ブログ起業セミナーをプレゼント!

ビジネス成功の秘訣は頑張らないこと!?習慣化と無意識化の力で頑張らずに成功しよう!

ビジネス成功の秘訣は頑張らないこと!?習慣化と無意識化の力で頑張らずに成功しよう!
ずーみー

こんにちは!

ブログ起業コンサルタントのずーみー(⇒プロフィール)です^^

「ビジネスで成功するためには、死に物狂いで頑張らなければならない」

あなたは、そんなふうに考えていませんか?

もしそう考えているとしたら、それは大きな間違いです。

あなたがビジネスで成功したければ、決して頑張ってはいけません。

なぜなら、ビジネス成功の秘訣は、「いかに頑張らずにやるか」だからです。

今回は、成功者が当たり前のように使っている「習慣化」「無意識化」という2つの力について解説します。

ビジネスで成功する人は頑張っていない

ビジネスで成功する秘訣は、「いかに頑張らずにやるか」です。

こう言うと、あなたは次のように思うかもしれません。

そんなの嘘だ!

だって、ビジネスで成功する人は、みんなすごく頑張ってるじゃないか!

それは、半分正解で、半分間違っています。

確かに、ビジネスで成功する人は、「頑張っている」ように見えます。

しかし、彼ら自身は、「自分が頑張った」とはほとんど感じていません。

なぜなら、彼らは、頑張るのが当たり前になっているからです。

 

ビジネス成功の秘訣は「習慣化」と「無意識化」

ビジネス成功の秘訣は「習慣化」と「無意識化」

なぜ、ビジネスで成功する人は、頑張るのが当たり前になっているのでしょうか?

その理由は、彼らが「習慣化」の力を使っているからです。

ビジネスで成功する人は、「成功につながる行動」を習慣化しているから、「自分は頑張っている」という感覚がないのです。

彼らは、頑張らずに頑張ることができるので、成功につながる行動を無理なくずっと継続することができ、実際に成功します。

この「習慣化」は、「無意識化」と言い換えることもできます。

たとえば、僕(ずーみー)は毎日、無意識的にカフェへと出かけます。

カフェに到着すると、無意識的にパソコンを開きます。

パソコンを開くと、無意識的にワード画面を開きます。

この段階まできて、僕はようやく意識的に「今日は何を書こう?」と考えます。

そして、メルマガやブログ記事を書き始めます。

ここまでの過程で、僕の中にはまったく「頑張った」という感覚がありません。

こういう生活を、僕はずっと続けてきました。

その結果、僕は頑張らずに、ブログで月収230万円稼げるようになったのです。

月間PV数2.5万の弱小ブログで月収200万円稼いだ秘訣とは?

 

習慣化の成功事例:イチロー

習慣化の成功事例:イチロー
出典:Full-Count

習慣化(無意識化)の力を使っているのは、ビジネスの成功者だけではありません。

どんな業界の成功者でも、かならず習慣化の力を使っています。

たとえば、元プロ野球選手のイチローは、「ルーティン」と呼ばれる習慣化の力で大成功しました。

イチローのルーティンで有名なものは以下です。

イチローの主なルーティン一覧

  • 毎朝カレーを食べる
  • 試合前のストレッチ(時間厳守。時計のように正確!)
  • バッターボックス内での動作(17種類あるらしい)
  • 試合後、グローブやスパイクをお手入れ
  • 家に帰って、ピラティス用のマシンで筋力トレーニング
  • 食後に2時間のマッサージ

これらのルーティンを、試合がない日も行なってきたというイチロー。

周りから見ると、イチローはめちゃくちゃ頑張っているように感じますよね。

けれども、イチロー本人は、「毎日頑張ってルーティンをこなしている」とはまったく感じていなかったと思います。

なぜなら、イチローの中でルーティンが習慣化し、無意識化しているからです。

逆に、毎日無理してこれらのルーティンを行なっていたとしたら、20年以上もやり続けることは不可能だったでしょう。

 

習慣化の失敗事例:不登校の子供

習慣化の失敗事例:不登校の子供

一方、習慣化や無意識化の力を、うまく使えていない人たちもいます。

たとえば、不登校の子供たちは、習慣化や無意識化の力を使えていません。

不登校の子供たちは、「学校へ行く」ことを習慣化して無意識化していないから、学校へ行くことに対して、ものすごく高いハードルを感じます。

むしろ彼らは、「学校へ行かない」ことを習慣化してしまっています。

それに対し、不登校じゃない子供たちは、「学校へ行く」ことを習慣化し、無意識化しています。

だから、不登校じゃない子供たちは、まったく頑張らずに学校へ行けるのです。

ちなみに、子供の不登校や引きこもりを改善する方法とは、旅行でも遊園地でもなんでもいいから、親が子供を少しでも外へ連れ出すことだそうです。

これは、あとで解説する「低いハードルを設定する」という話につながります。

 

習慣化の力を使う2つのコツとは?

習慣化の力を使う2つのコツとは?

ここまでは、習慣化(無意識化)の成功事例と失敗事例を見てきました。

では、どうすればあなたも、習慣化の力を使えるようになるのでしょうか?

あなたが習慣化の力を使うコツとは、次の2つです。

習慣化の力を使う2つのコツ

  1. 最初の3週間だけは頑張る
  2. 毎日絶対に超えられる低いハードルを設定する

 

①:最初の3週間だけは頑張る

無意識のことを「潜在意識」と呼びます。

潜在意識の反対は「顕在意識」です。

あなたが習慣化の力を使えるようになるためには、顕在意識にあるものを潜在意識に持っていかなくてはなりません。

たとえば、ブロガーなら、「よっしゃ、今からブログを書こう」と考えるのは顕在意識です。

そういう余計なことを考えずに、パソコンのワードプレス画面に向かえる人が、潜在意識レベルのブロガーだと言えるでしょう。

顕在意識にあるものを潜在意識に持っていくまでには、約3週間かかると言われており、その期間だけは、多少の努力が必要です。

だからあなたも、最初の3週間だけは、なんとか毎日頑張ってみてください。

最初の3週間さえ乗り切れば、習慣化の力を使えるようになるはずです。

 

②:毎日絶対に超えられる低いハードルを設定する

2つ目のコツは、毎日絶対に超えられる低いハードルを設定することです。

ほとんどの人が習慣化に失敗する理由は、自分に高いハードルを設定するからです。

たとえば、ブロガーなら、「1日1記事書く」はかなり高いハードルです。

高いハードルを設定してしまうと、なかなかやる気が起きず、結局やらなくなってしまいます。

一方、僕は、「毎日カフェに行く」という低いハードルを設定しています。

だから、1年以上もブログを続けることができているのです。

ブロガーなら、1日100字書く。

ユーチューバーなら、1日1分撮影する。

受験生なら、1日1ページ参考書を読む。

低いハードルを設定するとは、そういうことです。

おもしろいのは、人間が低いハードルを設定して、それをやり始めると、調子に乗ってやりすぎてしまう傾向があることです。

たとえば、ブロガーが100字を書き始めると、調子に乗って1000字くらい書いたりします。

この記事も、最初はメモ書きのつもりで書き始めましたが、いつのまにか2500字を超えましたw

そういう意味でも、あなたが高いハードルを設定して何もできなくなるよりも、低いハードルを設定して何かをやり始める方が、100万倍も生産的だといえるのです。

 

まとめ

以上が、ビジネス成功の秘訣である、「習慣化」と「無意識化」の話でした。

なお、次の記事では、ブロガー向けに「習慣化」の重要性を語っています。

また、次の記事では、短期間で起業で成功する秘訣をご紹介しています。

あなたも、ぜひ参考にしてくださいね^^

起業成功者の6つの共通点とは?【次世代起業家の成功例を徹底分析!】

 

▼この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチッと押してくれると嬉しいです^^

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

21件のコメント

ずーみーさん、こんにちは!
おかげさまで、音声学習は習慣になりました。
写経も習慣化するように工夫します。
ありがとうございます。

習慣化の力は大きいのですね。勉強になりました。私も低いハードルで行動してみようと思います

4月3日からずーみー様のメールを受け取りコメントを書いています。

最初の1ヵ月間は必死になって頑張りました。
記事を読んでも自分の考えがまとまらない。文字を入力しようとしても目的のキーが見つからない。最悪?の状態で無理を重ねていました。

しかし5月中旬からは少しだけ余裕ができたと感じています。
ずーみー様の話をそのまま理解して受け入れられようになり、自分の感想も浮かびます。
入力操作も少しだけ早くなったと思います。
(キーボードを見ながら入力しているので、目を上げると予想外の文字が並んでいることが有ります。)

毎日何らかの感想を書くことは習慣化できたと思います。
このまま1年以上継続すれば意識せずに反応できるようになると信じています。
事前に基礎体力を鍛えておけば、本番の試合でも自然体で勝てるような気がします。

ずーみーさんからのサポートメールが、いつも同じ時間に来るので
課題に取り組むのが、知らない間に習慣化しています。
ブログを始めたら、更新するのも習慣化するように
コメント投稿を楽しみながらしています。

ずーみーさん、いつもありがとうございます!

僕は現在は以前に比べ、すごくスムーズに行動を継続できるようになりました。

今回の記事の、ハードルの高い目標を掲げないことにも
繋がりますが、一気にやろうとしない事が重要だと考えています。

以前までは、机に向かっている時間が学習の時間だという思い込みがあったのですが、その思考を捨て、
移動中、電車の中、ホームやエレベーターの待ち時間を活用することで、1日の中で学習に使える時間を大幅に増やすことができました。

さらに、学習を分散させると、頑張ってやってるという意識を減って、すごくいい感じです。

こんな時間に失礼します。月森有希乃です。3週間で習慣化されるというのは聞いた事がありますが、なかなかそのハードルが乗り越えられずにいました。その原因は、ハードルが高すぎたのだとわかりました!まずはパソコンを開く!のような低いハードルから始めてみようと思いました!

月森有希乃さん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
ご参考になったようでうれしいです^^
ひきつづき、学習を頑張ってください。

はじめまして! おたけと申します。

本当に頑張らないといけないと思っちゃうんですよね。

そして、気持ち悪くなる~(笑)

習慣化してしまえばイイわけですよね。

私はウォーキングを2年続けて習慣化できました。

アフィリエイトも大丈夫でしょうか?

また、拝見させて頂きます!

おたけさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます^^
ウォーキングを二年続けて習慣化はすごいですね!
きっとアフィリエイトも大丈夫ですよ。
またよろしくお願いします!

こんにちは。初めて訪問しました。森田かなです。

顕在意識と潜在意識の所にとても納得が行きました。
3週間続けると、潜在意識の方に入って行くのですね。
私もアフィリエイトを始めて、もうすぐ3週間です。

ずーみーさんがおっしゃるように、作業にさっと入ることは出来るようになって来ていますね。

勉強になりました。
記事が面白かったので、又、読みに来ますね。

森田かなさん、こんにちは!
メッセージいただきありがとうございます。
アフィリエイトをはじめて3週間なんですね。
継続できていてすごいですね!
当ブログがご参考になると嬉しいです^^

Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

>ビジネスで成功する秘訣は「頑張らないこと」

頑張りすぎると、続かなくなります。

嫌いになってしまっては、

もったいない。

プッツンにはしたくない。

ポチ、しました。

Manohiroさん、こんにちは!
いつもメッセージいただきありがとうございます。
ご参考になったようでうれしいです(^▽^)/

はじめまして、こんばんは。
低いハードルを設定する。
習慣化する。
というのもさることながら、スルスルと読めました。
多分無意識に浸透したと思います^^
ありがとうございました。

kinokaさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
無意識に浸透したとのこと、嬉しいです^^

こんにちは。ツイッターで何度かからんだことがあるものです。
題名が気になって、ブログを拝見させていただきました。
周りにいる成功してる人(もちろんネットビジネスも含む)は例外なく最初は大量行動しているので、

あれ?もしかして勘違い系の記事じゃないよね?

と心配ですが、さすがずーみーさんです。
期待以上の記事で、納得しながら読ませていただきました。
他の記事も少しずつ読ませていただきますね。

リアルマンさん、こんにちは!
ツイッターではいつもお世話になっています^^
何事も成功する上で大量行動は大事ですよね。
でも、コンサル生で大量行動できない人が多いので、
まずは習慣化を身につけてもらおうと考え、
この記事を書きました。
期待以上ということで、とても嬉しいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

ランキングから来ましたtakeshiです。
習慣化してしまえば、何事も苦にならないし、
また、目標もできる範囲で設定し、それができれば
ワンランク上のできる範囲の設定。
それの積み重ねですね。
また訪問させて頂きます。

takeshiさん、こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
ちゃんと理解していただけたようで嬉しいです。
またのご訪問をお待ちしています^^

こんばんは、また訪問しました。
記事を読んで、気持ちがすごく楽になります。
私も、きついという時がありますが、最近頑張りすきずに頑張ってます。
又訪問しますね。

ゆりりんさん、こんにちは!
いつもご訪問していただきありがとうございます^^
頑張りすぎずに頑張るのは大事ですよね。
僕は自分に厳しいところがあるので、
ついつい頑張りすぎてしまうのですが、
ほどほどにするように気をつけています^^;

MIREI NAKANISHI へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です