ブログ起業セミナーをプレゼント!

キーワードの検索数(検索ボリューム)の調べ方!無料ツールや調べるコツを解説

検索ボリュームの調べ方
ブログ初心者

キーワードの検索数を調べるにはどうすればいいの?

無料でできる調べ方やコツが知りたい!

キーワードの検索数(検索ボリューム)を調べて、適切なキーワードを選ぶことは、SEO対策において重要です。

この記事では初心者向けに、以下の4つを解説します。

あなたがこの記事を読むと、無料ツールを駆使して、競争が少なく需要の多いキーワードを見つけるための具体的な方法がわかります。

SEO集客の成功を目指す人は、ぜひ参考にしてみてください!

以下の4つのうち、間違ったことを述べている選択肢を1つ選んでください。

  1. 検索ボリュームが10000以上のビッグキーワードは、競争が激しいため、初心者は避けるべきだ。
  2. 検索ボリュームが1000以下のスモールキーワードは、初心者に適している。
  3. 検索ボリュームが100以下のキーワードでも、競合性が高く上位表示が難しい場合がある。
  4. ブログのテーマと関連性がないキーワードでも、競合性が低く検索ボリュームが大きい場合は積極的に狙うべきだ。

※正解はこの記事の最後で発表します!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ起業セミナーをプレゼント!

検索数(検索ボリューム)とは?

検索数(検索ボリューム)とは?

検索数(検索ボリューム)とは、特定のキーワードがGoogleやYahoo!などの検索エンジンで1ヶ月に何回検索されたかを示す数値です。

たとえば、1ヶ月に500回検索されたキーワードの検索ボリュームは「500」となります。

 

検索ボリュームを調べるのが重要な理由

キーワードの検索ボリュームを調べることは、SEO対策の成功において非常に重要です。

なぜなら、検索ボリュームを調査することで、特定のキーワードにどれだけの需要があるかを把握できるからです。

たとえば、月間検索ボリュームがゼロのキーワードは、ユーザーのニーズがほとんどないことを示しています。

そのようなキーワードを選んで、SEO対策を行なった記事を作成しても、検索エンジンからアクセスを集めることは難しいでしょう。

一方で、月間検索ボリュームが5万や10万のキーワードは、読者のニーズはありますが、そのキーワードを狙う競合も増えるため、上位表示が難しくなる傾向があります。

検索ボリュームを調査し、自身のブログに最適なキーワードを選定することが、SEO対策の成功において鍵となります。

 

検索ボリュームの調べ方

月間検索ボリュームの調べ方

検索数(検索ボリューム)の調査には、有料/無料のツールを使います。

有料ツールの代表例としてはAhrefs(エイチレフス)が挙げられますが、これは企業のSEO担当者向けに設計されており、料金が高額です。

資金に余裕のない個人ブロガーにとっては、以下の無料ツールがおすすめです。

ここからは、各ツールの使い方や特徴について解説します。

 

無料ツール①:Ubersuggest

無料ツール1:Ubersuggest
Ubersuggest

無料ツールの中でも僕の一番のおすすめは、Ubersuggest(ウーバーサジェスト)です。

Ubersuggestでは、キーワードの検索ボリュームやSEO難易度、関連キーワード、競合サイトのドメインランクや流入キーワード、被リンクなどのデータを調査できます。

Ubersugesstには、サイト版とGoogle Chromeの拡張機能版があります。

Ubersugesstのサイト版では、検索窓に調べたいキーワードを入力すると、検索ボリュームやSEO難易度を表示してくれますが、無料版は1日に3回までしか利用できません。

Ubersugesstのサイト版
Ubersugesstのサイト版

一方、UbersuggestのGoogle Chromeの拡張機能版は、無料で1日に40回まで利用できるため、個人ブロガーに非常におすすめです。

Google Chromeのウェブストアで、Ubersuggestの拡張機能を追加し、有効化しましょう。

この拡張機能を有効化すると、特定のキーワードでGoogle検索をする際に、検索ボリュームやSEO難易度、検索数の推移などを同時に表示してくれます。(※以下の画像参照)

Ubersuggestの拡張機能版
Ubersuggestの拡張機能版
ずーみー

SEO対策の成功を目指す人は、Google Chromeに必ずUbersuggestの拡張機能を導入するようにしましょう!

 

無料ツール②:Googleキーワードプランナー

無料ツール2:Googleキーワードプランナー
Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供する無料のキーワード調査ツールです。

キーワードプランナーを使うと、特定のキーワードの検索ボリュームや関連キーワードを、回数制限なしで簡単に調査できます。

キーワードプランナーを無料で利用するためには、はじめにGoogle広告のアカウントを作成する必要があります。

Google広告のアカウントにログインし、ツールにアクセスしてキーワードを入力すると、検索ボリュームや関連キーワードのデータをまとめて表示してくれます。(※以下の画像参照)

キーワードプランナーの使用例
キーワードプランナーの使用例

キーワードプランナーの欠点は、無料(Googleに広告を出稿していない状態)だと、ざっくりした検索ボリュームしか出せないことです。

たとえば、「100〜1000」や「1000〜1万」のような大雑把な数値が表示されます。

もっと正確な数字を把握したい場合は、先ほど紹介したUbersuggestか、後ほど紹介するGetKeywordネコノテツールを使うのがおすすめです。

また、センシティブなキーワードについては、検索ボリュームを調べても表示してくれない場合があるため、注意が必要です。

 

無料ツール③:aramakijake.jp(アラマキジャケ)

無料ツール3:aramakijake.jp(アラマキジャケ)
aramakijake.jp(アラマキジャケ)

aramakijake.jp(アラマキジャケ)は、キーワードの検索ボリュームやアクセス数の予測データを、回数制限なく調査できる無料ツールです。

使い方は簡単で、アラマキジャケにアクセスし、検索窓にキーワードを入力するだけです。

アラマキジャケの特徴は、Yahoo! JAPANとGoogleの検索ボリュームを同時に表示することです。(※以下の画像参照)

アラマキジャケの使用例
アラマキジャケの使用例

ただし、アラマキジャケで表示される検索ボリュームの数値は、他のツールに比べるとやや正確さに欠けるという欠点があります。

正確な数値を把握したい場合は、UbersuggestGetKeywordネコノテツールを使うのがおすすめです。

また、他のツールに比べて、検索ボリュームを調べても出てこない場合が多いのも、アラマキジャケの欠点です。

ずーみー

アラマキジャケは、ブログ初心者の頃はよく使っていましたが、最近は全く使っていません^^;

 

無料ツール④:GetKeyword

無料ツール4:GetKeyword
GetKeyword

GetKeywordは、キーワードの検索ボリュームや競合性、関連キーワード、読者像などを調査することができるツールです。

使い方は簡単で、GetKeywordにアクセスし、検索窓にキーワードを入力するだけです。

調べたいキーワードの検索ボリュームだけでなく、サジェストキーワードの各種データまで一気に取得できるのが、GetKeywordの特徴です。(※以下の画像参照)

GetKeywordの使用例
GetKeywordの使用例

ただし、GetKeywordは、無料だと月40回までしか利用できないという制限があります。

検索ボリュームの調査のために、ツールをもっとたくさん利用したい場合は、Ubersuggestネコノテツールを使うのがおすすめです。

ずーみー

GetKeywordは、1つのキーワードを深掘りするのに向いているツールです。

ブログ記事を執筆する段階で、1つのキーワードを深く調査するために使用するのがおすすめです。

 

無料ツール⑤:ネコノテツール

無料ツール5:ネコノテツール
ネコノテツール

ネコノテツールは、キーワードの検索ボリュームを回数制限なく調査できるツールです。

ネコノテツールのデータはGoogleキーワードプランナーを参照しており、キーワードプランナーで大雑把な数値しか出せずに困っている人は、このツールを使うのがおすすめです。

使い方は簡単で、ネコノテツールにアクセスし、検索窓にキーワードを入力するだけです。

また、一度に最大20個のキーワードを調査できるのも、ネコノテツールの特徴です。(※以下の画像参照)

ネコノテツールの使用例
ネコノテツールの使用例

ただし、ネコノテツールでは、SEOの競合性や関連キーワードは調査できません。

SEOの競合性や関連キーワードまで調査したい場合は、UbersuggestGetKeywordを使うのがおすすめです。

ずーみー

ネコノテツールは、検索ボリュームの調査だけに特化したツールです。

 

初心者が狙うべき検索ボリュームの目安

初心者が狙うべき検索ボリュームの目安

ブログ初心者は、どれくらいの検索ボリュームを狙うべきなのでしょうか?

目安としては、月間検索数1000以下のスモールキーワードを狙うのがおすすめです。

以下に、月間検索数ごとの考え方を示します。

月間検索数ごとの考え方
  1. 10000以上(ビッグキーワード)
    競争が激しく、初心者には難しいため、避けるか、将来の目標として考えましょう。
  2. 1000〜10000(ミドルキーワード)
    競争は激しいですが、初心者でも取り組める範囲です。ただし、ブログのドメインパワーが上がらないと、検索上位表示は難しいかもしれません。
  3. 100〜1000(スモールキーワード)
    競争は比較的緩やかで、初心者に適しています。
  4. 100以下(超スモールキーワード)
    競争は穏やかで、初心者に適しています。特にブログを開始したばかりの人は、検索ボリューム100以下のキーワードでSEOの成功体験を積むのがおすすめです。

なお、SEO対策で狙う検索ボリュームの目安については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

検索ボリュームの目安

 

キーワード選定を行う際の注意点

キーワード選定を行う際の注意点

キーワード選定を行う上で検索ボリュームは重要ですが、検索ボリュームだけを基準にすると失敗する可能性があります。

初心者が特に注意すべきポイントは、以下の3つです。

 

注意点①:SEOの競合性を考慮すること

ブログ初心者に検索ボリューム1000以下のキーワードがおすすめなのは、一般的に競争が激しくないからですが、競争が激しい場合もあります。

そのため、キーワード選定を行う際には、SEOの競合性を考慮することが重要です。

SEOの競合性は、UbersuggestGetKeywordで調べることができます。

たとえば、UbersuggestではSD(SEO Difficulty)という項目でSEOの競合性が表示されます。(※以下の画像参照)

UbersuggestのSD
UbersuggestのSD

目安としては、SD30未満は競合が弱く、30〜40は普通、40以上は競合が強いです。

ブログ初心者は、SD30未満で検索ボリュームがなるべく大きいキーワードを探すことで、競争が少なく需要の多いキーワードを見つけることができます。

また、ツール上の数字だけでなく、実際の検索結果を目で見て確認することも重要です。

なぜなら、検索上位に企業サイトばかりがひしめくキーワードは、個人ブログでは太刀打ちできない可能性が高いからです。

実際の検索結果を見て、上位に個人ブログが存在するかどうかを確認しましょう。

 

注意点②:ブログのテーマに合ったキーワードを選ぶこと

キーワードを選ぶ際には、検索ボリュームだけでなく、ブログのテーマとの関連性も考慮することが重要です。

なぜなら、現在のGoogleはブログのテーマ性をとても重視しているからです。

たとえば、転職をテーマにしたブログで育児に関連するキーワードで記事を書いても、ブログのテーマから外れているため、検索上位表示は難しいでしょう。

また、ブログのテーマから外れたキーワードばかりで記事を書くと、ブログのテーマ性が薄れるため、Googleの評価が下がる可能性があります。

キーワード選定の際には、ブログのテーマに合ったキーワードを選ぶことを心がけましょう。

 

注意点③:ターゲットが検索しそうなキーワードを選ぶこと

アフィリエイト初心者がやりがちな失敗として、ターゲットと無関係なキーワードで記事を作成してしまうことが挙げられます。

たとえば、転職サービスをアフィリエイトするブログでは、転職に関心を持つ読者を集める必要があります。

しかし、検索ボリュームだけを基準にすると、「育児グッズ 神」(検索Vol.1600、SD24)のようなキーワードを選んでしまうかもしれません。

そのようなキーワードを選ぶと、売りたい商品に関心のない読者が集まってしまうため、アフィリエイトの成功が難しくなります。

キーワード選定の際には、ターゲットが実際に検索しそうなキーワードを選ぶことが重要です。

ずーみー

キーワード選定のやり方やコツをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

ブログのキーワード選定

 

最後に

今回は、検索数(検索ボリューム)の調査方法や目安、注意点について解説しました。

ブログ初心者は、月間検索数が1000以下のスモールキーワードを狙うのがおすすめです。

今回紹介した無料ツールを使えば、競争が少なく需要の多いキーワードを見つけることができるので、あなたもぜひ挑戦してみてくださいね。

ただし、現在は数年前に比べてSEOの難易度が高まっており、「SEO対策を頑張ってPV数を増やして成功する」という従来のブロガーの戦略は通用しにくくなっています。

これからのブロガーが成功するための戦略については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブログ成功を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください!

月10万円ブログで稼ぐ方法

 

間違った内容の選択肢は「④」です。現在のGoogleはブログのテーマ性を重視しており、テーマから外れたキーワードで記事を書くと、検索順位が上がりにくい傾向があります。(⇒問題文はこちら

23件のコメント

とても参考になりました。
何度でも復習したいです!

月間検索ボリュームを増やすため、SEO対策は欠かさず行いたいと思いました。
特にボリューム数を調べられる無料ツール3つはブログを立ち上げる際に取り入れて、実際使用したいです。
また、初心者が狙う月間検索ボリューム数は0~1000までということが分かりました。
1000以上を狙う場合の対策法も参考になり、今回も学びが多かったです。
ありがとうございました!

月間検索ボリュームを調べる意味、調べ方、記事を書くにあたりどこが狙い目かといったことなど、丁寧にご説明いただき感謝です。大変分かりやすかったです。

キーワードボリュームごとにライバルの強さが違うという考え方も面白かったです。

また冒頭で『検索ボリュームが0のキーワードは、読者のニーズがまったくない』とあったので、『書きたい記事の月間検索ボリュームがゼロのキーワードだったらやめたほうが良いのかな?』とも思ったのですが、 『月間検索ボリュームがゼロのキーワードでも記事を書くべきかとよく質問されますが、書くべき理由や必要性があるなら書くべき』と言及されていますね。助かりました。

「トピッククラスターモデル」といった手法も興味深い内容でした。ブログ作りが面白くなりますね。

初心者が狙う月間ボリューム数など、目指す指標が数字で具体性があるのでとてもわかりやすいです。ありがとうございます!
まずは0~100のボリュームでキーワード選定を行い、結果を出したいと思います。

3つの無料ツールを使って月間ボリューム数の調べ方、初心者が狙う月間ボリューム数、「トピッククラスターモデル」手法などめちゃくちゃ勉強になりました。

最初は要領を得ないかもしれませんが、ブログを書き始めたら3つのツールを使ってSEO対策をしていきたいと思います。
まずは慣れることを意識して、使いこなせるように頑張ります!

世の中には便利なツールがたくさんあるのですね。
教えてくださりありがとうございます。

伊織史純さん、こんにちは!
先日はコメントをいただきありがとうございました。
ご参考になったようで嬉しいです^^

それぞれのツールと数字の意味が理解できました。
3つのツールを使いこなして、まずは超スモールワードから狙っていきます!

aiaiさん、こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。
3つのSEOツールを使いこなして、SEO集客で結果を出してくださいね!

検索する際も3社をうまく使いこなしてみたいと思います。
月間検索ボリュームやSEO対策など沢山学びがありました。

レゾンママさん、こんばんは!
コメントをいただきありがとうございます。
ご参考になったようで嬉しいです!

こんにちは。ブログの戦略の情報をありがとうございます。アドセンスだけではだめなことがわかりました。参考にさせていただきます。

こんばんは、月間検索ボリューム100〜1000の2〜3語キーワードですね。
2~3語の検索キーワード選定は意識してたので、ここは良しですね。
次に、月間検索数0〜100のキーワードを積極的に狙う!ありがとうございます。
ここで、検索上位に入る感覚をつかむのですね。
とても参考になりました。

ずーみーさん、こんにちは。
競合が強くなってきているんですね?
いつも詳しくありがとうございました。

こんにちは、コメント失礼します。
アドセンスブログやっていますが、検索ボリューム調べて書いていませんでした・・・
そして最近、アフィリエイトブログにも興味を持っていたところでした。
勉強になりました、ありがとうございます。

キーワード検索数チェックツールに、自分が住んでいる都市名を入力しました。1位のアクセス数は2位の4倍です。
Googleで検索すると1位と2位は概念が異なるので比較することが無意味です。

私が書きたいテーマで検索したら、ボリュームがゼロでした。誰も気にしないテーマだと思いました。
Googleで検索しても何も出て来ません。当然参考にする記事も有りません。
自分でブログを作る時に備え、検索ボリュームを見ながら再検討します。

ただ闇雲に書くのではなく、検索ボリュームを調べて書くことが
アクセスのある記事になるのだと理解しました

勉強になりました。
ずーみーさんのブログでは月100万円程の収益があるとのことですが、スゴイです。
1日10リストくらいのハウスリストを得られているのでしょうか?

リスト単価3000円を叩き出すようなビジネスモデルなんですかね。。。
ずーみーさんを目標に頑張ります。

こんにちは。
闇雲に量産するのではなく、
目標値を持つことは大切ですね。
ありがとうございます!

トムマンクスさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
ご参考になったようでうれしいです^^

こんにちは。
私は初心者なので月間検索ボリュームは全く考えずにブログを作っていました。
無料プレゼントも拝見させていただきます。
勉強になります。ありがとうございました。

たかしさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
ご参考になったようで嬉しいです。
セミナー動画も、ぜひ視聴してみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です