ブログ起業セミナーをプレゼント!

起業したいけどアイデアがないと悩むあなたへ。ネタを思いつく2つのコツとは?

起業したいけどアイデアがないと悩むあなたへ
ずーみー

こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「いつか起業したいけど、アイデアやネタが思い浮かばない・・・」

あなたはそう悩んでいませんか?

ほとんどの起業初心者は、これからお話しする2つのコツを知りません。

そのため、イマイチなアイデアで起業して、高い確率で苦労したり失敗したりします。

あなたはそうならないように、ぜひこの記事で、成功する起業アイデアの出し方や思いつき方を学んでください!

起業アイデアがない人でもネタを思いつく2つの方法

成功する起業アイデアの出し方とは、次の2つです。

成功する起業アイデアを思いつく2つのコツ

  1. 成功した起業家を模倣しろ!
  2. 過去の自分を客にしろ!

出典:次世代起業家育成セミナー

これら2つのコツさえ押さえておけば、「起業したいけどアイデアがない」「ネタがない」という人でも、成功する起業アイデアを必ず思いつくことができますよ。

それぞれくわしくお話ししましょう。

 

コツ①:成功した起業家を模倣しろ!

起業アイデアの出し方1:成功した起業家を模倣しろ!
成功する起業家は魚がいる場所に釣り糸を垂らす

ひとつ目のコツは、「成功した起業家のアイデアを徹底的にマネすること」です。

ビジネス業界では、この手法を「TTP」(=徹底的にパクるの略)と呼んだりします。

あるアイデアで誰かが成功したということは、そこに市場があるということです。

市場がある場所に行けば、初心者でも比較的楽にビジネスで成功できます。

たとえば、釣りを想像してください。

たくさん魚を釣る人は、釣りのスキルを持っているのはもちろんですが、そもそも「魚がたくさんいる場所」に釣り糸を垂らしています。

成功する起業家もそれと同じです。

成功する起業家は、魚がたくさんいる場所に釣り糸を垂らしているから成功しているのです。

つまり、あなたも同じ場所に釣り糸を垂らせば、魚を釣れる可能性はかなり高まります!

反対に、起業初心者がよくやる失敗は、まったく市場のない(=お客さんのいない)分野で、独自の斬新なアイデアで起業してしまうことです。

たとえば、僕は2015年に「終活ビデオ」という斬新なアイデアを思いついて起業しましたが、終活ビデオには市場がなかったため、1円もお金を稼ぐことができませんでした。

その後、僕は先行事例を研究して、ありふれた「ブログビジネス」に参入しました。

その結果、僕は1年後に月収230万円を達成しました。

なぜ僕が短期間で稼げるようになったかというと、「ブログ」という市場性のあるビジネスで成功している人を徹底的にマネしたからです。

このように、成功した起業家のアイデアを徹底的にマネすることが、成功の近道なのです。

起業家の成功例を見つける方法とは?

あなたがマネする対象の起業家を見つけるためには、情報収拾が大切です。

たとえば、スマホアプリの「SmartNews」をダウンロードして、経済・ビジネス系のタブをオンにしておくと、日本や海外の最新の起業成功情報が入ってきます。

また、起業系のオンラインコミュニティに入って情報収拾するのもおすすめです。

たとえば、僕が所属する日本最大級のオンラインビジネススクール「次世代起業家・経営者アカデミー」には3000人以上が参加しており、最新の成功例が日々蓄積されています。

参加者は起業アイデアを思いついたら講師に相談できたりもするので安心です。

期間限定でオンラインセミナーの無料体験もできますので、気になる人は公式HPをのぞいてみてください。

⇒ 【公式】次世代起業家・経営者アカデミー

 

コツ②:過去の自分を客にしろ!

起業アイデアの出し方2:過去の自分を客にしろ!
過去の自分の悩みは起業アイデアの宝庫

ふたつ目のコツは、多くの人が見落としがちな視点です。

その視点とは、「過去の自分を客にする」ということです。

あなたには過去に、何かで非常に困った経験や、長時間かけて問題解決した経験はありませんか?

そういう経験が、誰でもひとつはあると思うのですが、あなたが【過去の困った自分】を相手に商売を始めれば、成功する可能性は高いです。

過去の自分の悩みは、起業アイデアの宝庫ですので、まずは幼少期から順番に、悩んでいたことを紙に書き出してみましょう。

実際に、僕のまわりだと、過去の自分を客にした次のような起業例があります。

過去の自分を客にした例
  • 太っていたことで悩んでいた女性:ダイエットのオンラインコーチ
  • お金がなくて困っていた主婦:在宅ワークの成功方法を紹介するブログ運営
  • 吃音の悩みを克服した男性:吃音改善プログラムを紹介するブログ運営
  • 大学受験で苦労して浪人した男性:受験指導のオンラインコミュニティ

ビジネスで成功する鉄則は、誰かの悩みを解決することです。

「過去の自分を客にする」という視点で思いついた起業アイデアは、悩み解決に直結するので、成功確率が高くなりやすいのが特長です。

また、お客さんが過去の自分と同じ悩みを持っている人になるので、ビジネスに対して「やりがい」や「情熱」を感じやすくなるのも特長です。

ちなみに、当ブログの場合は、「起業のやり方がわからなくて困っていた過去の自分」を相手に、初心者がスムーズに起業で成功する方法を教えています。

その結果、当ブログは、同じ悩みを持つ読者さんのハートを掴んで人気ブログになり、1年後に月収230万円という大きな成果を達成できたのです。

なお、次の記事で、起業初心者向けの勉強法を紹介しているので、ぜひ読んでみてください!

起業成功率はたった6%!?多くの起業家が失敗する一番の理由とは?

 

起業成功において本当に大事なのはアイデアではない

起業成功において本当に大事なのはアイデアではない

ここまでは、成功する起業アイデアの見つけ方を解説してきました。

ただし、ここで注意点ですが、起業成功において本当に大事なのは、アイデアではありません。

よく、誰も思いついたことのないアイデアや、斬新でトガったアイデアじゃないと起業で成功できないと思っている人がいますが、それは間違いです。

アイデア自体は平凡じゃないと、特に起業初心者は高確率で失敗します。

なぜなら、誰も思いついたことのない斬新な起業アイデアには、市場が伴っていないことが多いため、お客さんに認知してもらうまでに莫大なお金(=広告費)や時間がかかるからです。

広告費をドカンとかけられる大企業なら、斬新な起業アイデアを採用しても大丈夫ですが、個人でビジネスを始める人はやめておいた方が無難です。

では、起業成功において、アイデアより大事なものは何か?

それは、セールスやマーケティングのスキルです。

起業アイデアは平凡でいいので、セールスやマーケティングのスキルで勝負しましょう。

反対に、セールスやマーケティングのスキルがない人が、いくら良い起業アイデアを思いついたとしても、高確率で成功できないので注意してください。

あなたは今、セールスやマーケティングの勉強をちゃんとしていますか?

次の記事で、僕が起業して一番勉強になった無料のビジネス教材を紹介しています。

セールスやマーケティングのスキルに自信がない人は、ぜひ一度チェックしてみてください!

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

 

▼この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチッと押してくれると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

43件のコメント

ずーみーさんをttpするつもりで頑張ります^ ^
過去の自分を客にする、まさにそれだ!と思いました。

ももさん、こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。
ぜひ僕をTTPしてください^^

まず、セールスやマーケティングのスキルを身につけることですね。
この記事の感想欄にある、ずーみーさんからの返信に記載されていたリンクから飛べる別記事も、とってもためになりました!

律さん、こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。
コメント欄も隅々までお読みいただいているのですね。すごい!
引き続き学習を頑張ってください!

ずーみーさん、こんばんは!
ブログの全体像も文章構成も、ずーみーさんが「モデリング」の対象です。しかし、申し訳なくて「TTP」までは難しい。「RP or HM」(=理念をパクル/本質をマネル)させていただきます。
「過去の自分」の分析は、自分自身を客にするためだけでなく、将来の「なりたい自分」の明確化のためにもやっていきたいと思います。
今回もどうもありがとうございました。

押金さん、こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。
「RP or HM」良いですね。笑(DAIGOみたい…)
引き続き学習を頑張ってください!

ずーみーさん、こんにちは。

私はまさに「オリジナルで斬新なものでないと」と思っていたクチです( ̄▽ ̄;)
しかし、ずーみーさんのブログやサロン、オススメの加藤さんのセミナー動画で学ぶうち、自分の考えは間違っていた!と気づきました。

今では、「やってやろうじゃないの!TPP!」と前向きな気持ちでライバル研究をしています。
売れている人をうらやむだけでは、何の成長もないですもんね。

「真似るなんて…」と思いがちですけど、実際に写経やってると、お手本の書き手の思考や知識が頭に入り込んでくる感覚がしました。
自分でもその思考や知識を使いこなせるようになれば、それはもうパクリではないと思います!

ずーみー先生
魔女の宅急便確かにそうでした。ニシンのパイを雨の中届けてましたよね。
私は過去に確かに困った事がありました。そこから広げてみます

こんにちは!

成功する起業アイディアを思いつく2つのコツは、
・成功した起業家を模範する
・過去の自分を客にする

起業しようとした時、何か他とは違う斬新なアイディアを探してしまいそうですが、それは間違いということが分かりました。
今後は、この2つのコツをしっかり実践していこうと思います!

過去の自分をターゲットにする、という考えは
今までしてきませんでした。

私としては斬新なデザインです。

やってみます。

ひとつひとつのコメントに返事があるのは
このサイトぐらいです。

ずーみーさんの返事は楽しみです。

ずーみーさん、こんにちは!
「成功している起業家の模倣をする」ことと、
「過去の自分を客にする」ことで、
起業アイデアが浮かびそうです。
ありがとうございます。

こんばんは。
一つの学び
<過去の困った自分>という言葉が印象的でした。

また、アキクボさんの感想も勉強になりました
自分のやりたいではなく、過去の自分に対して、自分に出来ること、を教えるのがやりやすいと思いました。

ずーみーさん、こんにちは!
次世代の教材の中にも、沢山の事例があるので
モデリングには困らないですね。
もちろん、ずーみーさんもモデリングの対象です。
よろしくお願いします。

こんにちは。
モデリングという言葉にたいし、例えとして
魚がとても良く釣れるところに釣り糸をたらせば
マネして自分もそこに釣り糸をたらせば釣れる可能性が高くなる。

(モデリング→釣れる場所に釣り糸をたらす。)

すぐにイメージが付く様に自分は子供であるように
泥臭く覚える。

過去の自分を客にしろ→人生で一番困った事

ノートに書く。

起業アイデアがない人も大丈夫!
ネタを思いつく2つのコツとは?の感想
・成功した起業家の模倣をしろ!
・過去の自分を客にする
上記、2点について、ブログ記事を書くネタとなります。
ネタの提供をありがとうございます。

自分が困ったことはいろいろありますが、それをどうやって使っていけばよいのか悩んでしまいます。
難しいです。

今まで沢山の成功者と言われる方々に憧れて来ましたが
加藤さんと、ずーみーさんは、僕が伴走して頂いている感覚でいます。
過去の自分を振り返ったら、沢山悩んで解決して来ました。
過去の自分をお客様にする思考は目に鱗でした。
ありがとうございます。

過去の自分は困った経験が多く、その時に参考になる情報があれば簡単に解決できたと思います。しかし今から解決策を公開しても利用する人数を予測できません。少なすぎて意味が無いように思います。
しかし「哲学教室」の記事を見ると可能性ゼロに見えるテーマを選択しても十分に考えれば成立することを示しています。
現在の私は何かをしたくても思考力に欠け開始できない段階にいると思います。

ずーみさん、こんにちは。学ん事は

成功者を模倣する、、、徹底的にマネする。

徹底的にマネするという言葉が私にはピンときました。
いつも、マネをしようとか、成功者の側にいる事が大事

だと聞きますが!徹底的にが今迄になかった言葉かもしれません!(私だけかも、、)

過去の自分を客にしろ!
困った事、人生の悩みがネタになる。

勉強なりました。

モデリングの大切さを改めて気づかされます。未知の領域になればなるほど、我流ではどうしても限界がでてしまいます。
僕自身何が実績を残せた時って誰かの真似をひたすらしてた時ばっかりです。今も参考にしている人を追いかけて真似してます。

返信遅くなって申し訳ありません。
本当に悩んで…
真似をすること。
過去の自分を対象にする。
ヒントをいただいてありがとうございます。

ずーみーさん、こんばんは。

記事を読ませていただきました。

・成功者の模倣をする
・過去の自分を客にする

特に過去の自分を客にする、というのが印象に残りました。
僕も過去色々悩んできて、工夫して前進した分野もありますので、
その経験、身についた知識が誰かの役に立つという視点でビジネスに活かしていきます。

ありがとうございました。

やっと少しずつ写経を始めました。まだまだダイビング練習になりがちなので、しっかりと価値観9を意識しながらやき、成功者のモデリングをしていこうと思います。過去の自分が悩んだ事なら具体的にもかけるし、これからどんどん掘り下げて書こうと思います。

ずーみーさん、こんばんは。
成功した起業家の真似をする。
過去の自分を客にする。
なるほどと思いました。具体的な例はまだ出てこないのですが、このヒントを大切にしたいと思います。ありがとうございました。

ずーみーさん、「過去の自分を客にしろ」すごく納得できました。
加藤さんもセミナーで「ウォンツ」が何かを考えることが重要と言っていましたね。自分が困っているときに、どうしてほしいか。なるほどなー、と思いました。
困ってることって、絶対ネットで調べますもんね。
起業の参考にさせて頂きます!

PS
ずーみーさんのブログのおかげで、先日ウェブ試験に一発合格することができました!
仕事と育児で、とにかく自分の時間がない!長時間動画を見ることも出来ず(泣)
①子どもの寝かしつけをしながら、イヤホンでセミナーの音声を聞く。(寝かしつけしながら、自分も寝落ちしなくなるので一石二鳥(笑))

②板書きと、書き起こしPDFを読む

③ずーみーさんのブログを隅々読む

①は、体力のある日だけ( ´;゚;∀;゚;)
②③は、試験前の1日だけ、徹底的にやりました。
なので、ほぼ一夜漬けなのですが_(^^;)ゞ

あと、ずーみーさんのメルマガで読んだ、スタバで勉強されたAさんの体験談も参考になりました!「加藤さんだったらこんな事言わないだろうな」ってとこです。
問題を読みながら、そこはかなり意識しながら解くようにしました。あと、ずーみーさんのブログを試験直前まで見てまして、試験に出た箇所もたくさんブログで紹介されていたので、そこも大きかったです!
要点が大変分かりやすくまとめられていたので、セミナーを毎日聞けなかった私でも、理解できたのだと思います。

試験に合格できたことで、自分の自信につながりました!ありがとうございます!
これからもメルマガ&ブログ楽しみにしています。

成功者の模倣をするというのは本業の仕事でも意識しているので再認識したという感じでしたが、過去の自分を客にするという発想は思いもしなかったです。
過去の悩みや苦労を乗り越えた過程をノウハウ化してしまえばいいんですね。
よくよく考えれば全ての人が超一流なわけではないので、今の自分でも伝えられることはたくさんあるかもと思えました!

・ずーみーさん。こんばんは。

2つのコツ。
加藤さんも仰っていた成功者(上手な人)を模範(パクる・完コピ)する事。それは、自分よりも上手な人だから、真似れば上手くなる。
それと、これも加藤さんも仰っていた「お客さんの変わりに自分が困って下さい。」最初は理解出来なかったのが、このブログで「過去の自分を客にしろ!」これは「お客さんの変わりに自分が困って下さい。」=「過去の自分を客にしろ!」と考えると点と点が繋がった感覚になりました。ありがとうございました。

成功した事業家を模倣する、加藤さんもおっしゃっていましたよね。
そこに自分の能力がついていかないんじゃないかと躊躇したのを覚えています。
でも、過去の自分を顧客とすることについてすごく腑に落ちました。
過去の自分の悩みも解決の糸口も目的も、自分のものだから引き出しやすいですよね。
相手の求める見えない答えに翻弄されるよりも、考える手法として、取り組みやすい気がします‼️
ありがとうございます‼️

「過去の自分を客にする」ですね。なるほど!

過去の自分が客なら熱く語れますよね。

あつもりさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
ぜひ「過去の自分を客にする」を実践してみてくださいね^^

過去の自分を客にしろ!というのはすごく納得できました。私は今の自分にコンプレックがたくさんあるので、そのコンプレックスや悩みを武器に記事を書いていこうと思いました。
あと成功者の真似をする!真似したら、同じような感じになってしまうから、真似をせずに、オリジナリティを出した方がいいと思っていました。
オリジナリティを出すのは、成功者の真似をしながら基礎を固めた後なんだとわかりました。

月森 有希乃さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
ご参考になったようで良かったです^^

自分のやりたいではなく、過去の自分に対して、自分に出来ること、を教えるのがやりやすいと思いました。

その後、別のことをやるならそのジャンルの勉強をし、
過去の勉強する前の自分に向けてやるのが良いと思いました。

アキクボさん、こんにちは!
アキクボさんには、わからないことがあれば勉強しよう、というマインドがあって、非常に良いですね。
そのマインドがあれば、何をやっても成功すると思います。
引き続き頑張ってください!

こんばんは。
成功した起業家の真似をするのは最善の方法だと思います。
私の場合はその存在があまりにも大きすぎて、真似をする前に挫折しそうです。
なので過去の自分を客にすることが唯一の方法かもしれませんね。
ヒントをありがとうございます。

takafumiさん、こんにちは!
たしかに、あまりにもすごい人を真似しようとすると、挫折の危険性がありますね。
そういうときは、自分の1歩前を走っている人を真似してみてください。
そうすれば、挫折の危険性がなくなります。
ひきつづき、頑張ってください!

ずーみーさん、いつもありがとうございます!

この記事のコメントの小林さんと同じく、
僕も起業するときに「何か新しいものをやらなければならない」
もしくは「新しいことをアドバイスしなければならない」という
思い込みがあることに気づけました。

自身を振り返ってみても、

うまくいっていたときは、
うまくいっている人の模倣がきちんとできていたとき

だなぁと改めて気づきました。

何か特別な新しいことをするのではなく、
釣り人が釣り糸を垂らして沢山の魚を釣れていることに
しっかり手を出していこうと感じました。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

さとぼうさん、こんにちは!
気付きがあったようでよかったです。
うまくいっている人をしっかりモデリングしていってくださいね^^

学んだこと
①成功した起業家を模倣する
②過去の自分を客にする

まずは、模倣したくなる成功者を見つけたいと思います。
そして、過去の自分はどんなことに困っていたか、書き出して考えを整理しようと思います。

ありがとうございました。

成功した起業家のビジネスを「真似する」というのは、とても意外な視点でした。

私のような初心者が、ビジネスで成功しようと考えた場合、誰もやっていない、ライバルがいない、自分にしか思い付かないアイデアが必要、と考えてしまいます。

しかし、それではかなり成功への確率が低くなってしまう、ということなんですね。

私の場合、ブログアフィリエイトで成功したいと思っています。
今までは、他人のサイトを見てしまうと、どうしても真似してしまうので、あまり見過ぎないようにしよう、という意識がありました。

しかし、じつは逆だったんですね。。

これからは、グーグルで上位表示されている、明らかに稼いでいるいるサイトをよく見て、そのノウハウをどんどん自分のものにするつもりで、研究してみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME

ずーみー
早大→テレビディレクター→会社をクビになり映像制作で起業。現在はブログ起業コンサルタントとして活動中。2018年からブロガー向けサロン『ずーみースクール』主宰。100人に1PVあたり10円以上の高単価ブログの作り方を教えてます。少ないアクセス数のブログで収益化するのが得意。3児の父。