SEOに強いブログを作る3つのコツとは?

SEOに強いブログを作る3つのコツとは?
ずーみー
こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「SEOに強いブログを作って、Google検索結果で上位表示させたい!」

これは、ブロガーなら誰もが夢見ることですよね。

そこで、この記事では、SEOに強いブログを作る3つのコツをお話しします。

実際に、この3つのコツを使って、1年で月間10万PVを達成したコンサル生もいますので、あなたも最後まで真剣にお読みください。

SEOに強いブログを作る3つのコツとは?

SEOに強いブログを作るコツとは、次の3つです。

SEOに強いブログを作る3つのコツ

  • コツ①:タイトルと見出しにキーワードを含める
  • コツ②:内部リンクを適切に配置する
  • コツ③:ゴミ記事を書かない

それぞれ順番にお話ししていきます。

 

コツ①:タイトルと見出しにキーワードを含める

記事タイトルと見出しに、読者が検索しそうなキーワードを入れましょう。

なぜ記事タイトルと見出しにキーワードを入れるかというと、Googleの検索エンジンが、記事タイトルと見出しをかなり重要視しているからです。

よく、「私のブログはSEOが弱すぎます」と嘆く人を見かけますが、そういう人に限って、記事タイトルと見出しにキーワードをまったく入れていないので、あなたも注意してください。

では、具体的にどうすればいいかというと、たとえば、この記事の場合、記事タイトルと最初の見出しは「SEOに強いブログを作る3つのコツとは?」に設定しています。

これは、「SEO,強い,ブログ」という3語キーワードを狙っています。

このように、記事タイトルと見出しにキーワードを含めるだけで、SEOはかなり改善します。

さらに、もっとSEOを改善したいなら、リード文や画像のalt属性、ディスクリプションなど、改善ポイントは無数にあります。

ですが、初心者はとりあえず、記事タイトルと見出しだけ押さえておけば大丈夫です。

なお、読者が検索しそうなキーワードをさがす時は、関連キーワード取得ツールキーワード検索数チェックツールYahoo!知恵袋などのサイトを使います。

 

コツ②:内部リンクを適切に配置する

内部リンクとは、同一ブログ内で別の記事に向けたリンクを張ることです。

たとえば、以下のリンクが内部リンクです。

【初心者の方へ】ブログで稼ぐために実行してほしい8つのコト

【初心者の方へ】ブログで稼ぐために実行してほしい8つのコト

2018-10-31

この内部リンクを適切に配置すると、読者がブログ内を回遊してくれるようになり、ページ/セッション平均セッション継続時間直帰率などの数値が良くなります。

Google検索エンジンは、これら3つの数値を重視しているので、内部リンクを適切に配置すると、SEOの評価も上昇します。

ポイントは、「適切に」という部分です。

読者が興味の持てない内部リンクを大量に張っても、まったくクリックしてくれないので、3つの数値の改善にはつながりません。

読者の興味や感情を先取りして、クリックしてくれそうなタイミングで、適切な内部リンクを配置するのが大切です。

なお、外部サイトから被リンクをもらった方がSEO効果は高いですが、初心者向けのノウハウではないし、Googleからペナルティをくらう可能性があるので、あまりおすすめしません。

初心者は、自分のブログの中で、内部リンクを適切に配置することを心掛けてください。

それから、内部リンクをもっと勉強したい人のために、参考図書をご紹介しておきますね。

 

コツ③:ゴミ記事を書かない

ゴミ記事とは、その名の通り「ゴミのような記事」のことです。

ゴミ記事には、次のような特徴があります。

ゴミ記事の特徴

  • 内容が薄く、日記のような文章
  • 読者が見た瞬間、すぐに閉じたいと感じる
  • 読者のためではなく、自分のために書かれている

あなたがゴミ記事を書くと、Googleの重視する3つの数値(ページ/セッション、平均セッション継続時間、直帰率)が悪くなるため、SEOも弱くなります。

ですから、SEOに強いブログを作りたければ、ゴミ記事を絶対に書かないようにしましょう。

では、初心者がゴミ記事を書かないためには、どうすればいいのでしょうか?

ここで、根本的すぎてほとんど誰も言わない「3つのコツ」をお教えしましょう。

 

ライバル研究をして自分の中の「基準値」を上げる

ほとんどのブロガーは、「ライバル研究」をせずにブログを開始します。

そのため、「良いブログとは何か?」という基準値を持たないので、ゴミ記事を書いても、それがゴミだと気づくことができません。

そのことに気付いた時には、すでに手遅れになっていることも多いです。

一方、あなたがライバル研究をしてからブログを作れば、「良いブログとは何か?」の基準値を持っているので、ゴミ記事を書くことがなくなります。

ライバル研究の基本は、自分が参入したいジャンルのサイトを100個以上見て、そのうちのベスト5を詳しく分析することです。

なお、ライバル研究の方法をもっと知りたい人は、次の記事を読んでください。

アフィリエイトでリサーチは超重要!具体的な方法を動画で解説

アフィリエイトでリサーチは超重要!具体的な方法を動画で解説

2017-09-14

 

最低でも50以上のネタを考えてからサイト着工する

初心者がゴミ記事を書いてしまう理由のひとつに、「ネタがないから」というものがあります。

ネタがなくなると、苦しまぎれに内容のうすい記事を書いてしまいがちになり、ブログを挫折する原因にもなります。

そうならないために、あなたがブログを作る際には、最低でも50以上(できれば100以上)のネタを考えてからサイト着工してください。

 

Googleアナリティクスを使って何度もリライトする

ライバル研究をして、50以上のネタを考えてからブログを作っても、あなたがすぐに完璧な記事を書けるようになるわけではありません。

記事を完璧に近づけるためには、Googleアナリティクスを使って何度もリライト(=書き直し)することが必要不可欠です。

なぜGoogleアナリティクスを使うかというと、Googleが重視する数値を改善するためです。

たとえば、ある記事の直帰率が95%を超えている場合、「①:すぐに閉じられることを防ぐため、リード文を改善する」、「②:内部リンクを改善する」という2つの改善策が考えられます。

直帰率を改善すれば、平均セッション継続時間とページ/セッションも連動して改善しやすいので、初心者は直帰率を優先して改善しましょう。

なお、リライトの方法については、次の記事でも詳しくお話ししています。

ブログ記事をリライトしてPVを倍増させる3つの方法【保存版】

ブログ記事をリライトしてPVを倍増させる3つの方法【保存版】

2017-10-19

 

まとめ

SEOに強いブログを作る3つのコツ

  • コツ①:タイトルと見出しにキーワードを含める
  • コツ②:内部リンクを適切に配置する
  • コツ③:ゴミ記事を書かない

以上の3つに取り組めば、あなたもSEOに強いブログを作ることができます。

ずーみーのコンサル生たちが着々と成果を出しているノウハウですので、ぜひあなたも実践してくださいね^^

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

8 件のコメント

  • こんにちは、ブログ初心者ですがSEOがいかに大事かということは知っていますが、事前に寝た50以上準準備することや内部リンクを適切な場所へ配置することの大切さ勉強なりました。ありがとうございます。

    • KINOさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      アドセンスで稼ぐなら、SEOは欠かせないですね。
      ご参考になったようでうれしいです^^

  • こんにちは、初心者なのでとても参考になりました。キーワードが大事ですね、検索してタイトルに入れるようにしてみます。

    • みつみつさん、こんにちは!
      コメントいただきありがとうございます。
      キーワードをタイトルに入れない人が多すぎるので、ぜひ実践してくださいね^^

  • こんにちは。ランキングから来ました。今自分のブログを構築中で、とても参考になりました。アナリティクスを利用してリライトやってみようと思います。ありがとうございました。

  • 今まさに、ライバルサイトのチェックにとりかかろうとしているため、とてもためになる内容でした。ありがとうございます。

    いままで、ライバルチェックというと、グーグルの検索結果の上位に、強いポータルサイトばかりがあるかないか、また、上位に無料ブログが沢山あれば、そのキーワードは狙い目、、

    やっていたライバルチェックとしてはそれぐらいなもので、他のライバルサイトの中身をくまなく分析することなど、無かったです。

    自分がブログ記事を書く上での基準値というのは、いままで持って無かったですね。。
    だから、ライバルに勝てるいい記事が書けているのかどうなのか、判断が出来ていませんでした。

    自己満足度だけで、判断していたような感じです。

    非常に理にかなっている、今回のノウハウを早速取り入れて、ライバルチェックに取り掛かります!

    • コメントありがとうございます!
      最終的に「良いサイトかどうか」を判断するのは読者さんです。
      読者さんが小林さんのブログを見て「参考になったな〜」とか「他の記事も読みたい!」と思えば、リピーターになってくれたり、PV数がアップしたりします。
      小林さんのブログは、今そういう状態になっているでしょうか?
      それを判断するために、ライバル研究をして「基準値」を身につける必要があるのです。
      自己満足だけでは、永遠に良いブログ(≒稼げるブログ)を作ることはできません。
      まずはライバル研究を頑張ってください!応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA