年収1000万稼ぐには無意識を使え!脳のポテンシャルを引き出す極意とは?

無意識の技術

(※この記事は2017年10月12日に更新されました)

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

あなたは、「年収1000万稼ぎたいな〜」なんて考えたことはありませんか?

「でも、そんなの無理に決まってる!」
「考えるだけ時間の無駄だ!」

そう考える日本人が圧倒的多数だと思います。

まあ、サラリーマンで1000万稼げる人なんて滅多にいないので、仕方ないと思いますが。。。

でも、「無意識」を使えば年収1000万稼げる、と言ったらどう思いますか?

今回は、不思議な不思議な「無意識」の領域のお話です。

日本で年収1000万円稼ぐ人の割合は?

あなたが年収1000万円を稼ぐにはどうすればいいのだろうか?

ある統計によると、日本人の4.1%が年収1000万以上だそうだ。

つまり、あなたが25人中1位になれば年収1000万円になれるという計算である。

そう考えると、ちょっと簡単だと思わないだろうか?

さらに、年収2000万円以上になると、0.4%にまで割合は下がる。

あなたが年収2000万円以上になるためには、250人中1位にならなくてはいけない計算だ。

これは少し難しいと感じる人が多いだろう。

今回は、これをカンタンにしようと思う。

どういうことかというと、あなたが1000人中1位の人間になる方法を伝授しようと思うのだ。

「年収」という分野で1000人中1位になれれば、1000万円稼ぐことなんて楽勝だ。

じゃあ、どうすれば1000人中1位になれるのか?

その概念図がこれだ!

1000人中1位になる方法

1000人中1位になる方法とは?

あなたは、目標を定め、方法を知り、実行すれば1000人に1人の逸材になることができる!

たとえば、野球で1000人中1位の選手になるのはとても難しい。

でも、10人中1位になるのはわりと簡単だと思わないだろうか?

そんな「10分の1」を3つかけ合わせれば「1000分の1」になる。

つまり、目標・方法・実行の3つで10人中1位のクオリティを発揮すれば、そのかけ算であなたは1000人中1位になることができるのだ!

そして、目標・方法・実行のうち、実はいちばん大切なのは「目標」である。

ほとんどの日本人は「年収1000万」という目標を定めない。

常識的に考えて、そんなの無理だと思い込んでいるからだ。

ところが、最新の脳科学によると、ヒトは目標さえ適切に定めることができれば、かなりの確率でそれを達成できることがわかってきた。

 

脳のポテンシャルをひきだす極意とは?

最新の脳科学によると、人間は脳の4%しか使っていない。(なんてもったいない!^^;)

残る96%は「無意識」と呼ばれる領域だ。

つまり、無意識をうまくコントロールできれば、あなたは人間離れした能力を発揮することができるのである!

その無意識をコントロールする技術が「問題設定」だ。

人間の脳は、ある問題設定を与えられると、無意識のうちにそれを解決しようと動き出す。

たとえば、いますぐできる簡単な実験をしてみよう。

まず、両目をつぶってみてほしい。

次に、「赤はどこ?」と自分に質問して目を開けてみよう。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

どうだろう?

目をあけた瞬間、あなたの目は猛スピードで「赤」を検索しはじめたハズだ!

無意識がもつ「問題解決能力」にびっくりした人も多いだろう。笑

僕はこの遊びをよく電車の中でやっている。

そのたびに、自分の脳がもつポテンシャルに感動している。

では、これを「年収1000万稼ぐ方法」につなげるにはどうすればいいのか?

そのためには、あなたが「年収1000万円稼ぐ」という目標を定めればいいのである!

え?たったそれだけ?と思ったかもしれない。

でも、これをしないからほとんどの日本人は年収1000万を稼ぐことができないのだ。

あなたが「年収1000万円」という目標を定めた瞬間、それから四六時中、あなたの脳は無意識を使ってその問題を解決しようと動き出すだろう。

『非常識な成功法則』によると、日本一のマーケッターである神田昌典が年商8億円に達したのも、愚直にこの方法を使ったからだそうだ。

逆に、「年収1000万なんて無理」とついうっかりでも口に出してはいけない。

なぜなら、人間の脳は自分の発言を正当化するようにプログラムされているからだ。

「年収1000万なんて無理」と言った瞬間、あなたの無意識はそれを正当化するために全力で動き出すだろう。

 

10人中1位の「目標」にするには?

紙に書く

あなたが年収1000万円稼ぎたいなら、年収1000万円という目標を持とう。

一番いいのは紙に書くことだ。

僕はよく使うノートの最後のページに、叶えたい夢一覧を書いている。

ある億万長者は、メモ用紙に手書きして、いつも財布の中に入れているそうだ。

なぜ紙に書くかというと、忘れないためだ。

ほとんどの人は定めた目標を忘れてしまう。

だからいつまでたっても成功できないのだ。

10人中1位の目標にするための第一条件は、その目標を忘れないことである。

忘れなければなんでもいい。

パソコンに貼るでも、スマホの壁紙にするでも。

なるべく目に触れやすいところにあなたの目標を書いておこう!

目標さえ定めたら、あとは無意識が勝手に働いてくれる。

残るは年収1000万円になるための「方法」と「実行」でそれぞれ10人中1位になるだけだ。

「方法」については、このブログでさまざまに解説している。

特に、「失敗せず最短距離で起業成功するには?」という記事にそのエッセンスがつまっているので、必ず熟読して欲しい。

あなたの成功をお祈りしている!

 

▼この記事が好きな人は、こちらの記事もどうぞ▼


▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA