ブログ起業セミナーをプレゼント!

検索ボリューム100以下を狙っても大丈夫?SEO対策に最適な検索数の目安を解説!

検索ボリュームの目安
ブログ運営者

SEO対策に最適な検索ボリュームの目安はどれくらいなんだろう?

100以下のキーワードを狙っても大丈夫なのかな?

ブログのSEO対策の成功には、検索ボリュームを考慮したキーワード選定が不可欠ですが、具体的にどれくらいの検索ボリュームのキーワードを選ぶべきかでお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、以下の2つを解説します。

この記事でわかること
  • 月間検索数ごとのキーワードの性質
  • SEO対策で狙う検索ボリュームの目安

SEO対策の成功を目指す人は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ成功者を増やしたい!

月間検索数ごとのキーワードの性質

月間検索数ごとのキーワードの性質

SEO対策において最適な検索ボリュームの目安を理解するには、検索ボリュームの大きさごとのキーワードの性質を理解することが重要です。

ここからは、月間検索数ごとのキーワードの性質について解説していきます。

 

月間検索数10000以上(ビッグキーワード)

月間検索数が10000以上のキーワードは「ビッグキーワード」と呼ばれ、ユーザーの需要が高く、競争が非常に激しいのが特徴です。

ビッグキーワードで上位表示を取れると大きなアクセスが見込めますが、検索上位はドメインパワーの強い企業の公式サイトや大手Webメディアで占められていることがほとんどです。

ビッグキーワードで上位表示を獲得するには、コンテンツの質だけでなく、ドメインの強さや包括的なコンテンツ戦略が求められます。

ビッグキーワードのSEOの難易度は非常に高いため、個人ブログでは避けるか、将来の目標として考えましょう。

また、ビッグキーワードは、主に「英会話」や「婚活」といった1語キーワード(単一キーワード)で構成されています。

単一キーワードは、ユーザーの検索ニーズが細分化されていないため、単一キーワードでアクセスを獲得できても、アフィリエイトの成約には結びつきにくいという特徴があります。

 

月間検索数1000〜10000(ミドルキーワード)

月間検索数が1000〜10000のキーワードは「ミドルキーワード」と呼ばれ、ユーザーの需要がある程度高く、競争も激しいのが特徴です。

ミドルキーワードのSEOの難易度は高めですが、ブログ初心者でも取り組める範囲です。

また、ミドルキーワードは、主に「英会話 独学」や「婚活 40代」といった2語キーワード(複合キーワード)で構成されています。

複合キーワードでは、具体的な検索意図を持ったユーザーを集客できるため、アフィリエイトの成約に結びつけやすいというメリットがあります。

ずーみー

たとえば、「英会話 独学」で検索するユーザーには英会話教材を紹介することで、アフィリエイトの成約に結びつけることができます!

 

月間検索数100〜1000(スモールキーワード)

月間検索数が100〜1000のキーワードは「スモールキーワード」と呼ばれ、需要はあまり多くなく、競争もそれほど激しくないのが特徴です。

企業サイトはスモールキーワードまでは手を出さないことが多く、SEOの難易度はあまり高くないため、ブログ初心者におすすめです。

また、スモールキーワードは、主に「英会話 独学 おすすめ」や「婚活 40代 男性」といった3語キーワードで構成されています。

3語キーワードは、2語キーワードよりも具体的な検索意図を持ったユーザーを集客できるため、アフィリエイトの成約に結びつけやすいというメリットがあります。

 

月間検索数100以下(超スモールキーワード)

月間検索数が100以下のキーワードに一般的な名称はありませんが、僕は「超スモールキーワード」と呼んでいます。

超スモールキーワードの需要は少なく、競争も激しくないのが特徴です。

SEOの難易度は低いため、ブログ初心者は、超スモールキーワードでSEOの成功体験を積むのがおすすめです。

そして、超スモールキーワードでSEO対策に慣れてきたら、スモールキーワードやミドルキーワードに挑戦するようにしましょう。

また、超スモールキーワードは、「英会話 独学 おすすめ 教材」や「婚活 40代 男性 バツイチ」のように長いフレーズで構成されることが多いのも特徴です。

このようなキーワードは、ユーザーの検索意図が非常に具体的であるため、購買意欲が高いユーザーを獲得しやすく、アフィリエイトの成約にも結びつきやすいという特徴があります。

 

SEO対策で狙う検索ボリュームの目安

SEO対策で狙う検索ボリュームの目安

SEO対策で狙う検索ボリュームの目安は、どれくらいが適切なのでしょうか?

その目安は、ブロガーとしてのレベルや戦略によって異なります。

以下に、その具体例を示します。

SEO対策で狙う検索ボリュームの目安
  • ブログ初心者
    ブログ初心者は、SEOの難易度が高くない月間検索数1000以下のキーワードを積極的に狙いましょう。
  • ブログ中級者〜上級者
    中級者以上のブロガーは、月間検索数が1000以上のキーワードにも挑戦できます。Ubersuggestなどのキーワードリサーチツールを使い、競争が少なく需要があるキーワードを探しましょう。(※参考記事:検索ボリュームの調べ方
  • アフィリエイター
    アフィリエイトでは、長いフレーズで構成されたキーワードを扱うことで効率的に収益を生み出すことができます。そのようなキーワードは、月間検索数100以下でも積極的に狙っていきましょう。(※参考記事:あるアフィリエイターの成功事例
  • アドセンスブロガー
    アドセンスブログで成功するためには、たくさんのトラフィックを獲得する必要があります。SEOの難易度は高まりますが、月間検索数1000以上のキーワードを積極的に狙うようにしましょう。

 

まとめ:検索ボリューム100以下を狙うかはケースバイケース

今回は、SEO対策において最適な検索ボリュームの目安を解説しました。

狙うべき検索ボリュームの目安は、ブロガーとしてのレベルや戦略によって異なります。

特に月間検索ボリューム100以下のキーワードは、狙うべきかどうかの評価が分かれます。

あなたもぜひこの記事を参考に、自身にとって最適な検索ボリュームはどれくらいか考えてみてください。

なお、以下の記事では、無料ツールを使った検索ボリュームの調べ方や、キーワード選定のコツを解説しています。

ブログ成功を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください!

検索ボリュームの調べ方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ずーみー
ブログ起業コンサルタント。2015年にテレビ制作会社をクビになったのがきっかけで起業。2018年からブログスクール主宰。高単価ブログの作り方やアフィリエイト、SEO、WordPress、起業戦略などを100人以上に指導。3児の父。