ブログ起業セミナーをプレゼント!

WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法

ブログの成功において、Googleアナリティクス(GA4)は欠かせないツールです。

なぜなら、Googleアナリティクスを使うと、Webサイトのトラフィックや訪問者の行動を詳細に分析できるからです。

Googleアナリティクスから得たデータを分析し、ブログを改善することで、収益を最大化することができます。

しかし、初心者の方にとっては、WordPressへのGoogleアナリティクスの導入は、少し難しく感じるかもしれません。

そこでこの記事では、初心者向けに次の3つを解説します。

この記事でわかること
  • Googleアナリティクスとは?

  • WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法

  • WordPressにGoogleアナリティクスを導入する際の注意点

記事の手順通りにやれば、あなたも簡単にGoogleアナリティクスを使えるようになりますよ。

これからGoogleアナリティクスを導入する人は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ成功者を増やしたい!

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクス(GA4)は、ウェブサイトのトラフィックデータやユーザー行動を収集し、詳細な分析を行うことができる、無料のアクセス解析ツールです。

ブログ成功のためには、Googleアナリティクスで得たデータを分析し、ブログを改善することが欠かせません。

そのため、ブログ運営者は早い段階でGoogleアナリティクスを導入することが重要です。

あなたがGoogleアナリティクスを導入すると、次のようなことができます。

Googleアナリティクスでできること
  1. ユーザー行動の把握
    Googleアナリティクスを使用すると、訪問者がウェブサイト上で行ったアクションやページビュー、滞在時間などのデータを収集できます。これにより、訪問者の行動パターンや興味のあるコンテンツがわかります。
  2. トラフィックの解析
    Googleアナリティクスを使用すると、ウェブサイトへのトラフィックの情報を収集できます。どのソースから訪問者がやってきたのか、どのキーワードで検索されたのかなど、トラフィックの出どころを把握できます。
  3. コンバージョンの追跡
    Googleアナリティクスを使用すると、ウェブサイト上のコンバージョン(目標達成)の追跡が可能です。例えば、フォームの送信、商品の購入、メルマガやLINEの登録など、重要なアクションの達成度を把握できます。
  4. レポートと分析
    Googleアナリティクスは、豊富なレポートや分析機能を提供します。訪問者の行動パターン、セッションの長さ、離脱率などの指標を詳細に分析し、ウェブサイトの改善に役立てることができます。

 

WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法

WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法

では、Googleアナリティクスを使ってWordPressブログのアクセス解析を始めるには、どうすればいいのでしょうか?

その手順は、以下の4ステップです。

 

STEP1:Googleアカウントの作成

Googleアナリティクスを利用するためには、Googleアカウントが必要です。

既にGoogleアカウントを持っている人は、次のステップに進んでください。

まだGoogleアカウントを持っていない人は作成しましょう。

Googleアカウント作成ページにアクセスして、必要事項を登録してください。

Googleアカウント作成ページ
Googleアカウント作成ページ

 

STEP2:Google Analyticsアカウントの作成と設定

次に、Google Analyticsアカウントを作成します。

Googleアナリティクスの登録ページにアクセスしてください。

 

①アカウントの作成

お好きなアカウント名を、半角2~100文字で入力します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定1

アカウントのデータ共有設定はデフォルトのままで構いません。

次へのボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定2

 

②プロパティの作成

次に、プロパティを作成します。

プロパティの作成
  1. プロパティ名:お好きなプロパティ名を4~100文字で入力します。
  2. レポートのタイムゾーン:日本を選択します。
  3. 通貨:日本円を選択します。

入力と選択をしたら、次へのボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定3

 

③ビジネスの説明

次に、ビジネスについての質問に回答します。

ビジネスの説明
  1. 業種:当てはまるものを選択します。
  2. ビジネスの規模:当てはまるものを選択します。

選択したら、次へのボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定4

 

④ビジネス目標を選択

次に、ビジネスの目標を選択します。

選択したら、作成ボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定5

 

⑤利用規約に同意

利用規約の同意画面があらわれるので、同意するのボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定6

 

⑥プラットフォームの選択

次に、データ収集先のプラットフォームを選択します。

ウェブを選択します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定7

 

⑦ウェブストリームの設定

次に、ウェブストリームを設定します。

ウェブストリームの設定
  1. ウェブサイトのURL:ブログのトップページのURLを入力します。
  2. ストリーム名:お好きなストリーム名を入力します。

拡張計測機能はデフォルトのままで構いません。

入力したら、ストリームを作成のボタンを押します。

Google Analyticsアカウントの作成と設定8

 

⑧トラッキングコードの取得

次に、トラッキングコード(測定ID)を取得します。

「G-XXXX…」という文字列をコピーします。

Google Analyticsアカウントの作成と設定9

 

STEP3:ウェブサイトにトラッキングコードを追加

Googleアナリティクスのトラッキングコードをウェブサイトに追加することで、ウェブサイトのトラフィックデータやユーザー行動を収集できるようになります。

ウェブサイトにトラッキングコードを追加する方法は複数ありますが、以下の方法から1つを選んで実行します。

トラッキングコードの追加方法

  1. プラグインを使う方法
  2. WordPressテーマを使う方法
  3. Googleタグマネージャーを使う方法
  4. 手動でインストールする方法

「①プラグインを使う方法」「②WordPressテーマを使う方法」は、簡単なのでブログ初心者におすすめです。

「③Googleタグマネージャーを使う方法」は中級者向けです。

Googleアナリティクス以外のタグ(ヒートマップなど)も追加する必要がある場合や、外部リンクのクリック計測をする必要がある場合は、Googleタグマネージャーを使用しましょう。

「④手動でインストールする方法」は上級者向けなので、ここでは詳細は割愛します。

ここからは、初心者におすすめな2つの方法を解説します。

 

①プラグインを使う方法

WordPressでGoogleアナリティクスのトラッキングコードを簡単に追加する方法の1つは、プラグインを利用する方法です。

プラグインを使用することで、コーディングの知識や手作業を必要とせずに、簡単にトラッキングコードを導入することができます。

トラッキングコードを追加できるプラグインは数多く存在しますが、SEO対策用のプラグインを使うのが一般的です。

SEO対策用のプラグインは、ワードプレステーマによって推奨されるものが異なるため、ワードプレステーマの公式サイトで推奨されているプラグインを確認してください。

ここでは、人気ワードプレステーマ「SWELL」の推奨プラグインである「SEO SIMPLE PACK」を例に、トラッキングコードを追加する手順を解説します。

トラッキングコードを追加する手順
  1. WordPressの管理画面にログインします。
  2. 「プラグイン」メニューから「新規追加」を選択します。
  3. 検索バーに「SEO SIMPLE PACK」を入力し、プラグインを検索します。
  4. 検索結果から「SEO SIMPLE PACK」を見つけ、インストールします。
  5. インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。
  6. 「SEO SIMPLE PACK」の設定ページに移動し、Googleアナリティクスの設定項目を探します。
  7. 設定画面でGA4のトラッキングコード「G-XXXX…」を貼り付けます。
  8. 設定を保存して、プラグインの変更を反映させます。
SEO SIMPLE PACKの設定画面
SEO SIMPLE PACKの設定画面

 

②WordPressテーマを使う方法

有料のWordPressテーマの中には、Googleアナリティクスのトラッキングコードを簡単に追加できるものがあります。

ここでは、当ブログで使用しているワードプレステーマ「STORK19」を例に、トラッキングコードを追加する手順を解説します。

トラッキングコードを追加する手順
  1. カスタマイズ画面を開きます。通常はWordPressの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」を選択します。
  2. カスタマイズ画面には、テーマごとに異なるセクションが表示されます。Googleアナリティクスのトラッキングコードを追加するためのセクションを探します。STORK19の場合は、「アクセス解析コード・headタグ」の中の「Google Analyticsタグ」というセクションです。
  3. GA4のトラッキングコード「G-XXXX…」を貼り付けます。
  4. 設定を保存するために「公開」ボタンを押します。
STORK19のカスタマイズ画面
STORK19のカスタマイズ画面

 

STEP4:データの収集を確認

Googleアナリティクスのトラッキングコードを設定したら、データの収集が正常に行われているかを確認しましょう。

Googleアナリティクスでデータが収集できているかを確認する方法は以下です。

データの収集を確認する方法
  1. Googleアナリティクスの管理画面にログインします。
  2. 左側のナビゲーションメニューから「レポート」→「リアルタイム」を選択します。
  3. 「リアルタイム」では、現在のウェブサイトのリアルタイムのデータが表示されます。訪問者数、アクティブなページビュー、地域の分布などを確認することができます。
  4. ウェブサイトに自分自身でアクセスすることで、リアルタイムのデータが更新されることを確認します。自身のアクセスが表示される場合、GA4のトラッキングコードが正しく設置され、データの収集ができていることを意味します。

 

トラッキングコードの複数設置に注意しよう

トラッキングコードの複数設置に注意しよう

WordPressにGoogleアナリティクスを導入する際に、トラッキングコードを複数設置しないように注意しましょう。

なぜなら、同じトラッキングコードを重複して設置すると、Googleアナリティクスで正確な計測ができなくなるからです。

WordPressでは、プラグインやWordPressテーマなど、複数の箇所でトラッキングコードを設置することができます。

しかし、誤って同じトラッキングコードを複数の場所に設置してしまうと、データの重複計測や不正確な結果が生じる可能性があります。

たとえば、1つのブログに2つのトラッキングコードを設置した場合、ページビュー数が実際の2倍で計測されたり、直帰率が異常に低い値(0%近く)になったりすることがあります。

このような問題を避けるために、1つのブログにつき、トラッキングコードを設置するのは1箇所だけにしましょう。

 

まとめ

今回は、WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法や注意点を解説しました。

ブログ成功のためには、Googleアナリティクスで得たデータを分析し、ブログを改善することが欠かせません。

あなたもぜひこの記事を参考に、ブログにGoogleアナリティクスを導入してみてください!

ずーみー

以下の記事では、Googleアナリティクスで計測すべき代表的な指標について解説しています。

Googleアナリティクスを使いこなしたい人は、ぜひチェックしてみてください!

1件のコメント

「WordPressでGoogleアナリティクスを連携・設定する方法」良く分かりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です