月間検索ボリュームの小さいキーワードを狙うメリットとは?

月間検索ボリュームの小さいキーワードを狙うメリットとは?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

当ブログでは、「弱小ブログのうちや、SEO初心者のうちは、月間検索ボリュームが1000以下のキーワードで記事を書こう」というノウハウを推奨しています。

月間検索ボリュームとは、そのキーワードが月にどれくらい検索されて、何回クリックされるかを示す数値のことです。

このノウハウについて、当ブログでおなじみの副業アフィリエイター・Kさんから、ご質問をいただきました。

ご質問:月間検索ボリュームについて教えてください

ずーみーさんの記事の中で、弱小ブログであれば、月間検索ボリュームが数十〜数百ぐらいのキーワードを狙ったほうが良い、とありました。

これだと1日あたり10回ぐらいの検索数になると思います。

かなり小さいアクセスになってしまうように思いますが、この辺りを狙うことが大事ということでしょうか?

ここの理解が不十分なので、ご教授頂ければと思います。(by Kさん)

 

検索ボリュームの小さいキーワードを狙うメリットとは?

ご質問いただきありがとうございます。

このノウハウは、「ブログに1日100アクセスもないよ~」という超初心者向けのノウハウです。

ですから、月に何十万アクセスも集めたいKさんのような人向けのノウハウではありません。

Kさんのようにアドセンスでガンガン稼ぎたい人は、月間検索ボリュームが1000以上のキーワードだけを狙って記事を書きましょう。

しかし、月間検索ボリュームが小さいキーワードを狙うのにも、実は大きなメリットがあります。

そのメリットとは、ライバルがひしめく市場で戦わないので、検索流入数が安定することです。

月間検索ボリュームが大きいキーワードを狙う場合、ライバルがたくさんいるので、コンテンツを常に上位表示させるのが大変です。

検索順位が1位から2位に下がると、アクセスは半減しますから、ブログ全体の検索流入数はなかなか安定しません。

検索順位が下がる原因は、ライバルの強さだったり、Googleのルール変更だったり色々です。

つい最近も、「健康アップデート」というGoogleのルール変更がありました。

そういうのは、自分ではコントロールできないというのも、たいへん難しい問題です。

一方、月間検索ボリュームが小さいキーワードを狙う場合、ライバルはほとんどいないので、コンテンツを比較的楽に上位表示させられます。

さらに、ずーみーのように「無理して上位表示を狙わない」という戦略をとれば、アクセスのアップダウンがなくなるので、ブログ全体の検索流入数が安定します。

無理して上位表示を狙わないと、ライバルの強さやGoogleのルール変更もほとんど関係なくなるので、精神的にとても楽ですよ。

「でも、その戦略だと、ほとんどアクセスを集められないから、お金を稼げないんじゃ?」と思うかもしれませんが、ご心配なく。

当ブログの1PVあたり単価は10円以上なので、少ないアクセス数でも稼ぐことが可能です。

詳しくは、『0から始めるブログ起業セミナー』という2.5時間のセミナー映像で解説しているので、少ないアクセス数で稼ぐ方法を知りたい人は、ぜひ視聴してくださいね^^

0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

【期間限定】0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

2018-10-13

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA