趣味を仕事にしたい!ハンドメイドで起業成功するには?

趣味を仕事にしたい!ハンドメイドで起業成功するには?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「趣味を仕事にしたい」「趣味や特技で起業したい」という人はとても多いです。

でも、趣味や特技で起業して、本当に食べていけるのでしょうか?

今回は具体例として、趣味のハンドメイドで起業成功したい人のお悩みに回答します。

▼ずーみーも学んだ起業セミナー▼
次世代起業家育成セミナー

お悩み:趣味のハンドメイドで起業するのは無謀ですか?

趣味のハンドメイドで起業したいです。

今はインターネット通販の会社で事務職をするかたわら、趣味でハンドメイド作品を作っています。

最近は、知人からオーダーをいただくことが多くなり、結構稼げるようになったので、「これを仕事にしたい!」という思いが日に日に強くなってきました。

でも、趣味をネタに起業するのは無謀でしょうか?

 

趣味や特技で起業して成功するための条件とは?

まず、趣味や特技で起業するのは無謀かどうかについてですが、決して無謀ではありません。

ただし、あなたが趣味や特技で起業して成功するためには、ひとつだけ条件があります。

その条件とは、【ビジネスの勉強をしていること】です。

起業した人のうち、95%が5年以内に廃業するといわれますが、その最大の原因は、大半の人がビジネスの勉強をせずに起業するからです。

・・・冗談のように聞こえるかもしれませんが、本当です(^^;

実は僕も、特技である「映像制作」で起業しましたが、過去に大失敗したことがあります。

なぜ大失敗したかというと、ビジネスの勉強をまったくせずに起業したので、サービスがまったく売れなかった(というか、売る方法がわからなかった)のです。

僕のように、趣味や特技で起業する人の多くは、「何かを作ること」が非常に得意です。

けれども、「何かを売ること」に関しては、まったく無関心であることがほとんどです。

そのため、せっかく作った高品質な商品が売れず、廃業するケースがとても多いです。

あなたがこれからハンドメイドで起業するなら、そうならないように気をつけてください。

特に大切なのは、起業する前に、「セールス」の方法を学ぶことです。

次の記事で、初心者向けのビジネスの勉強法を解説しています。

実際に、僕が映像制作で月収50万円稼げるようになった勉強法ですので、あなたもかならず参考になるはずです。

起業するには何から始めればいいの?短期間で成功した起業家の6つの共通点を徹底解説!

起業するには何から始めればいいの?短期間で成功した起業家の6つの共通点を徹底解説!

2019-06-06

 

副業レベルで稼げていれば、起業成功は近い

ところで、今回の質問者さんの場合は、起業で成功できる可能性がかなり高いです。

なぜなら、すでに副業レベルで結構稼げているからです。

どんなサービスでも一番大変なのは、0を1にするときです。

0を1にできれば、1を10にするのは、もっと簡単です。

今回の質問者さんは、すでに0を1にできているので、成功は比較的近いです。

 

脱サラ起業の2条件

それから、今回の質問者さんのように脱サラ起業したい人は、かならず次の2条件を整えてから脱サラしてください。

脱サラ起業の2条件

  1. 生活費を含めた支出<見込み粗利
  2. 見ず知らずの人に商品を販売できる状態になる

 

生活費を含めた支出<見込み粗利

見込み粗利とは、副業を専業にしたときに得られるであろう利益のことです。

たとえば、週2日の副業で月6万円稼げるなら、週7日の専業で月21万円稼げます。

この見込み粗利を、生活費を含めた支出が上回らなければ、脱サラ起業してもOKです。

なぜなら、見込み粗利よりも生活費を含めた支出の方が大きくなると、貯金を食いつぶす状態になり、精神衛生上よくないからです。

たとえば、僕は、映像制作で起業したときに、数ヵ月間も収入0でした。

そのため、貯金がみるみる減っていき、大変な思いをしたことがあります。

当時の話は、次の記事でくわしくご紹介しています。

起業初心者は要注意!僕が起業失敗した3つの理由とは?

起業初心者は要注意!僕が起業失敗した3つの理由とは?

2017-08-10

 

見ず知らずの人に商品を販売できる状態になる

次に、「見ず知らずの人に商品を販売できる状態になる」をマスターすると、相当安心です。

たとえば、ハンドメイドで商品を販売する手段としては、「A:メルカリなどのプラットフォーム」か、「B:自前のブログ・ネットショップ」の2つが考えられます。

Aは当然利用するとして、できればBで何らかの芽を出してから脱サラしましょう。

何らかの芽とは、お客さんから問い合わせが発生したり、ブログでファンが付くことです。

もちろん、最初はメルカリに頼っていいと思いますが、そういったプラットフォームは手数料がかかります。

手数料は、将来的に事業を拡大する際のボトルネックになります。

つまり、メルカリだけに頼っていては、大きく稼げないということですね。

ですから、脱サラ起業する前に、自前のメディア(ブログやネットショップ)を育てて、販売できる状態にしておくのがベストです。

なお、当ブログでは、ブログを使って商品販売する方法を、いろいろ解説しています。

趣味や特技の起業にブログを組み込みたい人は、ぜひ次の記事を読んでくださいね^^

月10万円以上稼ぐブログを作る方法とは?【要ブックマーク!】

月10万円以上稼ぐブログを作る方法とは?【要ブックマーク!】

2019-03-02

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

2 件のコメント

  • 引き続きコメントをさせていただきます。

    何度か申し上げているかもしれませんが、将来的には、というと目標設定の原則から外れるので、3年以内には起業をするつもりで、今はインプットをしています。

    書かれている通り、ビジネスの基本となるのは集客であり、それをきちんとやらずして、起業しても失敗するのは確実ですものね。

    であればこそ、今、リアルビジネス系よりもネットビジネス系に傾斜して自分の立ち位置を認識した上で、ネット集客の方法をきちんと実践レベルにまで落としこめるようにしたいと思っています。

    その中で、どの部分は自動化・外注化するのか、といったシステムを構築するのが基本となるので、そもそも、「何で」システムを作っていくのか?という点を追求しないといけないと思っています。
    ある程度自分のことを考えたときに、自分の強みとなり、発信できるレベルにあるものが何であるのかをきちんと認識し、体系化するようにしないといけないな、と思っています。

    「発信するもの」さえ決まれば、シリウスを買い、HPを作り、メルマガのシステム化をして、動き出したいと思っています。

    • コメントありがとうございます!

      誤解があったかもしれないので補足すると、ビジネスの基本は集客よりも「販売」です。
      (次世代起業家育成セミナーの加藤将太さんも同意見のはず)
      けれど、ほとんどの起業家(アフィリエイター含む)は集客さえすればなんとかなると思っています。
      違うんですよ!
      販売ができないと、せっかく集客しても意味ないですから!(>_< )

      たとえによく使われるのは、穴の空いたバケツです。
      販売できないブログにいくら集客しても、穴の空いたバケツから水がこぼれるように、お客さんは逃げていってしまいます。

      だから、順番としては、
      ①販売能力(コピーライティング)を身につける
      ②集客を頑張る
      が正しいです。

      また、発信するものの見つけ方については、このブログでいくつか解説しているので読んでみてください!
      『起業アイデアに困ったら「過去の自分」を客にしろ!』
      『人生でやりたいことが見つからないあなたへ【ミッションの見つけ方】』

      「3年以内に起業をするつもり」とのこと。
      かっしーさんはちゃんと年単位で努力する覚悟があるようなので、必ず成功すると思います!
      応援しています!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA