ブログ起業セミナーをプレゼント!

ChatGPTの登場でブログはオワコン?AI時代のブログ戦略を考える

悩むブロガー

ChatGPTの登場で、ブログビジネスはオワコンにならないか心配。。

2022年末に登場したChatGPTにより、ブロガーたちの執筆活動は格段に楽になりました。

しかし同時に、ブログビジネスへのマイナスの影響も懸念されています。

ChatGPTに代表されるAIライティング技術の台頭は、果たしてブログやアフィリエイトをオワコン化してしまうのでしょうか?

この記事では、その疑問に答えるべく、以下の3つを解説します。

あなたがこの記事を読むと、ブロガーとしての今後の立ち回り方がより明確になりますよ。

ChatGPTの登場でブログがオワコンにならないか心配な人は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • ブログ起業コンサルタント
  • ブログ収入:最高230万円/月
  • PV単価30円以上を5年連続達成中
  • ブログスクールで100人以上に指導
  • ブログ起業セミナーをプレゼント!

ChatGPTの登場でブログはオワコンと言われる理由

ChatGPTの登場でブログはオワコンと言われる理由

「ChatGPTの登場でブログはオワコンになるのではないか?」という懸念が、現在、ブログ界隈の一部で広がっています。

この懸念には、いくつかの理由があります。

 

記事の大量生産に個人ブロガーはついていけないから

ChatGPTの登場によって、ブログのコンテンツ制作が劇的に変化しました。

特に目覚ましいのは、記事の大量生産が容易になった点です。

ChatGPTを利用すれば、短時間で多くの記事を生成することが可能になりました。

最近では、AIを活用して記事を自動生成するサイトも増加しています。

これにより、Web上のコンテンツ量は前例のない速さで膨れ上がっています。

このような時代の変化の中で、従来の手法でコンテンツを作成する個人ブロガーはそのスピードについていけず、SEOの競争で勝てなくなる可能性が高まっています。

これが、ChatGPTの登場でブログはオワコンになると言われる理由の1つです。

 

個人ブロガーの存在意義が薄れるから

AIによって生成されるコンテンツは、一般の読者に対して十分な情報を提供できるレベルに到達しています。

そのため、「情報提供」という点においては、AIと人間は同等の位置に立っています。

しかし、「記事作成スピード」という観点では、AIと人間には大きな違いが存在します。

AIによって驚異的な速さでコンテンツが増加する中で、個人ブロガーの存在意義が相対的に薄れていくのは避けられないと考えられます。

 

SEO集客がなくなる可能性があるから

GoogleやBingなどの主要検索エンジンにおいて、AI技術を導入する動きが加速しています。

これにより、ユーザーの検索行動が大きく変わる可能性が高まっています。

従来のユーザーは、検索窓にキーワードを入力し、検索結果に表示されたサイトを訪れるという検索行動をとっていました。

しかし、今後のユーザーは、検索窓にキーワードを入力するとAIが即座に的確な回答を返す場面が増えるため、検索結果に表示されたサイトを訪れなくなるかもしれません。

この変化が起きると、従来のブロガーが主な集客手段としていた「SEO集客」の仕組みが成り立たなくなる恐れがあります。

 

ブログが今すぐオワコンにならない理由

ブログが今すぐオワコンにならない理由

ChatGPTの影響によるブログのオワコン化が懸念されていますが、僕は今すぐにブログがオワコンになるとは考えていません。

その理由は、以下の2つです。

 

ChatGPTには提供できない情報があるから

ChatGPTが生成する文章は、一般の読者に十分な情報を提供できるレベルに達しています。

しかし、現在のChatGPTには提供できない種類の情報も存在するため、今すぐにブログがオワコンになることはありません。

ChatGPTが提供できない情報には、以下のようなものがあります。

ChatGPTには提供できない情報
  1. 正確で信頼性の高い情報
    ユーザーは正確性や信頼性の高い情報を求めていますが、ChatGPTはそのような情報を提供することが苦手です。なぜなら、ChatGPTは訓練データから学習した情報を元に文章を生成しますが、訓練データが正確とは限らないからです。
  2. 最新情報
    ChatGPTは訓練データを元に文章を生成するため、基本的に最新情報を提供することができません。ChatGPTの無料版(GPT-3.5)では2022年1月まで、有料版(GPT-4)では2023年4月までの訓練データを学習しています。
  3. 独自の視点
    ChatGPTは訓練データを元に文章を生成するため、独自の視点を提供することができません。さらに、文章の内容は確率的に決まるため、一貫した主張を提供できないという欠点もあります。
  4. 一次情報
    ChatGPTは訓練データを元に文章を生成するため、一次情報を提供することができません。たとえば、ある商品を使用した体験談や感想、使用感の伝わる写真や動画を提供することができません。
  5. 深い専門知識
    ChatGPTは訓練データを元に文章を生成するため、訓練データに含まれる浅い専門知識は提供できますが、訓練データに含まれない深い専門知識は提供できません。

以上のような情報を扱うブロガーの存在意義は、今後も薄れることはないと僕は考えています。

 

検索エンジンのビジネスモデルを変えるのが難しいから

現在の検索エンジンは、検索結果に連動して表示される広告から収益を得るビジネスモデルです。

このビジネスモデルが機能するには、ユーザーが検索結果をクリックしやすい環境が必要です。

一方で、インターネット検索をAIに完全に置き換えてしまうと、検索エンジンが広告収益を得られなくなる恐れがあります。

インターネット検索をAIに置き換えることは、現行のビジネスモデルを大きく変えることを意味するため、容易ではありません。

しかし、将来的には、新しいビジネスモデルが出てくる可能性もあります。

その場合、インターネット検索がAIに取って代わることもあり得るため、ブロガーは検索エンジンのビジネスモデルの進化を注視する必要があります。

また、現在のAI技術には、「ファクトチェックができない」「最新情報に対応できない」という問題があります。

そのため、インターネット検索をAIに完全に置き換えることはまだ難しいと考えられます。

以上のような理由から、SEO集客が今すぐになくなる可能性は低いため、ブログが今すぐにオワコンになることはありません。

 

AI時代の個人ブログの戦略とは?

AI時代の個人ブログの戦略とは?

ChatGPTに代表されるAIライティング技術の台頭に伴い、個人ブログが生き残るためには戦略が必要です。

僕が特に有効だと考える戦略は、以下の3つです。

 

ある分野の専門家になる

AI技術の進化により、一般的な情報はAIでも生成可能になりました。

それに伴い、AIでも書ける浅い知識や情報しか書けないブロガーは、今後10年間で淘汰される可能性が高まっています。

以下の画像は、あるベンチャーキャピタルが2022年9月に発表した生成系AIの進化予測です。

それによると、2023年には各業界に最適化された下書きレベルの文章生成が実現し、2025年には一般的な人間の文章力を超え、2030年にはプロのライターの文章力に達するとされています。

生成系AIの進化予測
セコイアキャピタルによる生成系AIの進化予測

つまり、今はChatGPTで下書きレベルの文章しか生成できませんが、2030年には手直しの必要ないプロ並みの文章が生成可能になるということです。

このような状況下で、今後のブロガーに求められるのは「文章を書くこと」ではなく、「特定の分野における専門知識と経験を積むこと」です。

今後のブロガーは、特定の分野における専門家となり、独自の視点や一次情報、深い専門知識、正確で信頼性の高い情報を提供することが重要となるでしょう。

 

AIライティングを使いこなす

AIライティング技術の進化により、短時間で多くの記事を書くことが可能になりました。

今後、AIライティングを活用するブロガーと活用しないブロガーでは、生産性に大きな差が生まれるでしょう。

ブロガーが生き残っていくためには、AIライティングについて学び、使いこなすことが重要です。

そこで、これからChatGPTでブログ記事を作成していきたい人のために、ChatGPTを活用したブログ記事の書き方を解説した1時間半のセミナー映像を作りました。

セミナーの演目は以下の通りです。

ChatGPTセミナーの演目
  • 第0章:ChatGPTとは?(12分)

  • 第1章:ChatGPTの基本的な使い方(26分)

  • 第2章:ChatGPTを使ったブログ記事の書き方(33分)

  • 第3章:AIライティングの将来の展望(28分)

このセミナー映像を、期間限定で無料プレゼントすることにしました!

サンプルとして、セミナーの第0章(12分)をお見せします。

▼サンプル映像はこちら▼

セミナー映像の続きを視聴したい方は、以下のボタンを押してメールアドレスをご登録ください。

ご登録いただいたメールアドレス宛に、自動送信で5秒以内にプレゼントをお送りします。

 

 

読者との対話を行う

AIは読者との対話による共感や感情の交流、信頼関係の構築ができません。

さらに、対話を通じて読者のニーズや興味を理解し、コンテンツに生かすこともできません。

今後のブロガーは、AIとの差別化を図るために、読者とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築いたり、彼らのニーズや興味を理解したりすることが重要です。

読者との対話を行う戦略には、以下のようなものがあります。

読者との対話を行う戦略
  1. コメント欄の活用
    読者が記事にコメントを残せるようにしましょう。コメントに対して適切な返信を行うことで、AIには提供できない人間らしい温かみを出すことができます。また、コメント欄における活発な議論は、ブログを魅力的にします。
  2. SNSの活用
    ブログ記事をSNSでシェアし、読者との対話を促進しましょう。また、SNSのコメントやメッセージを通じて、直接読者と交流することも重要です。
  3. 読者のフィードバックを活かす
    読者の意見や要望を受け入れ、それを活かしたコンテンツを提供することで、読者との信頼関係を築きましょう。読者が求める情報を提供することが、ブログの価値を高めます。
  4. 定期的な質問やアンケート
    読者のニーズや興味を把握するために、定期的に質問やアンケートを実施しましょう。その結果を元に、より魅力的なコンテンツを制作することができます。
  5. オンラインイベントやコミュニティの開催
    ブログ読者向けのオンラインイベントを開催したり、コミュニティを作ったりすることで、読者同士の交流を促進し、親近感や共感を生み出すことができます。

 

まとめ:ChatGPTの登場でオワコンになるのは…

今回は、ChatGPTの登場でブログはオワコンになるかどうかや、AI時代のブロガーの戦略について解説しました。

結論としては、ChatGPTの登場でオワコンになるのは「ブログ」ではなく、「時代についていけないブロガー」だと僕は考えます。

AIライティングの世界では、2030年までに驚くべき進化が起きる見込みです。

この変化に対応するためには、ブロガー自身も常に学び続け、新しい技術や戦略を取り入れていく姿勢が重要です。

あなたもぜひこの記事を参考に、自身のブログ活動を見つめ直し、未来に向けての準備を始めてみてください!

 

3件のコメント

ちょっと希望別の考え方と興味もできてよく理解できました。ありがとうございます。

bunbunさん、こんにちは!
ご感想をいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です