儲かる社長になるには働くな!暇な社長ほどお金持ちになる理由とは?

儲かる社長になるには働くな!暇な社長ほどお金持ちになる理由とは?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「社長は働いてはいけない」

そう聞くと、あなたはどう思うでしょうか?

そんなバカな、と思うかもしれませんね。

でも、本当に、社長は決して働いてはいけないんです。

今回は、経営者が働いてはいけない理由や、暇な社長ほどお金持ちになる原理を解説します。

暇な社長ほどお金持ちになる原理とは?

「社長は働いてはいけない」と聞いて、あなたは不思議に思うかもしれません。

なぜなら、日本では、労働は美徳とされているからです。

ところが、実際は、儲かっている会社の社長ほど暇そうにしています。

そういう社長の趣味は、読書や勉強です。

会社は部下に任せていても安心なので、大事な用がある時以外、あまり出社しません。

むしろ、出社すると社員へのプレッシャーになるため、なるべく外にいるようにしています。

たとえば、僕のビジネスの師匠である経営コンサルタントの加藤将太さんは、1日の経営時間がたった3時間なのだそうです。(それ以外の時間は読書などの勉強)

そんな加藤さんがどれくらい儲かっているかというと、1日3時間経営かつ社員2人の会社で、年商6億円を達成しています。

・・・すごいですよね(^^;

一方、儲かっていない会社の社長は、社員と一緒に額に汗して働いています。

そういう社長の口癖は、「忙しい」です。

毎日忙しく働いているのに関わらず、会社は赤字続き。

社内は長時間労働やサービス残業がはびこっています。

社長には、なぜ経営が改善しないのかがわかりません。

そして、その原因は不況のせいだと思い込んでいます。

こういう社長は、きっとあなたの周りにも、たくさんいるのではないでしょうか。

では、両者の「違いを生み出す違い」とは、いったい何なのでしょう?

その違いとは、「仕組み」を所有しているか、「仕組み」の中で働いているかの違いです。

 

儲かる社長になるには「仕組み」を所有しろ!

儲かる社長になるには「仕組み」を所有しろ!

出典:amazon

あなたがこれから儲かる社長になるためには、「仕組み」を所有しなければいけません。

仕組みとは、簡単にいうと、100円入れたら自動的に101円出てくる「箱」のことです。

仕組み

100円 ⇒ 箱 ⇒ 101円

出典:次世代起業家育成セミナー

儲かる社長は、「箱」の外側にいて、仕組みを上手にコントロールしています。

経営に詳しい人なら、KSFKPI分析という言葉を聞いたことがあるでしょう。

「箱」をコントロールするというのは、事業のKSF(Key Success Factor=いちばん大切な要素のこと)を見つけ出して、改善していくことです。

儲かる社長は、仕組みをどんどん改善していき、100円入れたら200円、300円出てくる「箱」を作りあげます。

一方、多くの社長たち(特に個人事業主やフリーランス)は、「箱」の中にいます。

彼らは「全部自分がやらなきゃ」と思っているので、「箱」の中で社員レベルの労働を行います。

彼らには、根本的に、「仕組みをコントロールする」という発想がありません。

そのため、いつまでも仕組みを改善することができず、会社はずっと儲からないままです。

儲からない社長は仕組みの中にいる

儲からない社長は仕組みの中にいる (出典:amazon

 

社長が仕組みの中にいると、新しい仕組みを作れない

社長が仕組みの中にいるデメリットは、仕組みを改善できないこと以外に、もうひとつあります。

それは、新しい仕組みを作れないことです。

儲かる社長は、暇な時間を使って勉強しています。

何のために勉強するかというと、新しい仕組みを準備するためです。

現代の起業家は、「サーファー」と同じです。

今は平均事業寿命が3〜7年と短いので、過去の大企業のように、ひとつの事業だけで何十年も生き残ることはできません。

そのため、次の図のように、事業から事業へと波乗りしていくのが、現代の起業家に求められる必須スキルです。

暇な社長は事業ライフサイクルを波乗りする

新しい事業に波乗りするには準備が必要なので、社長の勉強時間は、とても大切です。

ですから、社長には、社員と同じ労働をしている暇なんてありません。

社長は、仕組みの外側で、社長にしかできない「仕組みづくり」や「勉強」をするべきなのです。

 

【ドーナツ理論】社長はドーナツの中心にいるべきだ!

儲かる社長は、仕組みの中心にいよう

出典:amazon

さて、ここまでは、色々な書籍で語られる「よくある社長論」でした。

ここからは、ずーみーのオリジナル理論です。

「社長は仕組みの外にいるべきだ」という意見について、頭では理解できるのですが、僕は以前から違和感がありました。

だって、会社の中心人物は社長なのに、仕組みの外側にいるのはおかしいと思いませんか?

従来の社長論を図式化すると、こうなります。

従来の社長論

 

このように、円の外側に社長がいるのが、従来の社長論でした。

でも、やっぱり、これではしっくりこない気がします。

そこで、僕が考案したのが、「ドーナツ理論」です。

社長はドーナツの中心にいるべきだ、というのが「ドーナツ理論」です。

「ドーナツ理論」を図式化すると、以下のようになります。

 

ドーナツ理論

 

ドーナツは、仕組み(=会社)をあらわしています。

ドーナツ理論における社長のポジションは、ドーナツの中心です。

これなら、社長が仕組みの中心に居ながら、同時に仕組みの外側に居ることができます。

僕がこの着想を得たのは、次の事業のために、宗教学言語学を勉強していたのがきっかけです。

宗教学では、ドーナツの中心のことを、「神」と呼んだり「父」と呼んだりします。

言語学では、ドーナツの中心のことを、「象徴界」と呼びます。

つまり、社長とは、会社の「神」であり「父」であり「象徴」でもあるのです。

あるべき社長像は、ドーナツの中心です。

だから、あなたも儲かる社長になるために、仕組みの外側で勉強しながらドーナツを食べよう!

なんちゃって。笑

ちなみに、儲かる社長になりたい人向けの無料教材を、1日3時間経営の加藤将太さんが出しています。

興味がある人は、ぜひチェックしてください。

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

加藤将太の次世代起業家育成セミナーを徹底レビュー!【無料】

2017-08-04

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

7 件のコメント

  • ずーみーさんこんばんは
    社長は仕組みの外(ドーナツの中)にいる、は
    とてもわかりやすかったです。
    今の私は仕組みの中で流されているので外に出るようにしないといけませんね。
    もっと勉強したくなりました。

  • ドーナツ理論に納得しました。
    社長や組織が示す方向性に社員が迷わずに向かっていければ、組織の外にトップがいることはできるのでしょうが、トップと組織に人が100%同じ方向を向くことは人の資質上難しいのでは、と思いながら読んでいたので、ドーナツ理論にすごく納得しました。
    トップがいる方向に求心力が働きながら、組織が常に変化するイメージと一致した感じがします。
    ずーみーさんありがとうございました‼️

  • ズーミーさんこんにちは
    ドーナツを例えての解説が分かりやすいですね。あと、社長は会社の神であり父であり象徴と言うのも面白いです。
    加藤さんの仕組に対しての講義は具体的でビジネスを成功させるための必勝なのですね。
    ズーミーさんのメールもしっかり見て着いて行きます。

  • ドーナツ理論がなるほどと思いました。

    仕組みの外にいながら中心にいる。仕組みに入らずとも、仕組みの真ん中で全方位見渡せる考え方ですね。

    私はまだ仕組みを持ってません。というか、持っているのかどうかの現状把握が出来てません。
    まずは自分の身の回りの状況を把握して、既にある仕組みはより高品質に改善しつつ、新たな仕組みを作って行きます。

    • 籠菜央さん、こんにちは!
      いつもコメントいただきありがとうございます^^
      ドーナツ理論に「なるほど」と思っていただきうれしいです。
      ご参考になったようでよかったです。

  • 社長が、仕組みの外側で傍観者になってはいけない、ということですね。

    仕組みの中に入らないまでも、仕組みの中心にはいる存在。

    確かに、この考え方の方がしっくりしますね。社長は仕組みの象徴、やっぱり社長には憧れます。^^

    サーファーのような、波乗り人生、やってみたいですね。
    次から次へと、新しい事業を勉強して、新たな波に乗っていく。

    大変だけども、ワクワク感のある人生ですよね。

    やっぱり早く、脱サラしたい。。

    そのためにやることは1つ、一にも二にも、勉強ですね!

    • コメントありがとうございます!

      記事にも書きましたが、社長とは仕組みを所有する存在です。
      そして、小林さんがこれからやることとは、仕組みを作ることです。
      トレンドブログもひとつの仕組みです。
      外注化したいなら、マニュアルを完成させて、確実に利益を出せる仕組みを作る。
      そういう仕組みを複数所有できるようになればいいですね。
      波乗りできるレベルになるには、年単位の時間がかかると思いますが、引き続き頑張っていきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA