテンツにアクティブに関与している時間のみを計測します。

したがって、別のタブやウィンドウを開いている時間は計測対象外となります。

一方、平均ページ滞在時間は、ユーザーがアクティブでない時間も含めて計測します。

つまり、別のタブやウィンドウを開いている時間も平均ページ滞在時間に含まれるのです。

そのため、平均エンゲージメント時間は通常、平均ページ滞在時間よりも短くなります。

たとえば、あるページをUAで計測すると平均ページ滞在時間は3分なのに、GA4で計測すると平均エンゲージメント時間は1分になる、といった現象が起こります。

ずーみー

平均ページ滞在時間では、ユーザーが記事にどれくらい集中しているかは分かりませんでした。

しかし、平均エンゲージメント時間を計測することによって、実際にユーザーがどれくらい集中して記事を読んでいるかが把握できるようになりました!

 

GA4で平均エンゲージメント時間を計測する方法

GA4で平均エンゲージメント時間を計測する方法

GA4で平均エンゲージメント時間を計測するには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

その方法は、以下の3ステップです。

 

STEP1:左側のメニューから「レポート」を選択する

GA4のダッシュボードにアクセスし、左側のメニューから「レポート」を選択します。

GA4で平均エンゲージメント時間を計測する方法1
「レポート」を選択する

 

STEP2:「エンゲージメント」の「ページとスクリーン」を選択する

「エンゲージメント」セクションを探し、その中の「ページとスクリーン」を選択します。

GA4で平均エンゲージメント時間を計測する方法2
「ページとスクリーン」を選択する

 

STEP3:計測対象の記事を探す

エンゲージメントレポートで、計測対象の記事を探します。

記事数が多い場合は、検索を活用したり、1ページあたりの行数を増やしたりすると見つけやすくなります。

GA4で平均エンゲージメント時間を計測する方法3
エンゲージメントレポート

 

平均エンゲージメント時間の目安

平均エンゲージメント時間の目安

ブログにおける平均エンゲージメント時間の目安は、記事の目的やブログのジャンルによって異なりますが、一般的な基準をご紹介します。

3000文字以上の一般的なブログ記事の平均エンゲージメント時間の目安は、以下の通りです。

平均エンゲージメント時間の目安
  • 1分未満:改善が必要なコンテンツ
  • 1分以上2分未満:平均的〜優れたコンテンツ
  • 2分以上:非常に優れたコンテンツ

平均エンゲージメント時間が1分未満の場合は、読者がコンテンツに十分な価値や魅力を感じていない可能性があります。

そのため、改善策を検討し、読者がより長くコンテンツに関与するようにしましょう。

なお、ブログのトップページやカテゴリーページなど、他の記事への誘導が主な目的となるページでは、平均エンゲージメント時間が1分未満になる場合が多いです。

 

ブログの平均エンゲージメント時間を改善するコツ

ブログの平均エンゲージメント時間を改善するコツ

ブログ記事の平均エンゲージメント時間が1分未満の場合は、特に改善が必要です。

平均エンゲージメント時間を改善するコツとしては、次のようなものがあります。

平均エンゲージメント時間を改善するコツ
  1. 検索意図とコンテンツを一致させる
    平均エンゲージメント時間が極端に短い場合は、読者が求める情報と記事の内容がズレている可能性があります。キーワードリサーチや競合記事の調査を行い、ユーザーの検索意図を再検討して、コンテンツと検索意図を一致させましょう。
  2. 魅力的なリード文を書く
    リード文が魅力に欠けたり、長過ぎたりすると、ユーザーが本文に辿り着く前に離脱するため、平均エンゲージメント時間は短くなります。短くても興味を引くような魅力的なリード文に改善しましょう。

  3. 記事の途中や最後で関連記事に誘導する
    記事の途中や最後で関連記事に誘導することで、読者がコンテンツにアクティブに関与するきっかけが増えるため、平均エンゲージメント時間を延ばすことができます。
  4. 動画を追加する
    ブログ記事に動画を追加することで、読者がコンテンツにアクティブに関与するきっかけが増え、平均エンゲージメント時間を延ばすことができます。また、動画の視聴には一定の時間が必要なため、平均エンゲージメント時間を延ばす効果があります。
  5. 文章を読みやすくする
    読みにくい文章で書かれたブログ記事は、ユーザーがすぐに離脱するため、平均エンゲージメント時間は短くなります。一文は長くしすぎず、分かりやすい文体や適切な改行、箇条書きを活用して、読みやすい文章になるように改善しましょう。
ずーみー

なお、魅力的なリード文の書き方と、読みやすい文章の書き方については、次の2記事を参考にしてください!

 

まとめ

今回は、GA4から導入された「平均エンゲージメント時間」について詳しく解説しました。

平均エンゲージメント時間は、コンテンツにおけるユーザーのアクティブな関与時間を示す重要な指標です。

記事の目的やブログのジャンルによって目安は異なりますが、一般的に平均エンゲージメント時間が1分未満の場合は改善が必要です。

平均エンゲージメント時間を計測し、改善することで、ブログの収益化やSEOにプラスの影響を与えることができます。

あなたもぜひこの記事を参考に、平均エンゲージメント時間の計測と改善に取り組んでみてくださいね!

ずーみー

GA4を使いこなせるようになると、ブログ運営がもっと楽しくなりますよ!

以下の記事でも、GA4を活用してブログ成功に役立てる方法について解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

1件のコメント

「平均エンゲージメント時間とは?滞在時間との違いや目安を解説!」良く分かりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です