ブログ起業セミナーをプレゼント!

良いリード文の書き方とは?5つのコツを例文つきで解説!

リード文の書き方
ずーみー

こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「どうすれば良いリード文を書けるんだろう?」

今回は、そんなブロガーさんのお悩みを解決します!

ブログで成功できない人の多くは、記事のリード文(=導入文・冒頭文)に問題があります。

なぜなら、リード文がダメだと読者が真剣に記事を読まないので、SEOやアフィリエイトの売上に悪影響が出るからです。

僕がブログスクールで記事を添削するときは、いつもリード文を重点的にチェックしており、リード文を改善して収益が上がった例が多数あります。

この記事では、良いリード文の書き方を例文とともに解説します。

リード文とは?

リード文とは、ブログ記事の冒頭に書く文章のことで、導入文冒頭文とも呼ばれます。

書き出しからどこまでがリード文かというと、目次または最初の見出しの手前までです。

リード文の主な役割は、次の2つです。

リード文の役割

  1. 記事の要点やテーマを読者にわかりやすく提示する
  2. 読者に記事本文を読みたいと思ってもらう

 

ブログのリード文が重要な理由

ブログのリード文は、実はとても重要です。

その理由は、リード文が悪いと読者が本文を読まずに帰ってしまうからです。

直帰率の高い記事はSEOで不利になりますし、本文を読んでもらわないとアフィリエイトの売上も発生しません。

一方、あなたが良いリード文を書けるようになると、以下のメリットがあります。

  • 読者が真剣に記事を読んでくれるようになる
  • 直帰率が低くなる
  • ページ滞在時間が伸びる
  • 記事がSEOに強くなる
  • アフィリエイト商品が成約するようになる

 

良いリード文の書き方

良いリード文の書き方

ブログのリード文はとても重要なのに、良いリード文を書ける人は少ないです。

なぜなら、多くの人は我流でなんとなくリード文を書いているからです。

良いリード文の書き方には「コツ」があります。

コツを知らないと良いリード文を書くのは難しいので、これからお話しする5つのコツを、あなたはぜひマスターしてください!

良いリード文を書く5つのコツ

  1. 読者の悩みを明確化する
  2. あなたが読者の悩みを理解し、解決できると感じてもらう
  3. 読者が得られるメリットを入れる
  4. SEOキーワードを入れる
  5. なるべく短い文字数でまとめる

 

コツ①:読者の悩みを明確化する

リード文の最初で、読者の悩みを明確化しましょう。

なぜなら、「この記事には私の悩みが書かれている」とリード文で感じてくれないと、読者はその先を読んでくれないからです。

以下は、リード文の書き方で悩んでいる人の悩みを明確化した文章の例です。

例文
  • リード文の書き方で悩んでいませんか?
  • 「どうすれば良いリード文を書けるだろう?」(※悩んでいる人の吹き出しを使う)
ずーみー

「〇〇で悩んでいませんか?」は鉄板のテンプレートなので、あなたもぜひ使ってください!

 

コツ②:あなたが読者の悩みを理解し、解決できると感じてもらう

リード文の最初で読者の悩みを明確化したら、あなたが読者の悩みを理解し、解決できると感じてもらえるような文章を入れましょう。

なぜなら、「この記事の著者は私の悩みに共感し、解決してくれる」とリード文で感じてくれないと、読者はその先を読んでくれないからです。

どんな文を書けばいいかというと、次の2パターンがおすすめです。

  • 「私も同じ悩みを持っていたが、今は解決した」というストーリーを使う
  • 権威や実績を示す

以下は、リード文の書き方で悩んでいる人に向けて2パターンを使った例です。

例文
  • 僕もブログ初心者のころは、リード文の書き方がわからず苦労しました。でも、5つのコツをマスターしただけで、簡単に良いリード文を書けるようになりました。
  • 僕が運営するブログスクールでも、最初は良いリード文を書けない人が多いです。でも、僕がコツを教えると、ほとんどの人がすぐに良いリード文を書けるようになります。

 

コツ③:読者が得られるメリットを入れる

リード文の中に「読者のメリット」を入れると、読者が興味を持って続きを読んでくれやすくなります。

読者のメリットは、「LF9+金+悩み解決」と覚えてください。

LF9(エルエフナイン)とは、「①生存欲」「②食欲」「③性欲」「④危機回避」「⑤快適」「⑥愛する人を守る」「⑦愛されたい」「⑧他人に勝つ」「⑨社会で認められる」の9つです。

これに「⑩お金」「⑪悩み解決」を加えたものが、読者のメリットです。

例文
  • この記事では、良いリード文の書き方を解説します。(※悩み解決)
  • あなたが良いリード文の書き方をマスターすると、アフィリエイトの収益が何倍もアップします。(※お金)

 

コツ④:SEOキーワードを入れる

SEOに強い記事にするために、リード文に狙っているSEOキーワードを入れましょう。

たとえばこの記事の場合は、「リード文 書き方」というキーワードをリード文に入れています。

さらに、狙っているSEOキーワードと関連性の高い「関連キーワード」「共起語」を入れると、SEOがより強化されます。

関連キーワードや共起語を調べるときは、ラッコキーワードという無料ツールを使うのがおすすめです。

キーワードリサーチの方法については、次の記事も参考にしてください。

特化ブログのキーワード選定のやり方とは?

 

コツ⑤:なるべく短い文字数でまとめる

リード文は、なるべく短い文字数でまとめましょう。

なぜなら、リード文が長すぎると読者が本文にたどり着く前に離脱するからです。

僕の場合は、200文字〜300文字を目安にブログのリード文を書いています。

リード文がスマホで2スクロールにおさまる分量を超えると、僕は少し長いと感じます。

 

まとめ

今回は、ブログのリード文の書き方を解説しました。

リード文がダメだと読者が真剣に記事を読まないので、SEOやアフィリエイトの売上に悪影響が出ます。

ブログで成功したい人は、ぜひ今日から5つのコツを使いこなして、良いリード文を書けるようになってくださいね!

ずーみー

ブログの書き方を上手くなりたい人は、次の記事を読んでみてください!

読みやすい文章の書き方のコツを解説しています。

読みやすいブログの書き方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
ずーみー
早大→テレビディレクター→会社をクビになり映像制作で起業。現在はブログ起業コンサルタントとして活動中。2018年からブロガー向けサロン『ずーみースクール』主宰。100人に1PVあたり10円以上の高単価ブログの作り方を教えてます。少ないアクセス数のブログで収益化するのが得意。3児の父。