ブログに100記事書いたけどPV数が増えないあなたへ

質問箱

お悩み:ブログに100記事書いたけどPV数が増えません

ずーみー
こんにちは、ずーみー(@zoomy_nonbiri)です!

今回は、Twitterの質問箱でいただいたご質問に回答します。

ブログのアクセスアップに関するお悩みです。

100記事超えてもPVがあまり増えません。

どうしたら1000PV/日とかいくのでしょうか?

 

ずーみーの回答:トレンド記事を書こう!

あと100記事書きましょうか、というのは冗談ですw

トレンド記事は書いてますか?

ブログの属性に近いトレンドネタを拾ってきて記事にしたら、一時的なアクセスは伸びます。

 

トレンド記事とロングテール記事のメリット・デメリットとは?

ブログ記事には2種類があります。

それは、「トレンド記事」「ロングテール記事」のふたつです。

ここで、それぞれの特長をまとめてみましょう。

 

トレンド記事
世間で話題になっているテーマを取り上げる記事のことを「トレンド記事」と呼びます。

メリット:うまくいけば大量にアクセスがきます。SNSでバズりやすいのも特長です。

デメリット:世間の関心が薄れると全く読まれなくなります。また、同じネタで記事を書くライバルも多いので、検索結果で上位表示させることが難しいです。

 

ロングテール記事
恐竜のしっぽのように細く長く世間が関心を持ち続けるテーマを取り上げる記事のことを「ロングテール記事」と呼びます。

メリット:細々とですが、長期間にわたってずっとアクセスが集まります。ニッチなテーマを選べば、検索結果で上位表示させることも簡単です。濃い読者さんが集まりやすく、あなたにファン化しやすいのも特長です。

デメリット:爆発的なアクセスは全く期待できません。

 

トレンド記事とロングテール記事の比率に注意しよう!

一般的に、トレンド記事とロングテール記事の比率は、2:8くらいがいいと言われています。

なぜなら、トレンド記事ばかり書いていても、アクセスが一過性のものになってしまい、ブログが「資産」になりにくいからです。

一方、ロングテール記事ばかり書いていても、あまりアクセスは集まりません。

つまり、ブログを資産化しつつアクセスを集めるちょうどいいバランスが2:8なのです。

 

トレンド記事の実例とは?

ところで、トレンド記事を書くとどれくらいアクセスが集まるものなんでしょうか?

僕がアフィリエイトを教えている40代会社員のKさんは、お祭りやイベント情報に特化したブログ『なんでも情報館』を運営しています。

一見、なんの変哲もないブログに見えますよね?

でも、このブログは、お祭り当日に1記事だけで1万PV集めることもあるそうです。

(その代わり、お祭り当日以外はその記事は全く機能しないという極端なブログですw)

それから、『3人子育てフルタイムワーママがワンオペ育児を攻略!』という育児ブログを運営しているくーやんさんは、ブログを開始してまだ3〜4ヶ月なのに、ドラマ『コウノドリ』のトレンド記事を書いて、月間PV数が1万を超えたそうです。

ちなみに、くーやんさんの場合は、ワンオペ育児のロングテール記事を増やすことが課題です。

 

このように、アドセンスで稼ぎたいなら、定期的にトレンド記事を書くことが大切です。

ぜひ、「トレンド:ロングテール=2:8」という比率を意識しながら、ブログを運営してみてください。

すぐには1000PV/日にならないと思いますが、慣れれば、狙ってアクセスを集められるようになると思いますよ^^

 

▼アクセスアップについては、こちらの記事もどうぞ▼


▼おすすめ無料教材▼

ずーみーの漫画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTブログ運営者

映像制作ZOOMY VIDEO代表。テレビ制作会社をクビになったのをきっかけに、2年前にデジカメ1台で起業。当ブログでは、自分が起業で苦労・失敗した経験をもとに、知識0のサラリーマンが1年以内に月収50万以上稼ぐ起業家になる方法を発信中。