100万円の起業セミナーを買って親に大反対された話

100万円の起業セミナーを買って親に大反対された話

加藤将太さんの100万円の起業セミナーに入ることを決意した

2016年8月ごろの話です。

当時の僕は、起業1年目で、電子書籍を使ったマーケティングが、やっとうまくいきはじめたところでした。

事業を加速させるには知識が足りない。

そう感じた僕は、経営コンサルタントの加藤将太さんのスクールに入ることを決意しました。

値段は100万円。

当然、気安くポンと払える金額ではありません。

でも、僕は、この投資には、絶対に失敗しない自信がありました。

なぜなら、その半年以上前から加藤さんの別の教材で学んでいたので、ここで知識に100万円投資すれば、その先に何百万・何千万以上のリターンがあることがわかっていたのです。

しっかり者の妻を説得するのには、1ヶ月かかりました。

僕と妻は、子供を寝かしつけたあと、毎晩話し合いました。

手書きのプレゼン資料を20枚以上作成した僕は、なぜ100万円の講座を買う必要があるのかを、何度も何度もくりかえし説明しました。

その熱意が伝わり、最終的に、妻は白旗をあげました。

 

両親から「詐欺じゃないか?」と心配された

ところが・・・

やっかいだったのは、僕の両親です。

僕はうっかり、100万円の起業セミナーを買ったことを、両親に話してしまったのです。

すると、あきれた父は、こう言いました。

ずーみー父
詐欺じゃないか?

本当に儲かる方法だったら、人に教えるはずがないだろう。

悲しいことに、母もまったく同意見でした。

両親は僕に、講座を解約して、100万円を取り返すように迫ってきました。

30過ぎの息子が決断したことを、ここまでけちょんけちょんに否定されるとは思いませんでした。

僕は、両親の提案を、丁重にお断りしました。

そして、それ以降、両親の前では、起業セミナーの話を一切しないことに決めたのです。

 

なぜ父は起業セミナーを詐欺だと思ったのか?

この件で僕が一番ひっかかったのは、父の、「本当に儲かる方法だったら、人に教えるはずがないだろう」という言葉です。

これは、典型的な、「競争マインド」と呼ばれるものです。

競争マインドに支配されている人たちには、世界はひとつの「パイ」に見えています。

世界中の人々はひとつのパイを奪い合い、競争に勝った者だけがそれを独占できます。

一方、敗者は何も得ることができません。

そういう世界観では、敗者は、努力をしなかった対価として、低賃金や低学歴を「自己責任」で受け入れなくてはいけません。

さらに、勝者が敗者に手をさしのべるのは、「ルール違反」です。

なぜなら、敗者は努力をしなかった「罰」を受けなければいけないからです。

だから、「儲かる方法を人に教える」という起業セミナーは、競争マインドを持つ父にとって、意味不明で詐欺的なものに見えたのでしょう。

僕の父は、大企業で何十年も働いてきた、バリバリのサラリーマンです。

激しい出世争いもあったのだと思います。

だから、父が競争マインドになってしまったのは、仕方のないことだったのかも知れません。

 

価値とは、奪い合うものではなく、作り出すもの

一方、僕が目指す「起業家」とは、本来、「創造マインド」を持つ人たちのことです。

創造マインドを持つ人たちには、「パイ」は無限に増殖していくものに見えます。

創造マインドを持つ人たちにとって、価値は奪い合うものではなく、作り出すものです。

作ればいいのだから、価値は永遠になくなりません。

そんな創造マインドを持っていたから、ビル・ゲイツはパソコンを作り、スティーブ・ジョブズはiPhoneを作り、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジはGoogle検索エンジンを作りました。

そこからどれほどの価値が生まれ、今も増殖しているかは、あなたもご存知のとおりです。

価値は作り出していくものだと信じる人にとって、価値は無限に増殖していきます。

一方、価値は奪い合うものだと信じる人にとって、価値は奪い合うことでしか手に入りません。

僕は、競争マインドと創造マインドだったら、迷うことなく「創造マインド」を支持します。

価値とは、奪い合うものではなく、作り出すものです。

僕は、もっともっとビジネスの実力をつけて、いつか父に、それを証明します。

 

追記(※2019年5月)

その後、僕は、加藤将太さんのスクールで猛勉強し、起業で結果を出しました。

月収100万円を超えたあたりから、父は僕に、何も口出ししてこなくなりました。

「価値とは、奪い合うものではなく、作り出すものだ」と証明できたとはまだ思っていませんが、いつか証明できるように頑張っています。

なお、現在の僕の事業内容については、次の記事をお読みください。

ずーみーのプロフィールと理念

ずーみーのプロフィールと理念

2017-05-13

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

7 件のコメント

  • 初めましてビリオネアといいます。(笑笑)今回起業センス47でウエゥブ試験1回目で15点でした。正直ショックでした!気を引き締めて2回目のウエゥブ試験では何と50点とれました!^_^嬉しくてとりあえず叫びました!(笑笑)
    ズーミーさんのメルマガを読んで加藤さんの頭脳をフル回転して理解するよりもズーミーさんのメルマガの内容を理解することが少しでも確率が高いのではないかと思い読み続けました!すいません。有り難う御座いました。これからも学び続けることが少しでも成功に役に立つと思いました。これからも生涯学び続けることを心に決めていきます。

    • ビリオネアさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      ウェブ試験合格おめでとうございます^^
      お役に立てて嬉しいです。
      これからも学習を頑張ってください!

  • ずーみーさん、こんにちは。haleと申します。
    いつもずーみーさんのブログで研究しています!
    現在PM登録前なのですが、夫に次世代セミナーのことを話し、参加したいと伝えたらやんわりと反対されました…。
    「誰が学長なのか、代表講師はどういう人なのか、どんなことを教えているのか」を話した後、「月で払うとこのくらい、一括で払うとこんだけ。月で払ってもこれ以上は請求されない」と続けました。
    夫が引っ掛かっているのはキャンペーンと謳い「一括で」大金を払わせようとしているところです。最終的な額が決まっているところも気になっているようでした。(抑えてはいたのですが、私が一括で払うと安くなる、破格なの!という思いが伝わってしまったようです。)
    しっかり者の奥さまを1ヶ月かけて説得されたとの事ですが、ずーみーさんは何が決め手だったと思いますか?やはり熱意でしょうか?
    参考にさせていただきたいので、教えていただけると嬉しいです。

    • haleさん、こんにちは!
      メッセージいただきありがとうございます。
      僕の場合の決め手は、PM入会後の計画をしっかりプレゼンしたことだと思います。
      また、PMに入会した場合の2年後の状態や収入と、PMに入会しなかった場合の2年後の状態や収入を比較した表を作りました。
      妻はその表を見て、「PMに入会した方が良い」と納得し、応援してくれるようになりました。
      誰かを説得するときは、「理想の未来の状態」を共有して、「そのためにどうすればいいか?」という話をするのがコツです。
      旦那様が賛成してくれるといいですね。
      頑張ってください!

      • ずーみーさん、お返事ありがとうございます^^
        理想の未来の共有はすっぽかしてました…(゚o゚;;
        こういう説得にも「戦略ピラミッド」とか、「仮説思考」とか、使えそうですね。
        勉強したことをアウトプットするつもりで説得頑張ります!

  • こんにちは。
    ずーみーさんは大変な思いをして次世代起業家セミナーに参加されたのですね。
    一括100万円は大きな金額です。ご両親に反対され、奥様の説得にかけた時間と気力を考えると、
    私なら諦めたかもしれません。強い信念があるからこそ今のずーみーさんがあるのですね。

    • takafumiさん、こんにちは!
      メッセージをいただきありがとうございます。
      強い信念というよりは、論理的に考えるとPMに入らないという選択肢がなかったので、入ったという感じですね。
      「起業で困る人を助けたい!」という現在の信念が生まれたのは、ブログを企画した段階でしたが、
      ブログで読者さんと対話するようになってから、それがより強固になったと思います。
      ご参考になれば幸いです。

  • hale にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA