SEO初心者が狙うべき月間検索ボリュームの目安とは?

SEO初心者が狙うべき月間検索ボリュームの目安とは?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「SEO初心者が狙うべき月間検索ボリュームはどれくらいですか?」

ある初心者ブロガーさんから、そんなご質問をいただきました。

月間検索ボリューム(=月間検索数)とは、あるキーワードが月にどれくらい検索されて、何回クリックされるかを示す数値のことです。

今回は、月間検索ボリュームの調べ方や、SEO初心者がどれくらいの月間検索ボリュームのキーワードを狙うべきかの目安を解説します。

月間検索ボリュームの調べ方とは?

まずはじめに、月間検索ボリュームの調べ方を解説します。

月間検索ボリュームを調べるときは、次の3サイトのどれかを使いましょう。

月間検索ボリュームを調べるサイト

  • キーワード検索数チェックツール
  • Ubersuggest
  • キーワードプランナー

 

キーワード検索数チェックツール

僕が一番よく使うのは、キーワード検索数チェックツールです。

このサイトに、調べたいSEOキーワードを打ち込むと、Yahoo! JAPANとGoogleにおける月間推定検索数が表示されます。

たとえば、「ブログ SEO」というキーワードを打ち込むと、Yahoo! JAPANが576、Googleが528という結果が出ました。

 

Ubersuggest

最近登場したUbersuggestというサイトも、非常におすすめです。

このサイトに、調べたいSEOキーワードを打ち込むと、月間検索ボリュームだけでなく、SEO難易度も表示されます。

たとえば、さきほどと同じ「ブログ SEO」というキーワードを打ち込むと、検索ボリュームが590、SEO難易度が20(易)という結果が出ました。

ちなみに、初心者は、SEO難易度30以下のキーワードを狙うのがいいでしょう。

Ubersuggest

出典:Ubersuggest

 

キーワードプランナー

上記2つ以外だと、キーワードプランナーというGoogleのサービスも有名です。

けれども、キーワードプランナーの無料版では、100~1000、1000~1万、1万~10万などの、ざっくりとした月間検索ボリュームしかわからないという欠点があります。

たとえば、さきほどと同じ「ブログ SEO」というキーワードを打ち込むと、月間平均検索ボリュームが100〜1000という結果が出ました。

う〜ん、ちょっと物足りないですよね^^;

ただし、キーワード検索数チェックツールやUbersuggestだとうまく調べられないジャンルもあるので、そういう場合はキーワードプランナーを使いましょう。

 

SEO初心者が狙うべき月間検索ボリュームの目安は?

では、SEO初心者は、一体どれくらいの月間検索ボリュームを狙えばいいのでしょうか?

おすすめは、月間検索ボリューム100くらいの2~3語キーワードです。

こういうキーワードは、ライバルが少ないのでSEO難易度が低く、初心者でも上位表示させやすいのが特長です。

ですから、まずはこういうキーワードで記事を書いて、SEOの経験を積みましょう。

ただし、アドセンスでバリバリ稼ぎたい人は、いつまでも月間検索ボリューム100のキーワードで記事を書いていてはいけません。

アドセンスで本気で稼ぎたい人は、SEOに慣れてきたら、月間検索ボリューム1000以上のキーワードで記事を書きましょう。

そうしないと、永遠に「月間100万PV」などのブログは作れません。

一方、月間検索ボリューム100の弱小キーワードで記事を書き続けても大丈夫な人もいます。

それは、「高単価ブログ」を書いている人たちです。

高単価ブログとは?メリット・デメリットを徹底解説!

高単価ブログとは?メリット・デメリットを徹底解説!

2019-07-03

 

高単価ブログの場合は月間検索ボリューム100でOK

高単価ブログとは、1PVあたり10円以上のブログのことです。

一般的なアドセンスブログが1PVあたり0.3~0.5円なのに比べて、高単価ブログは、かなり収益性が高いのが特長です。

あなたが高単価ブログを作ると、アクセスを大量に集めなくても稼げるため、月間検索ボリューム10〜100くらいの小さなキーワードのみを狙ってもOKです。

たとえば、当ブログは、月間検索ボリュームの小さなキーワードのみを狙って、月間2万PVほどですが、月に100万円前後の収益が発生しています。

また、月間検索ボリュームの小さなキーワードを狙うと、検索流入数が安定するというメリットもあります。

なぜ検索流入数が安定するかというと、ライバルが少ないからです。

反対に、月間検索ボリュームの大きなキーワードを狙う場合、ライバルがたくさんいます。

そういうキーワードでは、常に検索上位表示させるのが、とても大変です。

検索順位が1位から2位に下がると、アクセスは半減するといわれるので、ブログ全体の検索流入数は、なかなか安定しません。

また、月間検索ボリュームの大きなキーワードは、Googleのアップデートの影響を受けやすいというデメリットもあります。

つい最近も、Googleのコアアルゴリズムのアップデートがありました。

【2019年3月】Googleアルゴリズムのアップデートに、個人ブロガーはどう立ち向かうべきか?

【2019年3月】Googleアルゴリズムのアップデートに、個人ブロガーはどう立ち向かうべきか?

2019-03-16

Googleのアップデートをくらうと、ブログのアクセスが激減してしまいます。

ですから、これからのブロガーには、Googleのアップデートの影響をなるべく受けないような「ブログ作り」や「キーワード選定」が必要だと、僕は考えます。

 

まとめ

以上が、SEO初心者が狙うべき月間検索ボリュームの目安についての解説でした。

なお、「高単価ブログ」の作り方を僕が解説した『0から始めるブログ起業セミナー』という2.5時間のセミナー映像があります。

期間限定で無料プレゼントしていますので、よろしければ、ぜひ視聴してくださいね^^

0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

【期間限定】0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

2018-10-13

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

5 件のコメント

  • 勉強になりました。
    ずーみーさんのブログでは月100万円程の収益があるとのことですが、スゴイです。
    1日10リストくらいのハウスリストを得られているのでしょうか?

    リスト単価3000円を叩き出すようなビジネスモデルなんですかね。。。
    ずーみーさんを目標に頑張ります。

  • こんにちは。
    私は初心者なので月間検索ボリュームは全く考えずにブログを作っていました。
    無料プレゼントも拝見させていただきます。
    勉強になります。ありがとうございました。

    • たかしさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      ご参考になったようで嬉しいです。
      セミナー動画も、ぜひ視聴してみてくださいね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA