青色事業専従者給与に関する届出書の書き方・記入例

青色事業専従者給与に関する届出書

(※この記事は2018年6月21日に更新されました)

ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(@zoomy_nonbiri)です^^

今回は【青色事業専従者給与に関する届出書の書き方】を、記入例とともに解説します。

「提出期限に遅れたかも!」「提出を忘れた!」という場合や、青色専従者を取りやめる場合変更する場合の対応策もお話しします。

青色事業専従者給与に関する届出書とは?

あなたが青色申告をしていて、今回お話しする「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出すれば、家族従業員に支払った給与の全額を経費として認めてもらうことができます。

つまり、家族の給料分を節税できるということです!

青色事業専従者になれるのは、事業主と衣食住などの生計を同じにする配偶者や親族で、その年の12月31日現在で15歳以上の人です。

また、その年の中で6ヶ月を超える期間(または事業に従事することができる期間の2分の1を超える期間)、その事業に従事していることも必要です。

ずーみーの場合は、を青色専従者にしています。

ずーみー
届出書のダウンロードはこちらです!

⇒ 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書(PDF/429KB)

※リンク先は2018年6月現在の国税庁のものです。

 

届出書の記入例

青色事業専従者給与に関する届出書の記入例

青色事業専従者給与に関する届出書の記入例

 

届出書の書き方(記入方法)

①:「届出」の文字を丸で囲む。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

②:届出を提出する「税務署名」「提出日」を記入する。※2018年は平成30年

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

③:納税地として、「住所地」を丸で囲み、住所電話番号を記入する。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

④:「氏名」「生年月日」を記入し、捺印する。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

⑤:「職業」「屋号」を記入する。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

⑥:給与を支給し始める年度・月を記入し、「定めた」の文字を丸で囲む。

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

 

⑦:青色事業専従者に関する情報を記入して完成です。お疲れ様でした^^

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方
ワンポイントアドバイス

今後、事業を拡大する予定がある人は、給料額を多めに書いておきましょう!

なぜなら、多めに書いて少ない額を払うぶんには、届出書を再提出する必要がないからです。

僕の場合は、妻の給料を20万円と書いて提出し、実際に支払っている額は毎月8万円です。

逆に、届出書に8万円と記入して提出した後に15万円払いたくなった場合は、届出書を再提出しなければならず、かなり面倒です(^^;

 

提出期限や提出先は?

提出期限:開業した最初の年であれば、開業の日から2ヶ月以内です。
※開業して2年目以降は、青色事業専従者給与額を必要経費に算入する年の3月15日までです。

提出先:納税地(通常は住所地)を所轄する税務署に提出してください。

提出方法:記入した届出書を直接持参、もしくは郵送してください。

 

よくあるご質問

Q1:提出を忘れて期限に遅れた時はどうすればいいですか?

A:開業届などと違い、基本的に提出期限遅れはNGです。

届出書を提出した以降の分が経費として認められるそうです。

 

Q2:青色専従者の給与額を変更する時はどうすればいいですか?

A:今回と同じ届出書を使って変更手続きをしてください。

具体的には、「変更届出」に丸をして、必要事項を記入してください。

 

Q3:青色専従者を取りやめる時はどうすればいいですか?

A:特に何も提出しなくて大丈夫です。

 

ずーみー
僕は、1PVあたり10円以上の高単価ブログの作り方を教えています。

あなたが高単価ブログを作れば、月間1万PV以下でも月収10万円を狙えます。

現在、高単価ブログの作り方を解説した2.5時間のセミナー映像を、期間限定で無料プレゼントしています。

ご希望の方は、以下からご登録ください^^

【期間限定】0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

 

▼起業手続きについては、こちらの記事もどうぞ▼


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA