青色申告承認申請書の書き方と記入例【個人事業主向け】

所得税の青色申告承認申請書

(※この記事は2018年6月23日に更新されました)

ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(@zoomy_nonbiri)です^^

今回は【所得税の青色申告承認申請書の書き方】を、記入例とともに解説します。

開業届と一緒にはじめて青色申告申請書を提出する個人事業主がつまづきがちなポイントをまとめたので、かならず最後までチェックしてください!

所得税の青色申告承認申請書とは?

個人事業主は、青色申告をすることによって、税法上とても有利な特典を受けられます。

その青色申告をするために提出しなければならないのが、所得税の青色申告承認申請書です。

たとえば、あなたが複式簿記で青色申告を行なえば、所得から最大で65万円の控除を受けることができます。(=そのぶん節税できるということ!)

でも、複式簿記はかなり難易度が高いので、税理士さんにお願いするのが無難です。

経理に不慣れな人でも自分でできるのは、簡易式簿記です。

あなたが簡易式簿記で青色申告を行なえば、10万円控除を受けられます。

ちなみに、ずーみー家も簡易式簿記で青色申告しています。(経理は妻です^^)

ずーみー
申請書のダウンロードはこちらです!

⇒ 所得税の青色申告承認申請書(PDF/329KB)

※リンク先は2018年6月現在の国税庁のものです。

 

申請書の記入例

所得税の青色申告承認申請書の記入例

所得税の青色申告承認申請書の記入例

 

申請書の書き方(記入方法)

①:届出を提出する「税務署名」「提出日」を記入する。※2018年は平成30年

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

②:納税地として、「住所地」の文字を丸で囲み、「住所」「電話番号」を記入する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

③:「氏名」「生年月日」を記入し、捺印する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

④:「職業」「屋号」を記入する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑤:青色申告を始めたい「年度」を記入する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑥:「事務所の名称」「所在地の住所」を記入する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑦:所得の種類として「事業所得」の文字を丸で囲む。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑧:初めて青色申告の承認を申請する場合、「無」を丸で囲む。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑨:事業を開始した「年月日」を記入する。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑩:事業を相続によって継承したのでなければ、「無」を丸で囲む。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑪:簿記方式として、「複式簿記」か「簡易簿記」かを選び、丸で囲む。

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

⑫:確定申告の際に備え付ける帳簿の種類を丸で囲み完成です!お疲れさまでした^^

所得税の青色申告承認申請書の書き方

 

ワンポイントアドバイス

65万円控除を受ける(=複式簿記を選択する)場合は、現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・預金出納帳・総勘定元帳・仕訳帳に丸をします。

10万円控除を受ける(=簡易式簿記を選択する)場合は、現金出納帳だけで構いません。

なお、帳簿は、確定申告の際に税務署から求められれば提出しなければいけませんが、よほどのことがない限り、提出を求められることはないそうです。

ずーみーも、今のところ提出を求められたことはありません。

 

提出期限や提出先は?

提出期限:事業を開始した最初の年に申告する場合は、開業日から2ヶ月以内です。
※事業開始から2年目以降に申告する場合は、その年の3月15日までです。

提出先:納税地(通常は住所地)を所轄する税務署に提出してください。

提出方法:記入した申請書を直接持参、もしくは郵送してください。

 

ずーみー
僕は、1PVあたり10円以上の高単価ブログの作り方を教えています。

あなたが高単価ブログを作れば、月間1万PV以下でも月収10万円を狙えます。

現在、高単価ブログの作り方を解説した2.5時間のセミナー映像を、期間限定で無料プレゼントしています。

ご希望の方は、以下からご登録ください^^

【期間限定】0から始めるブログ起業セミナーをプレゼント!

 

▼起業手続きについては、こちらの記事もどうぞ▼


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA