ブログ起業セミナーをプレゼント!

稼げるブログネタの探し方とは?ネタがない・書くことがない人必見!

ブログネタの探し方
ブログ初心者

ブログを始めたけど、記事のネタ探しが難しい。。。

効率的なブログネタの探し方はないのかな?

ブログを収益化するためには定期的な記事更新が不可欠ですが、「ブログネタがない」「書くことがない」とお悩みの方も多いと思います。

また、具体的にどんな内容の記事を書けばブログで稼げるのかを、よく理解できていない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、初心者向けに以下の3つを解説します。

この記事でわかること
  • 稼げるブログネタとはどんな内容?
  • 稼げるブログネタの探し方
  • ブログネタを見つけた後にすべきこと

あなたがこの記事を読むと、ブログを収益化するための効果的なネタ探しの方法や、ブログで稼ぐために具体的に何を書くべきかが明確になりますよ。

ブログ記事のネタ探しで悩む方は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ成功者を増やしたい!

※当サイトは、アフィリエイトプログラムに参加しています。記事内容は公平さを心がけています。

稼げるブログネタとはどんな内容?

稼げるブログネタとはどんな内容?

これからブログを収益化したい人は、まずは稼げるブログネタについて理解することが重要です。

稼げるブログネタには、主に以下の2つの要素が求められます。

稼げるブログネタの要素
  1. 悩み解決系である

    悩み解決系の記事ネタでは、読者が抱えている問題に対する具体的な解決策として、特定のアフィリエイト商品やサービスを紹介することが可能です。この手法は、読者との信頼関係を築き、商品紹介が自然な形で組み込まれるため、ブログの収益向上に有効です。

  2. ターゲットのニーズがある
    記事ネタとして、ターゲット読者の多くが抱える「悩み」を取り上げることで、検索エンジンにおけるブログの集客力向上に繋がります。

つまり、ブログで稼ぐためには、単に日常の出来事や面白い話題だけを扱って記事を書けばいいのではありません。

記事ネタには、ターゲット読者のニーズを考慮し、悩み解決の要素を組み込むことが不可欠です。

 

ブログで稼ぐには100記事以上のネタが必要

次に、ブログで稼ぐにはどれくらいの記事数が必要なのかについてお話しします。

目安としては、アフィリエイトブログで月5万円以上を稼ぐためには、100記事以上が必要です。(※参考記事:ブログ収益化までの期間と記事数の目安

つまり、ブログで稼ぐためには、ターゲット読者のニーズがあり、悩み解決系である記事ネタを100以上提供する必要があります。

では、そのような記事ネタを100以上見つけるためには、どうすればいいのでしょうか?

 

稼げるブログネタの探し方

稼げるブログネタの探し方

稼げるブログネタを効率良く100個以上見つけるためには、どうすればいいのか?

ここからは、その方法を詳しく解説します。

 

検索キーワードを調査する

稼げるブログネタの探し方の1つ目は、検索キーワードを調査することです。

検索キーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、ユーザーが検索窓に入力する語句のことを指します。

ここで覚えておくべきことは、ユーザーが検索窓に入力するのは基本的に彼らの「悩み」であるということです。

たとえば、「ブログ 書くことない」というキーワードで検索する人は、「ブログを始めたが、何を書けばいいかわからない」という悩みを抱えています。

そのため、世の中にどんな検索キーワードが存在するかをリサーチすれば、読者の悩み(=記事ネタ)が見つかります。

ニーズのある検索キーワードを効率よく見つける方法として、無料ツールを使うやり方を2つ紹介しますね。

 

①:Googleキーワードプランナー

無料ツール1:Googleキーワードプランナー
Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供するキーワード調査ツールです。

Google広告のアカウントを作成すると、無料でキーワードプランナーを使えるようになります。

まず、Google広告のアカウントにログインし、キーワードプランナーにアクセスして、「新しいキーワードを見つける」をクリックしましょう。

次に、検索窓にあなたのブログのテーマとなるキーワードを入力してください。

すると、そのキーワードに関連するニーズのあるキーワードを一気に取得することができます。

以下は、キーワードプランナーで「転職」の関連キーワードをリサーチした例です。

一気に1,382個の関連キーワードを取得することができました。

キーワードプランナーの使用例
キーワードプランナーの使用例

 

②:ラッコキーワード

無料ツール2:ラッコキーワード
ラッコキーワード

ラッコキーワードは、ブロガーに人気の無料のキーワードリサーチツールです。

ラッコキーワードのトップページの検索窓に、あなたのブログのテーマとなるキーワードを入力してください。

すると、そのキーワードに関連するニーズのあるキーワードを一気に取得することができます。

以下は、ラッコキーワードで「転職」の関連キーワードをリサーチした例です。

ラッコキーワードでは、関連キーワードが888件ヒットしました。

ラッコキーワードの使用例
ラッコキーワードの使用例

 

マンダラート法を使う

稼げるブログネタの探し方の2つ目は、マンダラート法を使うことです。

マンダラート法とは、曼荼羅模様のようなマス目を作り、マス目を埋めていくことで、関連するトピックやアイデアを視覚的に探索する方法のことです。

最近、野球の大谷翔平選手が高校時代にマンダラートで作った目標達成シートが、テレビで何度も取り上げられて有名になりました。

大谷翔平選手が作ったマンダラート
大谷翔平選手が作ったマンダラート

ブログ版のマンダラートは、以下の手順で作成します。

ブログ版マンダラートの作り方
  1. 縦3マス×横3マスの合計9マスのマス目を書きます。
  2. 中心のマス目に、ブログのテーマや、ターゲット読者に達成してほしい目標を書きます。例えば、当ブログの場合は、中心のマス目に「ブログ起業の成功」と書きます。
  3. 中心のマス目の周り(8マス分)に、中心マスを実現するための要素を記入します。例えば、当ブログの場合は、ブログ起業の成功を実現するための要素として、アフィリエイトや自社商品販売、SEO、Webライティングなどを書きます。
  4. 3で記入した8マス分を、別の縦3マス×横3マスの中心に転記します。
  5. 4で作成した中心マスの周りに、それを実現するための要素を記入します。

マンダラートを作成したら、マス目に記入した内容(重複を除くと73個)について、ターゲット読者がどんな悩みを抱えているかを考えます。

これにより、ブログのテーマに関する記事ネタを、効率よく網羅的に見つけることができます。

ずーみー

マンダラート法については、以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください!

サイト設計図の作り方

 

自分の過去の悩みを書き出す

自分が過去に抱えた悩みを振り返り、ブログのテーマに関連するものを全て書き出しましょう。

この作業により、悩み解決系の記事ネタを簡単に見つけることができます。

なお、この方法で記事ネタが何も見つからない場合は、ブログのテーマに関する知識や経験が不足している可能性があります。

知識や経験が不足していると、ブログに薄い内容しか書けず、それが稼げない原因につながる可能性があるので、注意してください。

この問題を解消するためには、ブログのテーマに関する学習や、時間をかけて経験や実績を積むことが必要です。

 

ターゲット読者と交流する

稼げるブログネタの探し方の4つ目は、ターゲット読者と積極的に交流することです。

ターゲット読者との交流を通じて、彼らのリアルな悩みや興味を理解し、ブログのテーマに関連する有益なアイデアを得ることができます。

具体的な方法としては、SNSやオンラインコミュニティ、ブログのコメント欄などで積極的にコミュニケーションを取ることが挙げられます。

また、ターゲット読者の中に親しい友人がいる場合は、直接インタビューを行い、ブログのテーマに関する悩みを聞き出すことも有効です。

これにより、ブログのコンテンツや方向性に関する貴重なフィードバックを得ることができます。

 

競合サイトを調査する

稼げるブログネタの探し方の5つ目は、競合サイトを調査することです。

あなたのブログと同じジャンルの競合サイトで、どのような記事ネタを扱っているかをリサーチしましょう。

複数の競合サイトを調査することで、ブロガーから特に人気のあるトピックや、読者の需要が多いトピックを把握することができます。

また、競合サイトを調査することにより、他のブロガーとの差別化ポイントや独自の視点を見つけることができます。

ずーみー

参考になる競合サイトがいくつかあれば、ブログがネタ切れすることは基本的になくなりますよ!

 

SNSをチェックする

稼げるブログネタの探し方の6つ目は、SNSをチェックすることです。

X(Twitter)やInstagram、FacebookなどのSNSでは、人々の関心や興味がリアルタイムで共有されています。

自分のブログのテーマやジャンルに関連するキーワードやハッシュタグを使って、SNS上で検索を行うことで、話題になっているトピックを把握することができます。

また、ターゲット読者の投稿内容を分析することで、彼らが抱えている悩みや疑問を知ることができます。

これらの情報は、ブログ記事のアイデアを生み出すための貴重な材料となります。

ずーみー

業界のトレンドを把握したい人や、ブログで新鮮なネタを提供し続けたい人は、定期的にSNSをチェックすることをおすすめします!

 

Q&Aサイトで探す

記事ネタをQ&Aサイトで探すのも、有効な手法の1つです。

Yahoo!知恵袋教えて!gooでなどの大手Q&Aサイトでは、様々なトピックに関するユーザーの悩みや質問が投稿され、それに対する回答や解決策が提供されています。

Q&Aサイトで、自分のブログのテーマやジャンルに関連するキーワードで検索し、質問や回答を探すことで、新しい記事のアイデアを得ることができます。

また、Q&Aサイトの中には、特定のジャンルや業界に特化したものもあるため、あなたのブログのジャンルに合ったQ&Aサイトが存在するか確認してみてください。

 

本や雑誌で探す

記事ネタを本や雑誌で探すのも、有効な手法の1つです。

自分のブログのテーマやジャンルに関連する本や雑誌を読むことで、記事ネタを見つけることができます。

ずーみー

「ブログ読者はどういうことで悩んでいるのか?」という視点で読書をすると、記事ネタが見つかりやすいですよ!

 

ブログネタを見つけた後にすべきこと

ブログネタを見つけた後にすべきこと

新しいブログネタを見つけたら、以下のステップを踏んで記事の準備を進めましょう。

ブログネタを見つけた後にすべきこと
  1. キーワードリサーチ

    新しいブログネタがどのようなキーワードで検索されるかを考え、適切なキーワードを選定します。SEO対策のために、関連キーワードも調査しましょう。

  2. ニーズの確認
    1で選定したキーワードに対するニーズがあるかを確認します。Ubersuggestなどのキーワードツールを使って、検索ボリュームを調べましょう。(※参考記事:検索ボリュームの調べ方

  3. 競合の確認
    1で選定したキーワードで実際に検索して、競合が強すぎないか確認します。Ubersuggestなどのキーワードツールを使うと、競合のドメインパワーを数値化できます。競合が強すぎて検索上位表示が難しい場合は、キーワードの変更を検討しましょう。また、競合サイトがどのような切り口で記事を書いているかを確認し、独自性を出せる方法を考えることも重要です。(※参考記事:ブログの競合分析のやり方

  4. 見出しの構成の作成
    ブログ記事はいきなり書き始めるのではなく、先に見出しの構成を作ることで、論理的でわかりやすい記事の作成や、スムーズな執筆作業が可能になります。1で選定したキーワードや関連キーワードを盛り込んだ、記事タイトルや見出しの構成を考えましょう。(※参考記事:SEOに強いブログ記事の書き方

  5. 記事執筆
    4で作成した見出しの構成をもとに、記事本文を執筆します。SEOや読みやすさにも配慮しながら、読者にとって役立つ情報を提供することを心がけましょう。(※参考記事:読みやすいブログ記事の書き方

 

まとめ:ブログのネタがない・書くことない状態は解消できる!

今回は、稼げるブログネタを効率良く探す方法を解説しました。

今回ご紹介した方法を使えば、あなたも必ず100個以上の稼げる記事ネタを発見できます。

ブログのネタがない・書くことがないとお悩みの方は、ぜひ今回の方法を試してみてください。

なお、以下の記事では、今からブログで月10万円稼ぐための戦略を具体的に解説しています。

ブログ収益化を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください!

月10万円ブログで稼ぐ方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ずーみー
ブログ起業コンサルタント。2015年にテレビ制作会社をクビになったのがきっかけで起業。2018年からブログスクール主宰。高単価ブログの作り方やアフィリエイト、SEO、WordPress、起業戦略などを100人以上に指導。3児の父。