彼女と別れてでも脱サラ起業するべきか?彼女と起業を両立する方法とは?

起業すべき?

お悩み:彼女に起業することを止められています

某インターネット掲示板のお悩みから。

彼女に起業することを止められています。会社勤めのほうが安定していて、起業は借金地獄になるからとの理由です。

自分は会社のいいなりになることが辛くなりました。一生誰かの顔色をうかがって、同期と比べられてという生き方にうんざりです。

祖父母の自営業を継ぎ、その商売をIOT化しようと思っています。ほとんどそのようなことをしてる人がいないのと、若者が参入してきていない分野なので、チャンスがあると思ったからです。

彼女とはどうしていくべきでしょうか?一年目でうまくいかなかったら、別れようと言えばいいんですかね。

 

彼女の「借金地獄になる」という指摘の方が正しい

作家の村上春樹はこう言った。

女性は怒りたいことがあるから怒るのではなくて、怒りたいから怒っているのだ。そして怒りたいときにちゃんと怒らせておかないと、先にいってもっとひどいことになるのだ。(『遠い太鼓』より)

女性は論理よりも感情を優先させる傾向がある。

家族に起業を反対されるときは、感情で否定されるケースがとても多い。そういうときは、村上春樹が言うように、相手の感情をやさしく受け止めてあげることが大切だ。男はどうしても論理を振りかざしたくなるものだが、そこをぐっと堪えて、彼女の言い分を聞いてあげよう。相手は論理で怒っているのではないのだから。

一方、今回の相談者のケースでは、彼女の方が論理的で、相談者(男性)の方が感情的になっているように見える。

確かにIOTはこれから急激に伸びていく成長産業であり、将来性はある。だが、起業初心者が参入するには少しリスクが高い。

相談者の計画だと、IOTでの商品開発ありきで物事が進められている。素晴らしいアイデアを持っているのかもしれないが、それを形にするためには高度な技術を要する。時間もお金もかかるだろう。そこはどうするつもりなのだろうか?

「1年目でうまくいかなかったら」と言うが、たった1年で、ズブの素人が商品開発で成功することなんてほとんどない。さらに、開発がうまくいったとして、その商品をどうやって販売していくのだろうか?一般的に、マーケティングで成功するためには年単位の時間がかかる。相談者には、数年以上かかっても起業で成功するという覚悟が足りない(というか知らない)と見える。

彼女の「借金地獄になる」という指摘の方が真っ当だ。

参考までに、先日友人の起業家がIOTの置き時計を作ったときに、3000万円出資してもらったと言っていた。相談者がどんな商品を作るのかわからないが、数百万~数千万円の開発費用がかかると考えるのが妥当だろう。それをすべて借金でまかなうのは、リスクが高すぎると僕は思う。

ちなみに、僕が考える借金の上限額は100万円だ。100万円までなら、自分の努力次第で1年以内に確実に返済できる。自分が負えるリスクは何万円なのか、一度相談者は考えた方がいい。

 

彼女とどうしていけばいいのか?

彼女

では、相談者はこれから具体的にどうしていけばいいのか?

僕には、2つの道があるように思う。

 

①もっとリスクの低い分野で起業する

今回の一番のネックは、「祖父母の自営業をIOT化する」というビジネスモデルである。起業家の加藤将太さんは「実行可能性から起業してはいけない」と言っているが、目の前にあるアイデアベースの儲け話はたいてい失敗する。

IOTにこだわらなければ、無借金で起業できる分野なんていくらでもある。そして、借金さえなければ、彼女が起業を応援してくれる可能性は高そうだ。

たとえば、アフィリエイトなら費用は年間数万円程度(サーバー代とドメイン代)だ。転売なら、自己資金が50万円くらいあれば、誰でも1年以内に月商100万円程度まで膨らませることも可能である。

そもそも、この相談者には起業全般の知識が足りなさすぎるので、まずはサラリーマンを続けながら知識を蓄えることをおすすめしたい。そのためには、次の記事が非常に参考になるはずだ。起業で失敗しないために必要な超重要知識について解説している。

起業初心者必見!失敗せず最短距離で起業成功するには?

2017.06.05

 

②リスクを承知の上でIOTで起業する

もうひとつは、現在の計画を突き進む道である。どうしても祖父母の自営業をIOT化したいなら、それも良いと思う。

その場合、僕なら彼女にこう説明する。

・計算したところ、約3000万円の開発資金が必要になりそうだ。
・5000万円以上の借金は絶対に負わないと約束する。
・商品開発に1年、マーケティングで成功するためにさらに数年以上かかる。
・成功するまでは死に物狂いで働くので、デートも行けないし貧乏だ。
・でも、成長分野なので、当たれば億万長者も夢ではない。
・もちろん失敗の可能性も高いが、そうならないために全力で勉強する。
・リスクを承知の上で僕についてきてほしい。君の支えが必要だ。
・リスクを受け入れられないなら別れよう。僕のせいでこうなって申し訳ない。

彼女と起業を両立させるなら①、玉砕覚悟でIOT起業したいなら②だ。僕なら、穏便に①を選ぶ。(②も決して間違っているとは思わないけど)

あなたならどちらの道を選ぶだろうか?

 

追記

これから起業したい全ての人に読んでもらいたい記事を書いた。特に、インターネットビジネスを始めたい人は必ず読んでほしい。10年間迷走して挫折しかけた副業アフィリエイターのストーリー。

アフィリエイトで10年間迷走して稼げなかったサラリーマンの話

2017.08.28
無料教材
起業すべき?

2 件のコメント

  • はじめまして! 広島に住んでいます、かっしー、と申します。
    最近、ブログ等のネットビジネスを始めました。
    分からないことだらけで、いろいろ情報を知りたいと思っています。

    とても役に立つサイトだなあ、と思ってお邪魔しました。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

    冷静に、客観的に、ひとつの質問に対して答えていかれていることに、すごくていねいさを感じました。これから、寄らせていただくこともあると思いますが、よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます!お役に立てているようで嬉しいです^^
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTブログ運営者

    映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。